[CML 009817] ご案内:講演会@京都「危険な原発はいらない〜京都のすぐ北にも14基の原発が〜」

藤井 悦子 peace at tc4.so-net.ne.jp
2011年 5月 25日 (水) 12:18:13 JST


藤井悦子@京都です。
京都のすぐ北にある福井・若狭の14基の原発銀座。
こんなに原発が集中している地域は世界的にもまれです。
浜岡原発はとりあえず停止になりましたが、
活断層がいっぱいあるこれらの原発はまだ動いたままです。
しかも事故で停止していた非常に危険な
高速増殖炉もんじゅを動かそうとしています。

原発銀座に隣接する京都府の防災計画は、
先日ようやく暫定的に10キロ圏から20キロ圏を対象に含めましたが、
すでに文科省の言う年間20mSv(屋外3.8μSv/h)を
基準値として使用しています。
しかしこんな狭い範囲でこんな高い放射線量の基準では、
京都府の住民の健康被害を防げるはずもありません。
結局、原発事故を起こさないためには、
原発を廃炉にするしかありません。
一刻も早く、若狭の、そしてすべての原発を停止し、廃炉にしましょう。

【以下、転送・転載、大歓迎!】
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ☆ ☆ ☆     危険な原発はいらない   ☆ ☆ ☆

         〜京都のすぐ北にも14基の原発が〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お話: 池島芙紀子(いけじま ふきこ)さん
      (ストップ・ザ・もんじゅ代表)

☆「ストップ・ザ・もんじゅ」:1990年設立。原発に反対する市民グループ。
福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」の危険性を告発し、運転停止
を求めて署名運動や訴訟支援など様々な活動を行ってきた。高速増殖炉
は、炉心に大量のプルトニウムがあり、冷却水のかわりに発火性の強い
ナトリウムを使うなど危険性が非常に高い。

とき: 2011年 6月23日(木)18時半〜20時
ところ: ひと・まち交流館 京都 第4・5会議室
 (アクセス: 市バス「河原町正面」下車すぐ、
  京阪「五条」駅下車 徒歩10分)
参加費: 500円

主催: 戦争への道を許さない京都・おんなの集い連絡会
     (もちろん、女性でない方のご参加、大歓迎!)
連絡先: TEL 075-981-4640(白井)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

福島第一原発事故は、2か月たっても収束する様子は見えず、大量の放
射能が拡散し続け、海も空も大地も汚染がすすんでいます。「ただちに健
康に影響を及ぼす値ではない」と住民をだまし続けてきた政府、東電は、
事故から一ヵ月後にはじめて今回の福島原発の事故を、史上最悪のチェ
ルノブイリ事故と同じ「レベル7」と発表しました。いのちを守るべき国が、
住民の避難を遅らせて被ばくを拡大したのです。福島原発の周辺は「人が
住めない放射能汚染の危険地域」になってしまいました。「想定外」の震災
だったなんて言い訳は、私たちは絶対に許しません。
京都府のすぐ北、京都市からわずか60劼諒^羝・若狭にも14基もの原
発があり、京都市はその原発でつくられた電気を消費しています。多くの
活断層があるのに、原発の運転は続けられています。「原発を止めたら電
気がなくなる・・・昔の生活に戻るなんて・・・」でも、もしここで原発震災があっ
たら? 近畿の水がめの琵琶湖も汚染されてしまうのでは?
今回の原発震災で「原発」についていろいろ考えさせられました。そして、
近い将来「東海、東南海・南海」地震が起こると言われています。安心して
暮らすために私たちに何ができるのか、みんなで考えましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ここまで


藤井悦子
http://www3.to/agenda/ 



CML メーリングリストの案内