[CML 009866] Re: グリーンピースによる 海洋調査 結果

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 5月 27日 (金) 12:48:00 JST


みなさま
 
グリーンピースの調査報告で、
なぜ、海水の汚染濃度が参照できないか、
その理由がわかりました。
 
>>
 調査にあたっては、本部を置くオランダ政府を通じ、日本に海洋調査を申請したが
認められなかった。
<<
 
日本政府の秘密主義、
国際社会から顰蹙をかう、
ブサイクな根性 です。
 
 
東京新聞5/27 こちら特報部
==================== 
海藻からヨウ素 規制値50倍
海産物汚染止まらない グリーンピース発表
国・県の調査遅れに漁師ら不満
====================
 
 調査は5月2〜9日に宮城県・石巻港から千葉県・銚子港までの沿岸で実施。同
団体の調査船が沖合に漂流する海藻を採取したほか、沿岸各地の漁港周辺でも
漁師たちの協力で、魚介や海藻を集めた。
 
 このうち21サンプルをベルギーの国営研究機関とフランス政府認定の民間機関
の2カ所に送り分析を依頼。その結果、福島県沿岸で採取された14サンプルから
厚労省の規制値を超えた放射性ヨウ素やセシウムが検出された。
 
 ヨウ素を吸収しやすい海藻ではアカモクやホソメコンブなど三つのサンプルから
1キロあたり10万ベクレルを超えるヨウ素が出た。ヨウ素の規制値は2000ベク
レルで、50倍を超える。このレベルの海藻を1年間に1キロ食べると2・8ミリシー
ベルトの内部被ばくになる計算という。
 
 セシウムでも規制値の500ベクレルの5倍以上の海藻があったほか、シラスで
1219ベクレル、ナマコ1285ベクレルなどが続いた。
 
 調査チームリーダーのヤン・バンダ・プッタ氏は分布について「原発以北の数値
は低く、南に広がっている」と説明する。事故から2ヶ月近く経た時点で、半減期
が8日と短いヨウ素が検出されていることから「汚染水の放出が続いている懸念
がある」と指摘した。
 
 調査にあたっては、本部を置くオランダ政府を通じ、日本に海洋調査を申請した
が認められなかった。苦肉の策で訪ねた漁港で、意外なほど積極的にサンプル
を提供してもらえたという。
 
 海洋生態系問題担当の花岡和佳氏は「高い数値が出るのを不安に思いなが
らも、多くの漁港関係者が『風評なのか本当に健康被害を招くものなのかを確か
めることからしか、漁業再開のめどは立たない』と協力してくれた」と説明する。
 
 原発事故後、福島県ではすべての漁港で操業を自粛している。 何をするとも
なしに漁港に集まった人々が「これも調べてほしい」「これも」と、たくさんの魚や
海藻を採取してくれたという。
 
 「むしろ県や国の調査の遅れに不満を訴える声が多かった」(花岡氏)
 
 水産庁漁場資源課の担当者は「調査は漁獲シーズン前に各都道府県が行って
いるが、この結果を参考に、コンブなどこれまで検査していない品目も調査しなけ
ればならない」と話す。
 
 今回、数値が際立っていた海藻については天然ワカメ漁を前にした岩手県が今
月中旬、調査を実施。規制値以下の結果が公表された。千葉県や茨城県では3
月ごろにワカメ漁が始まっていたが調査は行われていない。
 
 「事故後、独立行政法人の検査機関に分析依頼が殺到しているため、取り扱い
がわずかな海藻より、イワシやカツオなど主要品目の調査を優先した」と千葉県
水産課。「1日に五検体ほどしか調べてもらえない。表層を泳いでいて数値が出
やすいカタクチイワシなどは週に何回も調べているが」とこぼす。
 
 グリーンピースは「政府は放射性物質を海が希釈するといっているが実際には
蓄積される。国は汚染水の放出を止めるとともに、徹底した調査を続ける必要が
ある」と訴えた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
ni0615田島直樹 拝
「安禅不必須山水」
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list 

