[CML 012958] 私訳「TPP第4条」

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2011年 11月 4日 (金) 01:42:02 JST


 坂井貴司です。
 
 私が送りました[cml:012910]「TPP参加で原発建設推進」に対して石垣様が
TPP第4条全文検出を教えて下さい、と書きました。
 
 以下のブログにTPP第4条が掲載されています。
 
 ただし、これはこのブログの作者が独自に翻訳した私訳で、正式な訳文ではあ
りません。
 
 日本情報分析局
 
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)『第3章 産品の貿易』
 http://nihon-jyoho-bunseki.seesaa.net/article/183957390.html
 
 第4条 関税の撤廃

1 本協定に別段の規定がある場合を除いて、如何なる加盟国も、原産品に対し
て、既存の関税を引き上げたり、関税を導入したりすることはできない。

2 本協定に別段の規定がある場合を除き、付属書1に示す加盟国のスケジュー
ルを前提として、本協定の効力発生日の時点で、各加盟国は別の加盟国の原産品
に対する全ての関税を撤廃する。

3 加盟国の要請に基づき、加盟国団は、スケジュールで示す関税撤廃の前倒し
を検討するよう協議する。産品に対する関税の撤廃を前倒しするという二国以上
の加盟国の間での協定は、第17章第2条(委員会の機能)に従って各加盟国が賛同
した時には、加盟国のスケジュールに従い決定された当該産品の関税率や引き下
げ区分に優先する。このような前倒しは全ての加盟国に拡がる。

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内