[CML 009784] 退会の件

吉川ひろし h-yosikawa at jcom.home.ne.jp
2011年 5月 23日 (月) 17:18:46 JST


管理者の方へ
本MLを都合により退会します。
長い間お世話になりました。
管理者の方は私の大会手続きを
お願いします。

吉川ひろし(無所属市民の会)
千葉県柏市高田754−24
電話・FAX 04−7144−0073
携帯 090−4176−5421
メール h-yosikawa at jcom.home.ne.jp
ブログ http://yoshikawahiroshi.blog61.fc2.com/

----- Original Message ----- 
From: "Toshio Ochi" <tochi at nuis.ac.jp>
To: "市民のML" <cml at list.jca.apc.org>
Sent: Monday, May 23, 2011 1:45 PM
Subject: [CML 009781] 市民文化フォーラム研究シンポジウム(6/4) 原発震災と市民


> 市民文化フォーラムでは「原発震災と市民」をテーマに、菅井益郎氏と
> 新藤宗幸氏を講師に迎え、6月4日(土)に研究シンポジウムを開催し
> ます。ぜひご参集ください。以下、シンポジウム概要です。
>
> 越智敏夫(市民文化フォーラム)
>
> ----------------------------------------------------------------
> 市民文化フォーラム6月研究シンポジウム
> 「原発震災と市民:福島第一原発事故から何を学ぶか」
>
> <主旨>
> 3月11日午後に岩手・宮城・福島など東日本を襲った過去最大級の地震
> と津波は、死者・行方不明者が2万人を超え、復旧は遅々としています。
> 加えて福島第一原発事故は現地の住民のみならず、日本全体を混乱に陥
> れ2カ月経た今なお避難解除の見通しは立っていません。「原発安全」
> は神話でしかないことを世界中に見せつけました。原発事故は国・東電
> の言う 「想定外」 という言葉では済まされない 「人災」 です。それは国
> 策として推進してきたエネルギー政策の破綻を意味しています。
>
> 今回の原発震災から私たちは何を学ぶのか。また、いま何を考えるべき
> なのか、何ができるのか。40年間原発反対運動を続けている菅井益郎氏、
> 常に自治の観点から発言をしてきた新藤宗幸氏を招き、皆さんと一緒に
> 双方向の討論をしましょう。ご参加下さい。
>
> <講師・演題>
>  菅井益郎(国学院大学・市民エネルギー研究所)  
>   「福島原発報告―過去の公害の歴史から学ぶ」
>  新藤宗幸(東京市政調査会)
>   「復興と情報公開問題」
> (他、現地報告を予定)
>
> 日 時:6月4日(土) 14:00〜16:30(開場13:30)
> 会 場:日本教育会館702号室
>     地下鉄「神保町」「竹橋」「九段下」より徒歩5分
>     (千代田区一ツ橋2-6-2 03-3230-2831)
> 参加費:一般1000円/学生500円/高校生以下無料
> 連絡先:市民文化フォーラム(千代田区神田神保町2-20 第二富士ビル)
>     042-422-2547 / 045-317-3325  info at cc-forum.org
>
>
> 



CML メーリングリストの案内