[CML 009894] 健康調査を山下俊一「教授」が指揮?! ソレは余計に心配だ

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 5月 28日 (土) 09:08:57 JST



ni0615です
今朝飛び込んできたニュースです。
同報してます。重複を御ゆるしください。
 
福島県当局すなわち山下俊一教授とそのシンジケートは、
県民の健康調査と疫学調査を飯舘村などの20mSv超の地域に限定し、
基本的にサボタージュすると、私は思っていました。
 
しかしです。
こういうのを『策謀』というのでしょうか。
情報の中で先制パンチを浴びせてきました。
 
以下、拙ブログの再掲で恐縮です。
 
======
▼同日発足させた研究者らによる調査検討委員会
▼委員会の座長に就いた山下俊一長崎大医歯薬学総合研究科長
↑ 

>>
河北新報 福島のニュース
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/05/20110528t61022.htm
 
福島県、200万全県民健康調査 来月にも試験的開始
 
 福島県は27日、福島第1原発事故を受け、約200万人の県民全員を対象に
「健康管理調査」を行うと発表した。同日発足させた研究者らによる調査検討委
員会で方針を決めた。6月末にも一部地域で試験的に開始したい考えだ。
 
調査は問診票を県民に郵送するなどして、原発事故以降の行動や健康状態を記
入してもらうことを予定する。詳しい調査内容は今後協議する。線量が高い地域
については血液や尿などの詳細検査も実施。場合によっては内部被ばく検査の
実施を検討する。
 
実施に際しては県内各地で説明会を開き、県民に理解と協力を求める。調査結果
は県民に報告。健康不安の解消や、必要があれば早期治療につなげる。
 
調査期間や回数は居住地域などによって変える。現在も続く広島、長崎の被ばく
者調査に倣い、一部対象者は長期間になる見通し。
 
調査主体は福島県立医大が担い、全国の研究機関にも協力を呼び掛ける。県は
調査費用について国負担を求めたい考え。
 
県内では比較的低い放射線量による長期被ばくへの懸念が強まっている。低線量
被ばくが人体に与える影響については分からない部分も多く、委員会の座長に就 
いた山下俊一長崎大医歯薬学総合研究科長は
「原発事故の影響について、世界中が注目している。県民の不安解消につなげるた
め、しっかりとした調査に中長期的に取り組みたい」
と話している。
 
2011年05月28日土曜日
<< 

 
福島のみなさん
だまされては なりません。 
 
100ミリシーベルト以下の被ばくでは、
身体に影響が出るはずがない、
ということを
学問的信念にし、
100ミリシーベルトで学校再開を
文部省に求めたこの人物、
20ミリシーベルト問題の仕掛人、
 
<<山下俊一氏胸像>>
 
この人物が指揮する健康調査では、
 
100ミリシーベルト以下の、
低線量被ばくの実態は、
明らかになるはずがありません。
自分の学説を否定することになるのですから。
 
これは、東京電力に、
原発放射能の影響調査をすべて任せるようなものです。
 
こんな座長では、
健康調査が
真っ当に行われるとは、
とうてい思えません。
 
 
⇒『語録』
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/2997.html
 
======
 
ni0615田島拝
「安禅不必須山水」
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内