----------------------------------------
> From: hamasa7491 at hotmail.com
> To: cml at list.jca.apc.org
> Date: Thu, 26 May 2011 23:46:16 +0000
> Subject: [CML 009861] グリーンピースによる 海洋調査 結果
>
>
> グリーンピースによる 海洋調査 結果
>
> ni0615です
> いくつかのMLに投稿しています。
> 重複をお許しください。
>
>
> グルーンピースジャパンが5月26日に記者会見で、海産物の放射能汚染についての調
> 査結果を中間発表したようです。
>
> ◆記者会見の内容とプレスリリースは、
> グリーンピースのWEBサイトをごらんください。
> http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/34986
> http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/pr20110526/
>
> ◆以下は、記者会見でのプレゼン資料(パワーポイント)についての私の感想です。
> https://mail-attachment.googleusercontent.com/attachment?ui=2&ik=7ced698562&view=att&th=1302b1088def8e09&attid=0.2&disp=inline&realattid=f_go4ff39y2&safe=1&zw&saduie=AG9B_P_2kcSpC5B-klq_CjZFXCNX&sadet=1306394217025&sads=JczNcEeRyuyoEc1nkNkqMzW8aHE
>
>
> 採取地点での海水の汚染濃度が記録されていないのは
> ちょっと残念でしたが。
>
> それにしても海藻類によるヨウ素の生物濃縮には凄まじいものがありますね。
>
> ▼2011年5月5日    福島県 四倉港  ホソメコンブ
> (ヨウ素131)107,000(Bq/kg)、(セシウム134)980(Bq/kg)、(セシウム137)990(Bq/kg)
>
> ▼2011年5月5日    福島県 江名港  アカモク
> (ヨウ素131)127,000(Bq/kg)、(セシウム134)800(Bq/kg)、(セシウム137)840(Bq/kg)
>
> ヨウ素131が3月11日までのウラン核分裂によって出来たものだとすれば、
> 5月3~5日の採取だとすでに52~54日たっています。
> 物理的半減期が8日ですから、
> (1/2)の6乗超以下=1/64超以下、約100分の1になっていて、
> こんな値が出ているとは驚異的です。
>
> (それとも福島第一原発では、それ以降にも再臨界を起こして、ヨウ素131を生
> 産しつづけていたのでしょうか?)
>
>
> 以下、プレゼン資料から、テクスト抽出しておきました。
>
> -----------------------------------------------------------
> 国際環境NGOグリーンピースによる 海洋調査 結果
> GREENPEACE Marine Research
> -----------------------------------------------------------
> 5月3~5日
> May 3-5    調査船「虹の戦士号」を用いての沖合での調査
> Marine research using the Rainbow Warrior
> 5月2~9日
> May 2-9    陸ベースでの漁港などを巡っての沿岸域での調査
> Coast-based marine research
> 5月12日
> May 12    グリーンピース、海洋調査の暫定結果を発表。海藻類の
> 調査強化及び漁業者への損害補償を日本政府に要望。
> Greenpeace announced preliminary seaweed research
> results, and demanded official radiation testing
> be conducted on seaweed, and compensation be paid
> to local fishermen.
> 5月19日
> May 19    厚生労働省、貝類や海藻類の調査結果を発表。
> Ministry of Health, Labour and Welfare?announced
> its?seaweed and shellfish?research results.
> -----------------------------------------------------------
> 漁業関係者の声
> どんどん調査をして、結果を発表してほしい。2か月以上も漁業を実質禁止さ
> せられている。このままでは船も網も俺たちも干上がってしまい、自分たちの
> 生活を守れない。
> Demand comprehensive research be conducted and the
> results publically announced.?Fishing has been
> prohibited for more than two months.?They are losing
> their businesses, their livelihoods and cannot support
> themselves or their families without help.
> 高い数値が出るか不安。しかし現状の漠然とした不安からくる風評被害を止め、
> 獲った魚が売れるのかを確かめるには、調査しかない。現状を把握することから
> しか、漁業再開の目途が立たない。
> The fishermen are worried that high radiation could be
> found in their fishing grounds.?However, they understand
> that research is needed, and that this is the only way
> if / when they can begin fishing again.
> 県に調査を要請をし続けているが、動きがとても遅い。
> The fishermen have sent many requests to the national
> and prefecture governments that research be done.??They
