[CML 012942] 小出裕章ほか『原子力村の大罪』/安斎育郎『これでわかるからだのなかの放射能』

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2011年 11月 3日 (木) 12:15:59 JST


前田 朗です。

11月3日

上野の東京国立博物館で開催中 の特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」は見ご
たえがあります。

http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1404

法 然上人800回忌・親鸞聖人750回 忌 特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」
平成館 特別展示室2011年10月25日(火)〜2011年12月4日(日)

この特別展は、法然没後800回 忌、親鸞没後750回忌を機に、両宗派からの全面
的な協力を得て、法然と親鸞ゆか りの名宝を一堂にあつめ、その全体像をご紹
介する、史上初の展覧会です。国宝・重要文化財が半数を占める第一級の美術品
およそ190件をとおして、二人の生き方やその魅力をご紹介します。大震災に見
舞われ、社会の転 換期を迎える今日、二人の教えと生き方は現代人にも大きな
示唆を与えるに違いありません。

*************************************

以下、簡単な紹介をブログにアップしました。

小出裕章ほか『原子力村の大罪』

http://maeda-akira.blogspot.com/2011/11/blog-post.html

安斎育郎『これでわかるからだのなかの放射能』

http://maeda-akira.blogspot.com/2011/11/blog-post_02.html



CML メーリングリストの案内