[CML 012950] ●必見【西ドイツ放送】「死の地域に生きる」原発事故後の日常(youtube.動画)

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2011年 11月 3日 (木) 17:26:25 JST


nakataです。重複おゆるしください 
メールをいつもありがとうございます。

除染すれば安全の大合唱。メデイアのプロパガンダに、私は少し首をかしげています。


(以下転送・拡散歓迎)
********************************************************************************
●【西ドイツ放送】TV「死の地域に生きる」原発事故後の日常
   
▼南相馬市での今起きている状況。除染と実態。そして人々の苦悩。胸に迫る動画。
西ドイツ放送(TV)のまさにジャーナリズムに徹した、ドキメンタリーのご紹介です。
ぜひごらんください。
▼そして【放射能メモ】ブログも、あなたのお気に入りにご登録をお薦めいたします。

▼【放射能メモ】ツイッター・ブログから下記西ドイツ放送を知りました。
http://kingo999.blog.fc2.com/blog-date-

▼南相馬市議 大山弘さんの重要なメッセージも、ご視聴お薦めです!
  (*メール最下部に掲載、おしどりマコさんの記事に投稿されて、コメントについているyoutube.動画です。)

201110.htm
*******************************************************************
●【西ドイツ放送】「死の地域に生きる」原発事故後の日常
youtube.動画 http://kingo999.blog.fc2.com/blog-entry-358.html
***********************************************************

福島原発周辺の汚染地域に行きたいと思う人はいない。それでも行かなければならない場合…
このような防護が必要だ。
彼らが汚染地域に行くのは、そこにまだ人が住んでいるから。
年寄り、若者、赤ん坊、みんな援助を必要としている。
緊急に

お米、麺類、食用油、飲み水
三浦万尚さんは避難区域の世話を続けている。
私達は南相馬の彼の事務所を訪ねた。
ここで三浦さんは避難区域での救援計画を立てる。
老人や一人暮らしの人々に食料を届けるため。

この日台風が接近して空は陰鬱だ。
原発事故以来、雨は危険である。
「雨の日には被曝する危険が高まります。
雨水の中には放射性物質が溜まっていますので、
肌が雨に濡れるとガンマ線を吸収します。
ですから雨に当たらないようにしなければなりません。」

HCR =“ハート・ケア・レスキュー“ 
”心の救護者“と三浦万尚さんはこの組織を名付けた。
我々は一週間三浦僧侶と行動を共にし、
南相馬市での人々の日常を追った。

福島原発からは20キロしか離れていない南相馬市は、
原発事故のどん底にある。
羽田マサハルさんを訪ねる。
原発に最も近い家に住んでいる人だ。
三浦さんはまず家を一周して、線量を確認する。
雨水が溜まる場所は明らかに線量が高い。

「ものすごく高い線量ではありませんが、ここに住み続けるには高すぎます。
羽田さんは一刻も早く避難して賠償金をもらうべきです。」
羽田さんは絶望している。

繰り返し家の除染を試みてきた。
屋根も洗ったし、庭の土も取り除いた。
木の幹まで洗って、線量は数週間下がっていたが、
再び上がり始めたのだ。
   (略)

*******************************************************************************
◆◆<自分がメデイアになる!>・・・すばらしい!一人一人がメデイアになって、情報発信に動きましょう◆◆
**********************************************************************************
<twitter>

threefates000 Three Fates 
▼8月の記事だけど。 / “自分の健康のためにスポーツをするように、自分の情報リテラシーのためにメディアになる件。 | TheNews” http://htn.to/Mvujr8

====略=========
 <おしどりマコさんの自由報道協会・投稿記事から抜粋>

仲良しの60代のおばさまが、インターネットを見ない同年代の友達が全く原発のことを知らないから、とツイッターやネットの情報を集めてプリントアウトしてFAXでかたっぱしから送ったり、ネットの動画を集めて、家で上映会パーティーをする、とおっしゃってました。タクシーに乗っても「運転手さん、ちょっとメルアド教えて! 私が原発情報たくさん送ったげるから! 今どきテレビ新聞だけやったらあかんよ!」という積極性。自分で情報を知って考えて集めてそれを発信する、といった点では、すごいメディア人間だと思います。
地方だから会見に行けないし、忙しいからそんな暇ない、という考えではもったいない。今、こうやってマガジン9をネットで読んで頂いてるでしょ?
会見はネット動画で見れるし、資料、情報もネット上のを調べるだけで大変な量です。それが大変だから、と既存メディアに任せておいて、無条件に受け取るだけだったから、こんなことになっちゃったんだと思う。
------------------------------------------------------------

◆大山弘一 1 コメントを非表示にする 非表示にする 広げる 

▼南相馬市議 大山弘一 はじめまして 兵站基地、南相馬で土壌調査を2ヶ月以上訴え続けています。
こちらに記者さんが居れば お話がしたいです。今日は市長から公開質問状2件をとりました。

●私の主張はhttp://www.youtube.com/watch?v...
です。よろしくお願いいたします。実名顔だしで ルースチェンジをしていきます。

*******************************************************************


CML メーリングリストの案内