[CML 009952] OurPlanet-TV /内部被曝検査を行うことを明らかにした。二本松市の三保恵一市長

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2011年 5月 31日 (火) 14:51:42 JST


中田です。
メールをいつもありがとうございます。重複おゆるしください。

------------------------------

(拡散・転送歓迎)
■二本松市 内部被ばく検査へ〜結果によって避難も検討

特定非営利活動法人OurPlanet-TVが取材の動画です。

独立の市民メデイアとして、これまでも特色あるインターネット放送をされています。

二本松市の三保恵一市長のインタビューは、すばらしい〜

これは、まさに今の原発問題を抱えるこの日本国を、
私たちが考える内容だと思います。 


ぜひ、ご視聴ください!!

山下俊一長崎医大教授の二本松市講演メッセージを、
きちんと検証し、語られています。 



種を明かさずおきますので、みなさまお聞きください。

こういう見識を持った人物が、やはり歴史的な福島の土地に存在されていたのか、、、と。

感無量です。

多くの方に、ぜひ、ぜひこの映像をお伝えください。


***************************************

 OurPlanet-TV
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1071

■二本松市の三保恵一市長は、5月27日、OurPlanetTVのインタビューに答え、独自にホールボディカウンターを利用した内部被曝検査を行うことを明らかにした。
 
今回、ホールボディカウンターで内部被曝調査を行うのは、二本松市内の妊婦や子ども、屋外での作業時間が長い農家や建設業の人など。これまで国に対して、ホールボディカウンターを利用した内部被ばく調査をするよう要請してきたが、国が取り組む予定がないことから、まずは20人に限定して、独自に調査をすることにしたという。
 
検査する人の選定や、公表の方法などが調整でき次第、早ければ今月中に検査を実施する方針だ。福島県立医科大学のホールボディカウンターは現在、利用できないため、県外の医療機関と提携する。
 
三保恵一市長は、「内部被曝がないというのを願っている」としながらも、結果によっては、子どもを含めた市民の避難についても検討すると明言した。
 


******************************************



CML メーリングリストの案内