[CML 012915] 第196日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 11月 2日 (水) 07:56:01 JST


青柳行信です。11月2日。
 
【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第196日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから11月1日現在総数1756名)
 ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】11月1日4名)   
            4名

   《さよなら原発!福岡一万人集会》 
   呼びかけ・賛同者を募集しています。★
 ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com 

  <ひろぱ・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様
お疲れさまです。

九電の対応 まったくひどいだまし討ちですね。
住民の意見も「聞く必要がない」なんて よくもいえたもんです。

毎日 抗議に行かなければと思いました。

九電は 「会社」ではないですね。 まるでマツオ、マナベ 個人会社のようです。
変えましょう そっくり。

あんくるトム工房
抗議の波状攻撃を。              
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1560
カナダからの記者 テント村を取材      
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1559
さよなら原発に向けて              
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1558
               クリックして ご覧 ください。
                                 
本日、11月2日(水)九電抗議申し入れ行動
●日時:11月2日(水)13:00集合
●場所:九電本店前
●九電抗議申し入れ13:30~

ひろば 上條 さんから:
<テント報告>
朝、女性が署名をされました。一万人集会の案内をしました。
最初のうちは集会やデモに参加することにあまり乗り気では
なかったのですが、話をしているうちに参加してみようと
いうことになりました。

千葉からの「げんぱついらない」の大きな寄せ書きを見ていた
若い男性に声をかけました。すると、「ここ(テント)で座り込みを
してもいいですか?」と聞かれましたので、一緒に座り込みを
しました。その男性は3.11の福島原発事故でいろいろと考え
させられたと言っていました。

15時から「さよなら原発!福岡一万人集会」テントひろば本部
会議を15名ほどでやりました。各自の取り組みでの手応えなど
が話されました。

16時に阿部恵さんと大分のお母さん方が玄海原発4号機の
再稼働に対して申し入れをしたいということで呼びかけをし、
テントに九電に怒った人々が集まりました。
日本の新聞社とカナダの記者が来ていました。
16時には青柳さんが街頭情宣をしました。
そのあと、九電に対して抗議をしました。
九電側の広報はいつものように「答えれません。」「回答を持ち
合わせていません。」と回答していました。地元の合意を得て
いないのに国のゴーサインで再稼働するのはおかしいということに
対しては「今回は地元首長の同意は必要ない」との回答をしました
(そう回答しながら、実は副社長を岸本玄海町長と古川佐賀県知事へ
派遣して、再開容認と言わせています。「今回は地元首長の同意は
必要ない」ならば、わざわざ2首長に出向かなくていいはずなのに。)。
外で抗議をしていたので、通りがかりの人が立ち止まって
やりとりを聞いていました。

本日11月2日も多くの人が抗議をすると言っています。大勢集まって九電に
押しかけましょう。

北九州市・大木亮子 さんから:
青柳様
いつも、ありがとうございます。
1日付け朝日新聞夕刊に、青柳さんのコメントがありました。
4号機再稼動は「暴挙、暴走だ」。私もそう思います。

そんな思いを抱え、九州電力北九州支社へ抗議に行って参りました。
そういったことを申し上げる窓口が分からず、まずは電気料金支払いの窓口で一 
通りお話しました。
すると、「広報のものを来させます」とのこと。
数分後に担当者の男性が来られました。
その方は25年間、玄海原発で働いた経験があり、「安全には万全を期しており 
ます」と繰り返されました。
5分程度お話し、再稼動に反対することを伝え、帰路に着きました。
その方のお話では、電話による抗議は相当数寄せられているそうです。

河内謙策 さんから:
        玄海原発4号機運転再開へ動く

 突然、大変な情報が飛び込んできました。玄海原発4号機はトラブルで停止状 
態にありましたが、九州電力は地元の同意は不要として、ここ数日のうちに運転 
再開に踏み切るというのです。
このニュースを知らないと思われる方に広めてください。緊急の抗議活動に取り 
組んでください。

 玄海原発には4基の原子炉があります。脆性遷移温度が高くて有名になり、日 
本一危険な原子炉といわれている1号機は、現在も運転中です。この夏運転再開 
が問題になった2号機、3号機は、現在ストレステスト実施中です。4号機は運 
転中でしたが、去る4日に
トラブルが発生し、自動停止しました。
http://www.kyuden.co.jp/genkai_index.html
http://www.kyuden.co.jp/nuclear_index.html

