[CML 009796] Re: [NNk] 本日 (5/23) の福島・文部科学省行動

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 5月 24日 (火) 09:34:23 JST


アイリーンさん
主催者としてお疲れ様でしたね。
一応援者のni0615田島ともうします。
お世話になりました。

昨夜終って、寄道せずに仕事場に戻ったのは19時5分過ぎぐらいでした。
テレビをつけたら、直ぐにNHKニュースで、今日の交渉が報道されていました。

それを見てから、夢中でニュースを拾い集めました。
(ご希望の方にファイルをお送りします)

今夕これだけ集中的なニュースになったということは、
今日の行動が世の中を動かす転換点になったことは確かです。

福島からきた父母、家族のみなさん、
皆さんの思いは、確かに伝わりましたよ!!
東京までお出でになった効果は大きかったのですよ!


では、私の参加記を記します。(昨夜記)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
昨夜までは、午前中は原子力安全委員会の広報室に質問に行くつもりでした。
しかし今朝になって取りやめました。おおきなプラカードをもっては、ちょっと
面倒かもと思ったからです。 

私が、原発推進の元科学技術庁が文部省を支配下に置いてしまった科文省という
べき文科省前に着いたのは、12時25分ごろ、ちょうど福島からの第1陣の皆さんが
到着したときでした。 

文科省玄関前には、続々と人が集まってきました。玄関前には400人ぐらいでしょ
うか。私は人々の集まりの外側で、手製のプラカードをもって立ちました。

私がワクワクしたのは、集会参加者ではないけれども、20代30代の、近くのオフ
ィスで働いているであろう男女が、遠巻きに見物にきていたことです。
今日の文科省前が、まさにFOCUSSING POINTだったということです。

13時を前にして、福島からの参加者と報道陣が、正面玄関から中庭テラスへと入
っていきました。私たち応援団は、ゆっくりと、文部省包囲にかかりました。面
の集合状態から、線の延長へ。 

人間の鎖は、つくっている最中に新しい人が加わるので、ズンズンずんずん伸び
ていきます。文科省の中庭を貫通して、ついには包囲が完成しました。
ウェーヴゥ〜 WAVE woo
文科省を包囲した応援団は、2箇所で参加者だれでもの、リレートークを始めました。

中庭テラスでの交渉は、2分では終りませんでした。2分というのは、「福島ネッ
トワーク」の中手さんが予言した、文科省が「20mSvは撤回します」とあっさり回
答するのに充分な所要時間だそうです。しかし、交渉は延々と続きました。

2時間が経過した頃、包囲していた人たちも、中庭テラスを囲む場所に移動しま
した。小雨降る中で、2時間半も交渉は粘り強く続けられました。

終って、参議院議員会館での院内集会に向けて参加者が移動しました。
しかし着いてみたら定員350名の会場は既に満員で、150名ほどが玄関ロビ
ーに溢れました。

ようやく別室が用意され、私もまとめの報告を聞くことが出来ました。17時ごろ
からでしたでしょうか。

1、「1ミリシーベルトをめざす」ということを、文書で福島県教育委員会に通
達すること。その判断を政務三役もしくは大臣がして、早急にこたえる。
2、放射能の汚染軽減対策についても、具体策を答える。

そうした約束をもぎ取ったという報告を聞きました。曖昧な部分があっても大成
果です。

福島こどもネットワークのお話もききました。
父母の皆さんの行動は、2人から10人、10人から400人、そして・・・
人数が飛躍的に増えただけでなく、「行動」も具体的であり多彩にもなってきた
そうです。

今日は、私たちの応援も無駄ではなかった、ということを実感できた1日でした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※交渉の評価については不充分な理解です。主催者のブログなどでご確認ください。
(報道いろいろは、ご希望の方にファイルをお送りします)

ここでは、アイリーンさんのご紹介にはなかった、
シネマツディをご紹介します。

俳優の山本太郎さんのメッセージには涙がでます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

山本太郎、福島の親たちとともに文科省前で抗議活動!
学校の暫定基準20ミリシーベルトを撤回せよ!
「何も行動しなければ、僕は自分を許せない」

シネマトゥデイ 5月23日(月)15時26分配信

拡大写真
文科省前デモを行う山本太郎

 俳優の山本太郎が、23日、福島からの親たち100人を含む多くの人たち
とともに文部科学省前に集結し、文科省が定めた学校の暫定基準20ミリ
シーベルトの撤回を訴えた。

 文部科学省は、福島第一原発事故の後、学校生活で注意すべき屋外の
放射線量の暫定基準値を毎時3.8マイクロシーベルト、つまり年間で20ミ
リシーベルトとした。この日、福島からやってきた多くの親たちが、子どもた
ちを守るため、この殺人的な基準値の撤回を求めた。山本も、そんな親たち
とともに立ち上がった勇気ある著名人のひとりだ。

★つづきは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110523-00000018-flix-movi

〜〜〜〜〜〜〜〜

ni0615田島拝
「安禅不必須山水」
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list


----------------------------------------
> Date: Tue, 24 May 2011 02:57:51 +0900
> To: cml at list.jca.apc.org
> From: mshmkw at tama.or.jp
> Subject: [CML 009791] [NNk] 本日 (5/23) の福島・文部科学省行動
>
>
> [TO: CML, keystone, pmn, rml, hinokimi]
>
> (from [No Nukes Asia Forum Japan ML] 改行位置等若干変更)
> --------------------------------------------------------------------------
>
> Date: Mon, 23 May 2011 22:16:57 +0900
> From: Aileen Mioko Smith
> Subject: [nonuke:14088] 本日の福島・文部科学省行動
>
>
> アイリーンです。
> 動画アップと報道のご報告です。
>
> 今日、文部科学省が包囲されました!
>
> 〜子ども20ミリシーベルトを撤回せよ! 福島の子どもたちを守れ!〜
> あまりの事態に、福島の親たちが立ち上がりました!
>
> 画像および動画がアップされています:
> http://www.facebook.com/fnscr
>
>
> 以下21時現在の報道:
> 子供の屋外活動制限、基準高すぎ…保護者ら抗議
> http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110523-OYT1T00999.htm
>
> 福島第1原発:20ミリシーベルト基準 父母ら撤回要請
> http://mainichi.jp/select/today/news/20110524k0000m040106000c.html
>
> 放射線量の目安 見直しを要望
> http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110523/k10013058501000.html
>
> 「子供への基準下げて」福島の父母が要請
> http://news.tv-asahi.co.jp/news/web/html/210523028.html
>
> 20ミリシーベルト、「撤回を」=子ども被ばく量、文科省前で訴え
> http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011052300803
>
>
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内