> have been frustrated about the slow and negative movements
> of the authorities.
> -----------------------------------------------------------
>  21 samples (21サンプル)
>    14 seaweed  (14海藻類)
>    7 fish/shellfish (7魚類、貝類)
>  Donated by fishermen and
>    collected from Rainbow Warrior 
> (漁師から提供、虹の戦士号で採取)
> -----------------------------------------------------------
> フランスとベルギーで21サンプルを調査
> 21 samples analysed in France and Belgium:
>
> アクロ研究所 (フランス) 
> <フランス原子力安全機関(ASN)認定機関>
> Laboratory in France, certified by French nuclear authority ASN
>          
> ベルギー原子力研究センター (ベルギー) 
> <ベルギー政府による運営、日本原子力研究開発機構のような機関>  
> Nuclear Research Centre of the Belgian government, equivalent to JAEA
>
> 分析: ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
>       Gamma-spectrometry with germanium detector.
> 分析対象: セシウム134、セシウム137、ヨウ素131  ベクレル/kg
>       Measurement : Cs-134, Cs-137 and I-131 in Bq/kg  
> -----------------------------------------------------------
> <<引用者が付記した印>>
> ■は暫定基準値を超えなかったもの
> ★は暫定基準値を超えたもの
> 暫定基準値I-131: 2000Bq/kg
> 暫定基準値Cs134とCs137の合計: 500Bq/kg
>
> 日門港 Hikado Port
> ■ホソメコンブ Seaweed (Laminaria Religiosa)
> I-131: 180Bq/kg
> Cs-134: 2.62Bq/kg  Cs-137: 2.11Bq/kg
>
> 釣師浜港 Tsurushihama-Port
> ■ワカメ Seaweed (Undaria Pinnatifida)
> I-131: 149Bq/kg Cs-134: 7.7Bq/kg
> Cs-137: 7.9Bq/kg
>
> 釣師浜港 Tsurushihama-Port
> ★アカモク Seaweed (Sargassum Horneri)
> I-131: 2190 Bq/kg  Cs-134: 17.5Bq/kg
> Cs-137: 15.3Bq/kg
>
> 釣師浜港 Tsurushihama-Port
> ★ヒトデ Starfish (Cellana Toreuma)
> I-131: 168Bq/kg  Cs-134: 467Bq/kg
> Cs-137: 474Bq/kg
>
> 虹の戦士号 原発から北東42Km地点 Rainbow Warrior
> ■アカモク Seaweed (Sargassum Horneri)
> I-131: 1750Bq/kg Cs-134: 5.8Bq/kg
> Cs-137: 4.0Bq/kg
> -----------------------------------------------------------
> 虹の戦士号原発から南東52Km地点 Rainbow Warrior
> ★アカモク Seaweed (Sargassum horneri)
> I-131: 119,000Bq/kg Cs-134: 348Bq/kg
> Cs-137: 364Bq/kg
> -----------------------------------------------------------
> 久之浜港 Hisanohama Port
> ★フクロノリ Seaweed (Gloiopeltis furcata)
> I-131: 65,000Bq/kg Cs-134: 540Bq/kg
> Cs-137: 570Bq/kg
>
> ★マナマコ Sea cucumber (Stichopus japonica Celenka)
> I-131: 1240Bq/kg Cs-134: 646Bq/kg
> Cs-137: 639Bq/kg
>
> 四倉港 Yotsukura Port
> ★カヤモノリ Seaweed (Scytosiphon lomentaria)
> I-131: 17,000Bq/kg Cs-134: 1,390Bq/kg
> Cs-137: 1450Bq/kg
>
> ★カキ Oysters (Crassostrea gigas)
> I-131: 417Bq/kg Cs-134: 378Bq/kg
> Cs-137: 362Bq/kg
>
> ★ホソメコンブ Seaweed (Laminaria Religiosa)
> I-131: 107000Bq/kg Cs-134: 980Bq/kg
> Cs-137: 990Bq/kg
>
> 江名港 Ena Port
> ★アカモク Seaweed (Sargassum horneri)
> I-131: 127,000Bq/kg Cs-134: 800Bq/kg Cs-137: 840Bq/kg
>
> ★タンバノリ Seaweed (Grateloupia elliptica)
> I-131: 3,040Bq/kg Cs-134: 580Bq/kg Cs-137: 600Bq/kg
>
> ★ムラサキイガイ Mussel (Septifer virgatus)
> I-131: 950Bq/kg Cs-134: 400Bq/kg Cs-137: 406Bq/kg
> -----------------------------------------------------------
> 小名浜港 Onahama-Port
> ★エゾイソアイナメ Morid fish (Physiculus maximowiczi)
