[CML 009794] 【報告】第34日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★毎日・午前10時から〜

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 5月 24日 (火) 07:32:31 JST


青柳です。5月24日。
複数のMLと知人・友人にはBCCでお送りしています。重複の場合は大変失礼します。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第34日目報告
http://nonukes.exblog.jp/
呼びかけ人 (5月23日現在総数645名)  
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html

■5月26日(木)九電交渉(第3回目)にご参加よろしくお願いします。 

横田つとむ さんから:
青柳様
雨のテント村 お疲れ様でした。
早仕舞いで 鍋を囲んだことをブログに載せました。
 あんくるトム工房
 今日も雨のテント村  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1268
ゴーヤ鍋 おいしかったです。 ごちそうさまでした。               

池田年宏(ピースサイクル大分)さんから:
九電前に出向き、そこに反原発の人々と会う、これ、嬉しからずや!
サックスとの即興で歌った『STAND BY ME』や『一本の鉛筆』、それと、
『岬めぐり』は、歌いながらこみ上げるものがありました(盛)!』。
またやりたいですね。「九電前 反原発の 宮殿に」。

青柳さん
お疲れ様です。九大の山根です。
以下、感想文を送ります。
-----------
(名前)どことなく‘ひろば’が好きな女子

 昨日、また雨が降りましたね。気温も低めで、外で長い時間じっとしているのがしんどいくらいで。
 感想文、やっと書いてます。

 あそこは、いろんな人が気ままに集まって、どこかマジメで、話したり、ただ聞いてたり。外から見たら、‘ひろば’と言うには気が
引けるような小さなスペース。寝られなくなったのと、バイトの後に立ち寄るところがなくなったのが残念です。
 18日に九電前というかひろばに、たくさんの人が集まりましたね。(あのときは、ひろばがいつもより広くなってました。)
 その日、「通るとき、『ちょっとすいません』って言って通ればいいじゃないですか」って発言があって、心に残りました。(もちろ
んそれだけじゃないですが。)でも私は、‘交通整理’をしてた。
 ひろばは、特別な貴重な空間ですね。できることなら、株主総会の後もあって欲しい。願うだけじゃ叶いませんが、でも気持ち的には
そう。あぁこういうの、身近に作れたらな〜… なんて想ふ今日この頃です。


増田 都志美 さんから:
青柳さま、静岡・増田です。
いつも一貫した行動、感謝いたします。
ご報告を読むだけで、ほっとする思いでおります。

静岡の運動で、若者の言葉が紹介されていました。
「原発被害は、天災、人災ではなく、自分にとっては我災です。」と。
「いままで、必死に原発は危ないのだと伝えようとしてきたひとたちの声を、
自分が無視してきた。だから、これは自分が責任を持たなければならない我災です。
ようやく、わかりました。いままで、ほんとうにすみませんでした。」

ひとの、ほそぼそとした営みは、決して無になることなく、いつか、
誰かに届くものだと、私個人、とても励まされた言葉でした。
ひとさまから見ると、出たり、引っ込んだり、私の行動は一貫性がないように思われるでしょう。
弱い環がないように、陽のあたらない存在がないように、私はいつも願うばかりです。

ご報告、励みにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
青柳さま、みなさまの心身がいつもすこやかでいらっしゃいま
すこと、静岡より祈念しております。
ご多忙中と存じております。
恐縮してしまいますので、どうぞご返信は無用に願います。

西山進(漫画家・長崎被爆者)さんから:
青柳行信様
 相変わらずタフな通信ありがとうございます。
 いよいよ夏本番です。しっかり被爆の実相を子どもたちにお母さんたちに伝えていこうと思っています。併せて原発がどんなに危険
なものか憲法の理念に従ってしっかり勉強しなければと緊張しています。
 これから福岡市内の小、中学校を始め、宗像市、古賀市、そして広場がご縁で大分県耶馬渓の小学校、郷里の大分県宇佐市の小学
校、そして宮崎日南市と続きます。相当足が弱っていますが、被爆者である限り頑張ろうと思っています。また6月7日、東京で被爆
者団体の全国総会が開かれ、8日にはノーモア被爆者9条の会の集まりがありますので出席して、全国の仲間に核兵器廃絶と、原発廃
止の福岡の思いを訴えて連帯しようと思っております。

