[CML 009837] Re: 太陽光促進付加金

Syuji Nakagawa ng-nd at ma2.seikyou.ne.jp
2011年 5月 26日 (木) 10:11:00 JST


「太陽光・風力発電トラスト」運営委員・中川です

   17年前から5kwの太陽高発電を設置して年間5000kwh以上の環境
   負荷の無い電力を人間の社会に供給しているアホな太陽光発電事業者から
   
On Wed, 25 May 2011 09:52:20 +0900
saburou <japanesewolf at gmail.com> wrote:

> さぶろうです
> 今日届いた今月の請求書に見慣れない項目がありました。
> 『太陽光促進付加金』なるものです。
> 太陽光発電に対する投資として徴収するのであれば、無理矢理にでも自分を納得させるのですが…
> どうやら話は違うようです。

    違う部分もあるが正しい部分もあるということでしょうか・・・。

   投資費用の一部を後払いと言う事だと理解しています。しかし、電力企業は
   その一部のみを支払っているにすぎません。場合によってはそれ以上を得て
   いるものもいますが・・・。
   
   http://trust.watsystems.net/kyudengreenn-hihan.html

> 
> 東京電力のHPを見てください。
> http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/shin-ene/taiyoukou/fukakin-j.html
> ///////////////////////////
> 本制度は、「低炭素社会の実現」に向けて、「国民の全員参加」により太陽光発電の普及拡大を目指すため、法律※1にもとづき平成21年11月1日より開始されました。
>  これにより、太陽光発電設備で作られた電気のうち、余剰電力(自家消費分を差し引いた余りの電気)を法令で定める条件により電力会社が買い取り※2、その買取費用を「太陽光発電促進付加金」として電気をお使いになる全てのお客さまにご負担いただくこととなりました。

    CO2削減分の電力をきちんと見ようと言うのなら余剰分では自家消費分が
    全く見えませんので、そもそもこれでは役に立たない。自家消費分だってそ
    の分電力企業の発電量減らしてるんですからカウントされねばならんのです。
    

> ※1 「エネルギー供給事業者による非化石エネルギー源の利用及び化石エネルギー原料の有効な利用の促進に関する法律」
> ※2 発電事業目的で設置されたもの等は、本制度の対象外となります。
> /////////////////////////////
> 
> つまり東京電力が太陽光発電している事業所や家庭からの「買い取り費用」をすべての利用者から負担させようとするものです。
> あまりにも非条理な徴収です。

   設備費用が回収できる金額にその派生電力の全量を経済的に評価しなければ
   太陽光発電などの再生可能エネルギーに社会の有意な資金の流れは出来ない
   でしょう。
   
   そもそも電力企業は内部に抱え込んでいる原発と言う鉢電設備についてはそ
   の設備費用の総てと燃料費などのコストに株主への配当を含めて総ての費用
   を元々電力料金として消費者から有無を言わさず徴収しています。
   
   元々電力事業は株式会社なので株主への配当が目的ですから「貧乏人から金
   持ちへの所得移転」である事は確かです。それも独占状態ですからやりたい
   放題でした。
   
   先ずは太陽光発電などやらないで電力の自由化を行うべきだったのでしょう。
   そうすれば、原子力のコストが明らかにされて、競争力が無い事が分かって
   日本みたいにいけいけどんどんで54基もの原発がこの地震列島に乱立、
   (おっと田舎だけでした。それも経済的に競争力の無い・・・)する事も無
   かったでしょう。
   
   これが電力の自由化が行われるのならそれぞれの発電所の電力は電力市場で
   価格付けがされて適正な資源配分がなされたでしょう。そう言う風に最近の
   欧州各地で行われている市場取引は制度がデザインされています。
   
     ※この市場の設計に失敗したのがエンロンに金を抜かれたカリフォルニア
       でした。これは単なる制度設計の失敗でしたが、日本の電力会社や経産
       省は此れを例に挙げて自分たちの既得権益を守る事にまんまと成功して
       しまいました。それでも、電力がコストになる企業向けは一応、自由化
       して見せて、そのコスト削減の付けは一般家庭向けの電力料金でカバー-
       しているのです。
   
