[CML 009938] 遡れば、内部被ばく2500万ベクレル、沈積500万ベクレル、7000ミリシーベルト超

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 5月 30日 (月) 16:30:53 JST


ni0615田島です
夕刊で報道されると思いますが、例えば、
 
朝日
http://www.asahi.com/national/update/0530/TKY201105300224.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
東電の2社員、多量の内部被曝 数百ミリシーベルトか
2011年5月30日13時54分
 
 東京電力は30日、東電福島第一原子力発電所で作業していた男性社員2人が数百ミリシ
ーベルトの放射線を浴びていた恐れがあると発表した註1。今回の作業で 認められている被
曝(ひばく)線量の上限250ミリシーベルトを超えた例はこれまでなかったが、この値を超えれ
ば今後の作業はできなくなる。ただ急性症状が出る1千ミリシーベルトの被曝までには至ら
なそうだという。註2
 
 東電によると、この2人は30代と40代の男性社員。今は原発を離れて作業に当たっていない。
3月11日の地震発生時から5月下旬まで、3、4号機の中央制御室などでデータの確認作業
などをしていた。地震直後には、マスクを付けていなかった。放射性ヨウ素が甲状腺に取り込
まれるのを防ぐ安定ヨウ素剤を飲んだのは3月13日だった。註3
 
 4月から5月にかけて、2人の全身を検査したところ、内部被曝の量が多い可能性が高いこと
が分かった。今月23日に体内の放射性物質の量を詳しく調べた ところ、甲状腺から、それぞ
れ9760ベクレル、7690ベクレルのヨウ素131が確認されたという註4。放射性物質は時間
の経過に伴い減る性質(半減期)が あり、吸い込んだのが地震直後だとすると、逆算した数値
は高いとみられる。「被曝量は数百ミリシーベルトになるかもしれない」という。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
記事の中身(記者発表内容)を検証してみよう。
註1 身体異常が分かってからやっと調べたらしい 
註2 急性症状は、放医研の図ですら、250mSvからでるとされている。
註3 大量の内部被ばくは12日の1号炉のベントと水蒸気爆発によるものか。
註4 5月23日は、3月12日から72日たっている。半減期8日の9倍の日数だから、放射性ヨウ素131は、
9760ベクレルは、3月12日には
9760×2の9乗=9760×512=4,997,120ベクレル
7690ベクレルは、3月12日には
7690×2の9乗=7690×512=3,937,280ベクレル
あったと考えてよい。
(生物学的半減期を考えれば、もっと大きな値になる)
 
緊急被ばく医療マニュアルによれば、甲状腺に検出されるヨウ素131の
要注意の目安は、3000ベクレルである。
http://www.remnet.jp/lecture/b03_01/a02.html
だとすれば、記事の東電社員の場合は、その1600倍超である。
 
原子力安全委員会の規定によれば、ヨウ素131は体内摂取量の20%が沈積するとしている。
それによれば、摂取量は沈積量の5倍、なんと2500万ベクレル、2000万ベクレルということになる。
 
これに成人の甲状腺預託線量係数を乗ずれば、被ばく線量のシーベルト値が算出される、
(係数は、甲状腺沈積量ではなく摂取量に掛けることになっている)
25,000,000Bq x 2.9 x 10-4 mSv/Bq=7,250 mSv =7.25Sv
(係数は吸引摂取の係数を用いた)
 
なんと! 
記事標題の数百シーベルトには留まらないではないか、
甲状腺に対しては、7シーベルト超だ!!
もはや、甲状腺に対しては臓器破壊線量ではないのか 
 
======
甲状腺への内部被ばく線量を体全体に平均すると(実効線量係数をかけて)、
25,000,000Bq x 1.5 × 10-5 mSv/Bq =375mSv
  
「甲状腺の等価線量」と
「実効線量」
の違いで誤魔化されないよう
ご注意!! 
ni0615田島 拝
「安禅不必須山水」
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list 		 	   		  


CML メーリングリストの案内