小林えいこ さんから:
    昨日23日の参議院ネット中継の録画分が USTREAMで観られます。
  小出さん *事故進行中の福島をどう収束するかそれが先決。
         *原発立地を過疎地に押し付けてきた不正を問うべきだ。
         *1973年伊方裁判でも企業機密が優先されて情報開示がされなかった。 
  孫 さん  *何故内部被曝を議論しないのか?
         *3・11以来、品不足とされてたが線量計が税関で500台もSTOPしている。
  後藤さん *地震以外の熱衝撃で緊急炉心冷却器が作動して危険な原子炉がある。 
  石橋さん *日本列島は地球上で最も原発建設に適さない所だ。
         *日本の原発は地震付き原発だ。
         *耐震設計審査指針の見直しから必要。
         *浜岡は地雷源の上でカーニバルでもやってるようだと…
         
  エネルギー政策の方向転換のきっかけになることを祈って…
  じっくりご覧ください。
   
  参議院USTREAM中継 脱原発への道 1/2
  http://www.ustream.tv/recorded/14906087 
   
  参議院USTREAM中継 脱原発への道 2/2http://www.ustream.tv/recorded/14907869
   
  ★講演会情報
◆「玄海原発プルサーマル裁判の会」2010年度 報告会と緊急講演会 
  ■講 師:広瀬隆さん 
  『今、福島で何が起こっているのか?〜玄海原発は、大丈夫か〜』
■日 時:6月5日(日)12:00(報告会開場)
■会 場:佐賀県教育会館(佐賀市高木瀬町東高木227-1)
       http://www.saga-town.com/map/sx008926/
■資料代:500円 
■主 催:玄海原発プルサーマル裁判の会/広瀬隆 佐賀講演会実行委員会
■連絡先:090-3325-0651(於保)070-6432-3507(荒川)
★第一部 12:30〜13;20  裁判の会活動報告会
☆第二部 13:30〜15:30  広瀬隆氏講演会
        15:30〜16:00 質疑応答

みなさまへ   (BCCにて)松元
永岡さんから、小出先生の国会証言です。
=========
 永岡です、今日小出先生が国会で15分ほど証言されました。
ネットを見たら映像・音声がここにアップされていました。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/23/sangiin-may23/

 これを聞き、例によりまとめました。私も同感です、皆さん、これを広めてください!
 (お話の概要)
 小出先生、原子力に夢を持ち入ったが、貧弱なエネルギーであり、石油の埋蔵量は60〜70年、石炭は800年、天然ガス、オイルシェー
ルもあります。化石燃料の枯渇を心配していたら、ウランは石油の数分の一、石炭の数十分の一しかないのです。核分裂性のウランの
みですが、推進派はプルトニウムがあると言うものの、ウランを掘って加工し燃やす、原子力は、エネルギー資源になりません、

 プルトニウムを使い、核燃料サイクルを利用したらいいと推進派は言っているものの、廃棄物処理がいる、プルトニウムは燃料を再
処理して増殖炉に引き渡すものの、増殖炉は出来ない、日本の高速増殖炉は破綻しました。高速増殖炉がいつ実用化するかを書くと、
1968年の計画で、80年代全般に実用化といい、しかし、90年前後と後退し、2000年前後として、最後の改定で2010年とやって、実用化
ではない、技術体系の確定もダメ、次の長期計画で、年度すら示せなかったのです。