   その上で、再生可能エネルギーが社会にとって導入必要だと言う事ならその
   発電原価との差額分をそれぞれの発電設備に支払うようにすれば適切な資源
   配分がなされるでしょう。
   
      ※今回、民主党が導入するとしている再生可能エネルギーの全量買い取り
        はそうした制度設計ではなく、太陽光発電以外のものは何でもかんでも
        20円で買い取るというかなり乱暴な制度です。これでは、機器の電力
        特質を全く無視していて市場と言うシグナルで資源の適正配分が行われ
        ない、電力や経産省の思い通りでございますと言う事になってしまうで
        しょう
   
   太陽光発電はその発電特性から見ると系統に繋がった時点では社会のピーク
   対応電源としてはかなり優秀だと言う事が分かります。それでも必要ないと
   言うのならその分の電気を送ってくるなと電力企業に言うべきかもしれませ
   んねぇ。多分、発電と送配電が別企業になればそうしたメニューも提供され
   るかもしれませんね。   
   
   さて、私が不条理と思うのは余剰電力のみを買い取ると言うその嫌らしさで
   す。まあ、元々が自家発電設備で有って、その余剰のみを買うと言う事で導
   入されたお情けで電気を買ってあげてるのだと言うのが元々の経緯でした。
   
   まあ、私達も此れに甘えてというか、ここを入り口にして系統につなげるよ
   うになったと言うところから市民共同発電所などの運動を始めてきたもんで
   す。で、売買電が同額なら。ば・・・、それと発電原価の差額分を補てんす
   れば全量評価と言う事になります。 そうして系統に繋がったらそれはなりは
   小さくとも原発と同等に電力供給の装置なんだと考えたのです。
   
   一方的に電力を押し売りされる消費者から、優れて環境負荷の無い「きれい
   な電気」の供給者へと変わる機会を得たのだと考えました。系統に繋がって
   いるという物理的側面から見ればそういうことなんですが・・・。
   
   偶々、その装置のつなぎ込み先が家庭用のメーターの内側にあるというのが
   余剰電力ということになり、それが電力メーターの外側になるなら全量買い
   取りですし、電気エネルギーは一番近いところを流れるのでそれは繋ぎこみ
   先の違いで使われるのは最も近い発電装置からの電力と言う事になる筈です。   
   
   
> 東電の電力買い取り費用は経営に関わること。消費者に負担させるなど言語道断。株主に負担させるのが筋ではないの?

   東電の電力買い取り費用はたったの3円程度ですよ。聞いてご覧なさい。そ
   の電力価値以外の部分が貴方から電力企業経由で太陽光発電事業者に支払わ
   れるのです。
   
   電力業の株主は得していますね。ピーク対応の電力がたったの3円で良いの
   ですから・・・。そして、その電力をオール電化の消費者には33円で売る。
   ぼろ儲けです。そして、夜間電力の止められない原発電気をダンピングして
   7円cちょっとでオール電化で売ってきたのです。捨てるよりはマシですか
   らね。
   
   でも、今回、この時間帯の電気はしっかり燃料費が掛かる様になりました。
   請求書が皆さんに廻ってくるでしょう。それは覚悟しておかねばなりません。
   もしかするとオール電化用に夜間売っている分の燃料費は昼間のオール電化
   以外の消費者に廻されるかもしれません。これは独占状態ですから私達には
   全く見えないのです。  
   
   そして、電気の買い取り費用は私の様に17年前に設置して発電原価140
   円の電力を20円で売っていたひとも最近設置して48円で十分元が取れる
   人も同じ価格に一昨年の11月から変わりました。今年は流石に40円にな
   りましたがね。でも、この価格では10年では費用回収は出来ないでしょう。
   
   それが太陽光発電の電力買い取りの本当の所です。
   
   自然エネルギーを安くなったら僕もと考えてるのなら、それは誰かにタダ乗
   りしようと言う事です。そう考えるのなら、電気を一切使わないで、全部が
   自然エネルギーに置き換わるまで待たれればいいでしょう。
   