 九州電力は、4号機のトラブルは「手順書のミス」であり、定期点検の場合に 
はストレステストが必要だが、今回はそうでないから、
ストレステストも立地自治体首長の同意も必要ない、運転再開に踏み切るという 
のです。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2068112.article.html
http://www.saga-s.co.jp/news/genkai_pluthermal.0.2074176.article.html
http://www.kyuden.co.jp/press_111031c-1

  九電の言い分はまったく不当なものです。今回の福島の事故を通じて、国民は 
原発について深刻な不安を感じており、したがって原発の運転再開については広 
範な国民の不安に誠実に答えることが電力会社の責務であることは明らかです。 
まして九電は、今年の夏に玄海原発2号機、3号機の運転再開問題で、その後に 
は「やらせメール」の問題できびしい批判を受けている最中です。それなのに、 
泥棒猫のように4号機の運転再開に踏み切ることは許されることではありません。
九電の社員も「寝耳に水」で、「社長の独走だ」と言う声も聞かれるようです。 
このような運転再開を強行すれば、九電は文字通り「墓穴」を掘ることになるで 
しょう。

 このような卑劣な九電のやり口を、すんなりと許せば、同様な手口が全国で行 
われることになるでしょう。あきらめないで、断固とした国民の意思を突きつけ 
ましょう。

 九州電力に対しては、以下のサイトから抗議メールを送ることができます。
https://www1.kyuden.co.jp/php/inquires/index.php/form/input/104
  古川康佐賀県知事に対しては、県民の生命を守る立場を徹底的に貫くよう要求 
しましょう。
https://www.saga-chiji.jp/teian/top.html
  枝野幸男経産大臣に対しては、九州電力の地域住民無視の横暴に対して断固と 
した処置をとるよう要求しましょう。
https://wwws.meti.go.jp/honsho/comment_form/comments_send.htm

   全国の皆さんに繰り返し訴えます。絶対にあきらめないで、声をあげていき 
ましょう!

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)さんから:
17時30分からとご案内していた本日11月2日(水)の九電東京支社
前アピールは、要請書提出が入ったため、以下の通り16時50分集合に
変更となりました。ご注意ください。

★★九州電力東京支社への要請書提出&アピール★★
九州電力東京支社に要請書を届けます。
16:50集合、提出は17:00を予定。その後アピール。
(千代田区有楽町1-7-1、JR有楽町駅日比谷出口3分、電気ビル)
------------------------------------------------------
【緊急署名】玄海原発4号の運転再開停止を!
 http://goo.gl/IYi2D(PC対応)
一次締め切り:2011年11月2日 午前10:00
最終締め切り:2011年11月4日 午前9:00

2011年11月2日
経済産業大臣 枝野幸男様
佐賀県知事 古川康様
玄海町長 岸本英雄様
九州電力社長 眞部利應様
九州電力東京支社長 野口俊郎様

― 要請書 ―
玄海原発4号の運転再開停止を
地元住民を無視した運転再開の強行は許されない

 九州電力は10月31日、事故で停止中の玄海原発4号の運転再開を表明し
ました。原子力安全・保安院は同日、「九州電力(株)玄海原子力発電所4号
の原子炉自動停止に関する原因と対策に係る報告に対する確認結果につい
て」を発表し、九州電力の事故推定原因と対策は「概ね妥当」と結論づけまし
た。さらに、「運転再開は事業者判断」として、運転再開を容認しています。
 しかし、福島第一原発事故の深刻な被害がいまだ続き、原子力「安全」行政
も、「安全」管理確保も破綻している状況の中です。トラブルによる停止であっ
たなか、そして、地元住民の意思を全く無視した運転再開は、認められるもの
ではありません。
 私たちは以下の理由から、玄海4号の運転再開を停止するよう強く要請します。

◆要請理由:
1. 10月4日に起きた玄海原発4号の原子炉自動停止は、単なる「人為ミス」で
はなく、経済性を最優先にする九州電力の強行運転の姿勢がもたらした事故
であり、この点の根本的な反省と対策がなされていない(※)。

2. 九州電力は、今回は地元首長の同意さえも必要ないと言っている。また地
元住民の反対の声が多くあげられている中でこの声を無視してはならない。

3. 九州電力は、「やらせ問題」において、九州電力の第三者委員会が指摘す
る佐賀県知事の関与を否定した報告書を経産大臣に提出した。これについて
経済産業大臣から求められている報告書の再提出がいまだなされていない。