 その後、2050年に1基目の高速増殖炉を作りたいとしたのです。目標が逃げていく、10年たつと、目標が20年先になり、絶対に届かな
い、永遠に届かないのです。こういう長期計画を作ってきた原子力委員会、他は責任を取らず、もんじゅに1兆円使った。1億の詐欺で1
年の実刑だから、1兆円の詐欺なら、1万年の実刑なのです。100人なら一人100年の実刑なのです。誰も、責任を取っていません。

 今進行中の福島の事故、原発は膨大な放射能を扱います。広島原爆のウランは800gで広島壊滅ですが、原発にはウランは一つに1年で
1トン!燃やすのです。それだけの核分裂生成物が出ます。

 原発は機械で、故障するのは当たり前、どんなに事故が起きて欲しくなくても、破局的な事故は起こるのです。で、推進側は破局的
な事故は起こらない、「想定不適当事故」と言って処理してきたのです。たくさんの壁があると言う事で、重要なものは格納容器、こ
れがいついかなる時も放射能を閉じ込めるとしているのです。これが「絶対に壊れない」と言っていたのですが、今破局的な事故が進
行中であり、どうやって行政が向き合ってきたか、防災は危険を大きく評価しないといけないのに、過小評価して、事故を小さく見せ
てきた、最後にレベル7とした、避難区域も「万一」のために3kmだったのが、次に「万一」と10kmにして、そして20kmにした、どんど
ん後手後手なのです。パニックを避けるのは正確な情報なので、政府が信頼を受けるのに、日本の行政は危機的な情報を隠してきたの
です。SPEEDI、20億円かけたものを住民に隠していたのです。

 誰の責任か明確化せず、労働者、住民に被爆を強いています。本当にこんなことをやっていていいのかと思うのです。
 福島の本当の被害を考えると、途方に暮れます。福島全域を放棄しないといけない、それをしないならば被爆限度引き上げ=住民の
被爆であり、一次産業は崩壊、住民は崩壊します。東電に賠償をさせても足りない、何度倒産しても足りない、日本国が倒産しても足
りない被害なのです。
 ガンジーが7つの社会的な罪と言っており、理念なき政治、労働なき富、道徳なき商業=東電、人間性なき科学、などがあるのです。
以上で終わります。
 <小出先生の科学者としての人間性を再認識しました。よかったです。小出先生、国会出席お疲れ様でした。>

小坂正則(脱原発大分ネットワーク事務局長)さんから:
5月26日は九電本店交渉に集まろう
 いま、九州電力の6基の原発の内、3基が止まっています。プルトニウムを燃料とした玄海3号機は昨年12月9日に原因不明の放射
性ヨウ素131漏洩事故で止まったままです。そのほか玄海2号機に川内1号機は定期点検で止まっています。特に玄海3号機は福島第一
原発3号機と同じプルサーマル運転の大変危険な原発で、福島では燃料がメルトダウンして大量のプルトニウムが環境に放出されまし
た。
 福島第一原発の電源喪失事故は燃料棒が一部崩壊していると東電も国も説明していましたが、事実はメルトダウンしていたことを
2ヶ月後の今ごろ認めました。また、下記の記事のように、1号炉は地震後急激に炉心の水位が下がり、冷却水喪失から破局的な事故
になったと東電も認めています。

福島1号炉は地震によりメルトダウンを引き起こした     共同通信5月15日

 3月11日夜、1号機の状態を確認するため作業員が原子炉建屋に入ったところ、線量計のアラームが数秒で鳴った。建屋内には高線
量の蒸気が充満していたとみられ、作業員は退避。線量計の数値から放射線量は毎時300ミリシーベルト程度だったという。
 1号機では、津波による電源喪失によって冷却ができなくなり、原子炉圧力容器から高濃度の放射性物質を含む蒸気が漏れたとされ
ていたが、原子炉内の圧力が高まって配管などが破損したと仮定するには、あまりに短時間で建屋内に充満したことになる。東電関係
者は「地震の揺れで圧力容器や配管に損傷があったかもしれない」と、津波より前に重要設備が被害を受けていた可能性を認めた。
 地震による重要設備への被害がなかったことを前提に、第1原発の事故後、各地の原発では予備電源確保や防波堤設置など津波対策
を強化する動きが広がっているが、原発の耐震指針についても再検討を迫られそうだ。