   でも、其処に行くまでには誰かが費用を負担せねばならないのです。多分、
   お金の流れを考えればお金持ちには自然エネルギーは良い事など有りません。
   だって、そんな大規模な土地は用意できませんもの。
   
   孫君が言うメガソーラーはどうもそのリスクを総て地方自治体とかに負担し
   てもらおうと言うものの様です。利益は多分持ち去られるでしょう。

> 
> 誰かボクを納得させてください。

    面倒かもしれませんが、補助金で何が起きたかは下記のファイルも見てくだ
    さい。
    
    http://trust.watsystems.net/hojyokin2002matome.html
    
     経済産業省がどれほど国民を馬鹿にしてきたかが分かるでしょう。
     
     皆さんが自然エネルギーだ自然エネルギーだと言い始めたので新たな利権
     に群がろうと言う連中がマスコミで大きな顔をし始めています。よくよく
     見て置かれる事です。
     

     【以下署名】
   -------------------------------------------------------------
  自然エネルギーは太陽のエネルギーのフローを人間の文明圏に導入する事
  で、云わば農業と同じ第一次産業なんです。
   
   【きれいな電気が汚い電気と同じ値段は、やっぱ、おかしいでしょ・・・】    
    
   『太陽光発電』って?
  
  それは、個人の屋根の上にあっても牛小屋の屋根にあっても、
  
   社会のピーク電力供給をささえる屋根の上の クラインガルテン 〜  
  
   『風力発電』?って
  
   それは変動するけど社会のベース電源と認識されるべきもの 〜

  で、「市民共同発電所」てのは、市民が直接、お金を出す

       ほんまもんのあるべき「公共事業」なんです。     

-------------------------------------------------------------

   中川修治  
            Eメール  ngndip at yahoo.co.jp (返事はこちらにお願いします)
            携帯 090-9409-2160   

  自然エネルギーを無理なくみんながつかえる社会の仕組み作りを目指す

      「太陽光・風力発電トラスト」のホームページ
     http://trust.watsystems.net
 
   「市民の、市民による、市民の為の共同発電所」設置プロジェクト
         http://trust.watsystems.net/ploject.html
         http://trust.watsystems.net/panhu2.html(詳しい説明)

   最新プロジェクト 「宮崎市民共同発電所」プロジェクト
    http://trust.watsystems.net/miyazaki-npo1.html

  アーヘンモデルの紹介(動画です)
        http://alenjp.org/sh/ahen/nso.htm

  結構、頻繁に内容の更新してます。でも、何処を更新したかは分かりません。
  で、ご覧のページは必ず、RELOAD して下さいね。 
                    
   (個人ページ)は http://ha2.seikyou.ne.jp/home/ng-nd/(偶には見て・・・)

トヨタのヴィッツのモニターキャンペーンに当選し1年間モニターしました。。
(で、エコ・ヴィッツ日誌なるファイルをUPしてます)現在はプリウスに変
 わりました。http://trust.watsystems.net/saga/eco-vits.html

   いまやりたいのは  本来のあるべき情報共有化を目指した
   ウェブ上での環境放送局 デジタル・パブリック・チャンネル
      http://blog.livedoor.jp/ngnd/

    【参考ビデオ情報】
    
    市民共同発電所始まる 1994年8月
     http://video.google.com/videoplay?docid=6045472405981169674
    
    COP3京都会議まえに発電開始した市民共同発電所 1997年6月
      http://video.google.com/videoplay?docid=862658960018697469
    
    2001年、アーヘンモデルの紹介  
     http://video.google.com/videoplay?docid=-7027051279581666536
    
    2003年 佐賀市民共同発電所 発電開始
     http://video.google.com/videoplay?docid=7386658840012225003
    
    経年劣化でそろそろ問題多発(壊れるインバーター問題)
     http://video.google.com/videoplay?docid=2719113691588827002
    
〜〜〜〜〜〜〜 ここから下は宣伝なので別ものです 〜〜〜〜〜〜〜〜〜



CML メーリングリストの案内