> I-131: 60Bq/kg Cs-134: 427Bq/kg
> Cs-137: 430Bq/kg
>
> 勿来港沖 Offshore Nakoso Port
> ★シラス Juvenile Japanese anchovy
>  (Engraulis japonica)
> I-131: 67Bq/kg Cs-134: 608Bq/kg
> Cs-137: 611Bq/kg
>
> 勿来港 Nakoso
> ★アカモク Seaweed (Sargassum horneri)
> I-131: 20,000Bq/kg Cs-134: 259Bq/kg
> Cs-137: 266Bq/kg
>
> 虹の戦士号 原発から南65Km地点
> Rainbow Warrior
> ■アカモク Seaweed (Sargassum horneri)
> I-131: 28.9Bq/kg Cs-134: < 2 Bq/kg
> Cs-137: < 2 Bq/kg
>
> 虹の戦士号 原発から南65Km地点
> Rainbow Warrior
> ■アカモク Seaweed, smelly (Sargassum Horneri)
> I-131: 8.8Bq/kg Cs-134: < 0.8 Bq/kg
> Cs-137: < 0.9 Bq/kg
>
> 河原子港 Kawarago Port, Ibaraki
> ■アカモク Seaweed (Sargassum Horneri)
> I-131: 620Bq/kg Cs-134: 8.1Bq/kg
> Cs-137: 7.8Bq/kg
> -----------------------------------------------------------
> |採取日Sample date|採取地点sample location|
> サンプル種類samples|I-131(Bq/kg)|Cs-134(Bq/kg)|Cs-137(Bq/kg)|
> 2011年5月3日    宮城県 日門港
> Hikado port, Miyagi    ホソメコンブ
> seaweed (Laminaria Religiosa)    180    2.62    2.11
> 2011年5月4日    福島県 釣師浜港
> Tsurushihama port, Fukushima    ヒトデ
> starfish (Cellana Toreuma)    168    467    474
> 2011年5月4日    福島県 釣師浜港
> Tsurushihama port, Fukushima    ワカメ
> seaweed (Undaria Pinnatifida)    149    7.7    7.9
> 2011年5月4日    福島県 釣師浜港
> Tsurushihama port, Fukushima    アカモク
> seaweed (Sargassum Horneri)    2,190    17.5    15.3
> 2011年5月5日    福島県 久ノ浜港
> Hisanohama port, Fukushima    フクロノリ
> seaweed (Gloiopeltis furcata)    65,000    540    570
> 2011年5月5日    福島県 久ノ浜港
> Hisanohama port, Fukushima    マナマコ
> sea cucumber (Stichopus japonica Celenka)    1,240    646    639
> 2011年5月5日    福島県 四倉港
> Yotsukura port, Fukushima    カヤモノリ
> seaweed (Scytosiphon lomentaria)    17,000    1,390    1,450
> 2011年5月5日    福島県 四倉港
> Yotsukura port, Fukushima    ホソメコンブ
> seaweed (Laminaria Religiosa)    107,000    980    990
> 2011年5月5日    福島県 四倉港
> Yotsukura port, Fukushima    カキ
> Oysters (Crassostrea gigas)    417    378    362
> 2011年5月5日    福島県 江名港
> Ena port, Fukushima    タンバノリ
> seaweed (Grateloupia elliptica)    3,040    580    600
> 2011年5月5日    福島県 江名港
> Ena port, Fukushima    アカモク
> seaweed (Sargassum horneri)    127,000    800    840
> 2011年5月5日    福島県 江名港
> Ena port, Fukushima    ムラサキイガイ
> mussel (Septifer virgatus)     950    400    406
> 2011年5月5日    福島県 小名浜港
> Onahama port, Fukushima    エゾイソアイナメ
> Morid fish (Physiculus maximowiczi)    60    427    430
> 2011年5月9日    福島県 勿来港
> Nakoso port, Fukushima    アカモク
> seaweed (Sargassum horneri)    20,000    259    266
> 2011年5月9日    福島県 勿来港
> Nakoso port, Fukushima    シラス
> Juvenile Japanese anchovy (Engraulis japonica)    67    608    611
> 2011年5月9日    茨城県 久慈港
> Kuji port, Fukushima    エゾイソアイナメ
> Morid fish (Physiculus maximowiczi)    < 1.8    6    6
> 2011年5月9日    茨城県 河原子港
> Kawarago port, Fukushima    アカモク
> seaweed (Sargassum horneri)    620    8.1    7.8
> 2011年5月5日    原発から北東42キロ地点
> 42km North-east from NPP    アカモク