玄海1号炉の運転停止を求めよう

 東電の運転員の証言や原子炉の水位が数時間で5メートルも下がって燃料棒が剥き出しになるなど、地震で再循環ポンプが破断し、
大量の放射能と水蒸気が放出された結果メルトダウンしたことが証明されました。ところが福島原発1号炉を襲った地震は想定内の地
震でした。このことから全国の原発が同じような再循環パイプなどの破断による大事故に陥る可能性が高いのです。とりわけ玄海1号
炉のような老朽原発はすぐにでも止める必要があります。福島原発事故の真相が明らかになったことによる大事故の危険性や夏場の計
画停電などの交渉を持ちます。ぜひ多くの方が一緒に九電の説明を聞きましょう。

日時:5月26日 13時〜15時まで 九電本店前にて座り込み
                     15時より交渉17時から18時ころ終わる予定
呼びかけ団体 九電の原発廃炉を求める連絡会
 構成団体(脱原発ネットワーク・九州、九州電力消費者株主の会、脱原発大分ネットワーク、玄海原発プルサーマル裁判の会、
反原発かごしま・ネット、宮崎の自然と未来を守る会、原発なしでくらしたい水俣、上五島受入支援の会、
原発とめよう!九電本店前ひろぱ) 

唐津市・鍵山さんから:
青柳様

雨の中ご苦労様です。
なかなかそちらへ行けませんが、原発がなくなる日を願っております。
ご存知かも知れませんがこのような動画がありました。
岩手県葛巻町のクリーンエネルギーによる発電の様子です。↓

ワールドビジネスサテライト
http://www.tv-tokyo.co.jp/nms/features/post_1729.html
町民の意識が高いんでしょうね。
九州の人たちにももっと知ってもらわねばと思います。
もし既出であればスルーしてください。
また今度顔出します!
--
筒井修(福岡地区合同労働組合)さんから:

5月8日の反原発サウンドデモに結集された皆さん。
5月8日ご苦労様でした。
でも、この日のデモについて、警察がいろいろ文句を付けていました。
「荷台に人が乗っている」ことを理由に、公園からトラックを出させませんでした。
このため、デモの出発が遅れ、DJの異例のカニの横歩きを強制されたのです。
この警察の文句に反撃するため、道路使用許可に対する異議申立をしようと思います。 

警察は、法の執行官のくせに、こうした法的手続きをめっぽう嫌がるのです。
異議申立は、簡単なことです。
異議申立書を公安委員会(警察の監督機関)に提出すればいいだけです。
異義申立人になる資格は、当日のサウンドデモに参加をし、警察の過剰警備に文句がある人なら誰でもなれます。
署名感覚で、気軽に名前を連ねてみませんか。
異義申立人の数が多いほど、警察は嫌がります。
異義申立人になってもいいと思う人は、次のアドレスまで、住所、氏名、年齢を送って下さい。
fukuoka_goudou at ybb.ne.jp

異議申立の素案を添付します。皆さん。色々な意見をお寄せ下さい。
知恵を寄せ合って、異議申立書を完成、提出していきましょう。

いのうえしんぢ さんから:

筒井さん、異義申し立ての準備、ありがとうございます。
少しだけ補足させてもらうと…

「音響機材を積んでDJを荷台に載せる」という道路使用申請を
ちゃんと事前に取っていたにも関わらず、5/8当日のデモ出発
時になってはじめて警察が
「荷台に乗ってはいけない」「スピーカーの積み方がダメだか
ら走らせられない」と妨害してきたのです。
そりゃ話が違うとスタッフがもめている間に、DJ陣が機転をき
かせて、スピーカーを急遽無理矢理積み直して、乗るはずだっ
たDJもトラックと並走しながら機材を抱えて機材を操作すると
いう「カニ歩きDJ」になりました。