4. 福島第一原子力発電所事故によって、原子力安全指針の破綻、原子力安
全行政の破綻が明らかとなっている。体制の見直しがなされていない中、原
子力安全・保安院が運転再開の許可を与える資格はない。

5. 福島第一原子力発電所事故は、原発立地自治体だけでなく、周辺何十キ
ロにも深刻な被害をもたらし、日本全体に大きな衝撃を与えている。運転再開
の問題は、佐賀県だけではなく、九州全体、そして日本全体の問題である。

※10月4日に起きた玄海原発4号の原子炉自動停止は、これまで定期検査
で運転停止中に行ってきた検査を運転中に行い、検査の手順を停止中と同
じ手順でやったために、復水器の真空度が異常となりタービンが停止し、原
子炉も自動停止したものだった。より重要な機器で同様のことが起きれば、
作業員の被ばく、大事故につながる。しかし、九州電力の事故報告書(10月
21日付)でも、保安院の「確認結果について」でも、このような経済性を最優
先させたことに起因したという、本質的な問題にはいっさいふれず、単なる
「人為ミス」として軽く扱っている。また、最も肝心な「組織的な要因を含めた
根本的な原因分析を行い、必要な対策を取る」ことは、今後の課題としてし
まっている。

玄海原発プルサーマル裁判の会、プルサーマルと佐賀県の100年を考える会、
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)、原発いらない全国の
女たちアクション ほか

◆連絡先
玄海原発プルサーマル裁判の会 
tel:0952-37-9212  saga.100nennokai at po3.bunbun.ne.jp 
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)
tel:03-6907-7217  info at e-shift.org

◆提出団体
玄海原発プルサーマル裁判の会、プルサーマルと佐賀県の100年を考える会、
eシフト(脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会)、ほか団体

=========================

いろいろな人から声が寄せられれば、それがプレッシャーになって事態が
動くことがあります。
ぜひ、みなさんの意見を、ファックスなどで枝野経済産業大臣に送ってくだ
さい。また、電話をかけて秘書の方にご意見を伝えるのも効果があるかも
しれません。枝野大臣は、埼玉5区です。

○枝野幸男・大宮事務所
(〒330-0846 埼玉県さいたま市大宮区大門町2-108-5 永峰ビル2階)
TEL:048-648-9124
FAX:048-648-9125

○東京事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第1議員会館804号室
TEL:03-3508-7448
FAX:03-3591-2249

ファックスは、手書きでも、数行でも結構です。ただ、暴言のたぐいよりも、
丁寧な理論的なファックスの方が効果があります。長い必要はありません。
下記のようなポイントを、みなさんの言葉で大臣に訴えましょう!

・九州電力の「やらせ問題」は解決していない
・地元住民の反対の声が多くあげられている中でこの声を無視してはならない
・10月4日に起きた玄海原発4号機の原子炉自動停止は、単なる「人為ミス」で
はなく、経済性を最優先にする九州電力の強行運転の姿勢がもたらした事故
・福島第一原子力発電所の事故原因が究明されていない中の運転再開は、
国民の理解が得られな

倉元達朗 さんから:
メールありがとうございます。
昨日は、頂いた《さよなら原発!福岡一万人集会》ポスターを
車に貼り付けて長尾校区、田島校区を流して回りました。
手を降る人が多く反応の良さを感じました。
今日も16:00から宣伝カーを走らせます


●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○ 
下記の集いに 皆様 ご参加 是非 よろしくお願いします。
  <Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。>
  ●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

    九州・沖縄・韓国に住む市民でつくる
      『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』
      11月13日(日) 福岡市舞鶴公園

         九州 沖縄 韓国
       いのち、むすぶ、さよなら原発
     私たちの声と行動で ゆるぎない平和を築こう 

        みんなつながっている  
         信頼 絆 希望
       大地 水 空 生きとし生けるもの 
  ●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

    ★呼びかけ・賛同者を募集しています。 
     目標の5万名まで、皆さんと一緒に呼びかけ、
  『さよなら原発 ! 福岡 1万人集会』を実現し、
 ★原発とめよう!の輪をひろげていきまょう。
      http://www.goodbye-nukes.com 

●○●○●○●○○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時(日曜・休日も全日開設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
    場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
   青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************


CML メーリングリストの案内