> seaweed (Sargassum horneri)    1,750    5.8    4
> 2011年5月4日    原発から南東52キロ地点
> 52km South-east from NPP    アカモク
> seaweed (Sargassum horneri)    119,000    348    364
> 2011年5月4日    原発から南65キロ地点
> 65km South from NPP    アカモク
> seaweed (Sargassum horneri)    8.8    < 0.8    < 0.9
> 2011年5月4日    原発から南65キロ地点
> 65km South from NPP    アカモク
> seaweed (Sargassum horneri)    28.9    < 2    < 2
> -----------------------------------------------------------
> 分析結果のまとめ: Summary of analysis
>
> 21サンプル中14サンプルが暫定規制値を超える
>   (14 of 21 samples over limit for consumption)
>
> 3サンプルで高濃度の放射性ヨウ素131を検出
>   海藻で100,000ベクレル/Kg以上を検出、暫定規制値の50倍
>   (3 samples with very high levels of I-131
>    > 100,000Bq/kg of seaweed  or 50 times the limit for consumption)
>
> 13サンプルで放射性セシウムの暫定規制値を超えており長期的な汚染を示唆
>   (13 samples over the limit for cesium isotopes,
>    indicating a longer-term problem)
>
> 最も汚染された海藻を年間1キロ摂取するごとに、
>   2.8ミリシーベルトの内部被ばく量に値する
>   (Consumption of 1kg/y of the most contaminated seaweed gives dose of ca. 2.8mSv)
> -----------------------------------------------------------
> 結論 Conclusions:
>
>  高レベルの放射性ヨウ素が検出されたことは、著しい量の
> 汚染水が過去2ヶ月の間に放出された可能性を示している。
> Very high iodine concentrations could indicate significant liquid
> discharges over the last 2 months
>  
> 放射線被ばくには宇宙や大地からの自然放射線、吸入、摂取に
> よるものもあるが、20ミリシーベルトの基準値の中には、経口摂取による
> 体内被ばくの量は換算されていない。
> Multiple sources of exposure to radiation such as inhalation, ingestion,
> groundshine and cloudshine. Ingestion is not taken into
> account of the 20mSv/y limit set by the government.
>
> 海洋で広範囲にわたり高いレベルの放射性物質が見つかったことは、政府の
> 唱える「放射性物質は海で希釈される」という説に疑問を投げかける。
> We observe re-concentration in the marine environment over a
> wide area. This challenges the concept of dilution supported by the government
> -----------------------------------------------------------
> 5 demands:
>
> 放射能汚染水の海洋環境への意図的放出禁止
> No intentional release of contaminated water from Fukushima Daiichi plant
> 放射能汚染水の非意図的漏出の徹底モニタリングと、漏出中止
> Investigate and stop leakage from the plant
> 魚類、海藻類、貝類、海水、底質などを含む、太平洋沿岸域における調査対象種
> および海域の大幅拡大と結果の公平かつ速やかな発表と、消費者へのわかりや
> すい説明
> Comprehensive, ongoing research of marine life, soil
> and seawater, with full disclosure to the public,
> including health and safety advice
> 上記の調査によって水産関係者や消費者の安全性が確認されるまで、
> 漁獲、加工、流通、販売の一時中止
> Halt of harvesting until safety of fishermen and
> consumers can be guaranteed
> 収穫の一時中止により水産関係者が受ける被害の公平かつ速やかな
> 全額補償(東京電力へ請求)
> Ensure fast and fair compensation for fishermen
> and fishing communities
> -----------------------------------------------------------
> 2011年3月17日厚生労働省 放射能汚染された食品の取扱いについて
> Notice No. 0317 Article 3 of the Department of Food Safety, March 17, 2011
>
>> 飲食物摂取制限に関する指標(添付JPEG参照)
> -----------------------------------------------------------
>
> ni0615田島拝
> 「安禅不必須山水」
> http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list
>
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内