後日、中央署に行って抗議し、中央署主催の道路交通法説明会
でも埒があかないために、異義申し立てをすることになったと
いう経緯があります。

もう「終わったこと」と、うやむやにせずにキッチリひとつず
つ積み上げていきたいと僕は思っています。
これは、今後警察側からの妨害のないように。そして、自分た
ちだけでなく、5/8で集まったような様々なスタイルで社会運動
をやっていく人たちのため、僕らの後に続いていくだろう人たち
のための大切なアクションです。
「法」とは国会議事堂かどこかにぶらさがっているものでは、
ありません。「権利」は自分たちで勝ち取っていくものです。
ご協力をよろしくお願いします。

うたのあや さんから:
☆九州で、脱原発に向けて活動されてこられた方々、
☆先日、5月3日の会議と5月18日九電交渉の際にお会いし、連絡先を交換した方々、
☆その他、私の周囲でこの動きに賛同してくれそうな方々、
へ、お送りしています。同報送信で失礼いたします。

上五島の うたのあや です。

お会いしたときにすでにお話した方もいますが、福島原発事故を受け、私たちは大きな転換期を迎えています。
とくに原発に関しては、今止めなければいつ止める?というほどの機会です。

みなさま、これまで「環境」「食」「農業」「政治」「エネルギー」「平和運動」「南北問題」そして「脱原発」など(私も3つ以上は
当てはまりますが)、各地でさまざまな、しかし同じ方向性をもって少数派として活動してきたと思います。
しかし、これからは、私たちが多数派にならなければならない。
そのためのよびかけです。

おたがいに立場や表現方法の違いを超えてゆるやかにつながり、共感と共通認識を持って同時多発的に行動し、そのことによって社会
を変えていきましょう。
そのファーストステップが九州の原発の運転停止→廃炉ではないか・・・この点では目標を共有できるのではないかと思います。

またその、廃炉・脱原発に向けてオール九州で、まずはじめに過去最大の意思表示をする日として6月28日の九電株主総会がもっとも効
果的なのは間違いありません。
3.11後初の、電力会社の意思決定の場です。

この日、それぞれの考え方とそれぞれの方法で、ただ、日時だけを九電株主総会の日に合わせて、できれば九電本社前でアクションを
起こす。そしてそれをきっかけに社会を変える行動を緩やかなつながりの中で進めていく。そういう構想です。

今後、お互いの連絡・情報共有が必要ということで、5月3日の顔合わせを受けてメーリングリストが作成されています。
賛同いただける方、興味のある方、まずはつながってみませんか。

メーリングリストへの参加は、私うたの、または只今の管理者足立力也さん
costaricky at adachirikiya.com
まで、「メーリングリストに参加するアドレスを明記して」メールをください。
freemlから招待が届きますので、指示に従って登録をお願いします。

このメールは転送自由です。「この人は」と思う人がいたら誘ってみてください。
ネットワーク拡大にご協力お願いいたします。携帯の方は長いメールになってすみません。
ご不明な点ありましたらいつでも、うたのまで、お問い合わせください。
歌野 礼 / UTANO AYA 自宅:〒853-3321 長崎県南松浦郡新上五島町鯛ノ浦郷85−37
mail: utanoaya at yahoo.co.jp Tel&Fax:0959−42−3427
携帯:080-1703-3786 mail: vallegrande28-10 at docomo.ne.jp

佐藤祐也(神奈川県)さんから:
アオヤギ様

先ほどは貴重な情報を教えて頂きありがとうございました。
佐藤祐也と申します。

私どもは神奈川県川崎市在住の有志です。
団体と呼べる体裁では全くないのですが
20代〜40代の原発に反対する仲間で意見を交わしています。
基本的に原発は全廃したいとうのがメンバーの相違です。
九州と川崎で少し距離はありますが気持ちは同じかと思います。
ぜひ今後ともよろしくお願い致します。

★☆
■・5月26日(木)第3回目九電交渉(第3回目) 
         第1回目・4月20日、第2回目・5月18日
当日の行動
13:00 九州電力州電力本店前集合・座り込み行動。
  つづいて「九電の原発廃炉を求める連絡会」世話人で事前打ち合わせを行います。
14:00から本店前アピール行動(1時間)
15:00交渉、及び、本店前行動。
 17時交渉終了、簡単な反省会、打ち合せ。

九電交渉内容要点
1、福島原発震災関係(1〜5)、「想定外」の事故の可能性について。
・地震で鉄塔が倒壊し、福島と同じように外部電源が断たれる可能性
・台風の直撃と津波が重なる可能性
・地震動による配管破断の可能性など、想定することはできないか?
・マグニチュード7.3の直下型地震は想定できないか?など
2、電力需給関係(6)
・5.18の交渉を踏まえて、さらに詰めましょう。眞部社長も記者会見してますし。
3、老朽原発問題(7)
・玄海1号機の脆性遷移温度が98度であったことが明らかになったわけですが、この件については、はじめての交渉となります。
・他の原子炉の脆性遷移温度の推移についても聞いていますので、比べましょう。
・「60年運転の場合91度と換算され」の根拠をデータで出させることが重要です。
4、川内増設関係と避難計画(8、9、10)
・米国では電力会社は想定する避難計画について、州政府が承認しないと原発を動かすことはできません。現に、一度も動かないまま
廃炉になった原発もあります。福島の事故を踏まえた避難計画について問いただしましょう。

 ___★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★☆___

  九州電力へのアピール・座り込みテント「ひろば」は
     続けます。毎日 午前10時から 宿泊・寝泊まりはありません。

 場 所:九電本店前 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82  

【呼びかけ人】(5月23日11名)      
瀧山ちひろ/西純代・水俣病被害者互助会/西ミス・津奈木甘夏生産者の会
西隆・津奈木甘夏生産者の会/仁野賢生/山田勝春/石川捷治・久留米大学法学部
諌山貢太郎・久留米大学/佐藤裕也・神奈川県/藤原紀代子(核・ウラン兵器廃絶キャンペーン福岡)
服部多都子(核・ウラン兵器廃絶キャンペーン福岡)  (5月23日現在総数645名) 

* なお、もしも記載漏れの方は恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。   
   ★引き続き ★呼びかけ人を募集しています。  
     目標の1000名まで、皆さんと一緒に呼びかけ、★原発とめよう! の
   輪をひろげていきまょう。
 (メールでの賛同方、 kobayan1594 at yahoo.co.jp 小林まで)
  お願いです。未だに膨大なメールの嵐が続いています。
  メール送信の件名に ひろば賛同★と記してくださると助かります。 
 「ネット上でお名前掲載に支障のある方はご一報ください。」

★☆気力と体力そしてお金の続く限り、テント村ひろばを続行します。
★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆
★☆ ひろぱ・ 訪問感想記等メールをお待ちしています。  

6月5日(日) 広瀬隆 福岡講演会
       フ ク シ マ は 今
        玄海原発は大丈夫?

↓ツイッター/携帯用メール広報文
【福岡】フクシマは今。玄海原発は大丈夫? 6月5日(日) 18:30〜広瀬隆 講演会/
福岡市中央市民センター(http://bit.ly/adPuPZ)/前売¥1,000/
電話予約受付中TEL.090-1324-8588(ひろば)

Twitter フェイスブック ミクシー で拡散してくださる方は、
以下をお使いください。【拡散希望】
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆毎日午前10時間〜
    ♪ みなさん、一緒に座ってみませんか ☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内