[CML 009767] 【報告】第32日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろぱ★毎日・午前10時から〜Fwd: ★原発とめよう!九電本店前ひろぱ★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 5月 22日 (日) 09:19:32 JST


青柳です。5月22日。
複数のMLと知人・友人にはBCCでお送りしています。重複の場合は大変失礼します。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第32日目報告
http://nonukes.exblog.jp/
呼びかけ人 (5月20日現在総数628名) 
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html

雨が断続的にスコール状況の中で、春日市から
小学校 5年生の楓那(かな)がお母さんと一緒にきて、
チラシ・重ね合わせ、配布、署名を ★原発とめましょう!
と呼びかけ下さいました。(青柳・コメント)

横田 さんから:
青柳様
雨の中 お疲れ様でした。
今日もまた たくさんのいい出会いがありました。
元気いっぱいの小学生。
講演会のチケットを買ってくださり、カンパをしてくださった青年。
太宰府の 「梅が枝餅」をたくさん持ってきてくれた方。
チベット大好きの女性カメラマン。
なかなか の ひろば です。
 今日は 「雨の九電前 テント村」 です。
あんくるトム工房  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1261
静かな 九電前を おたのしみください。
                           
高校生 岡田しおりさんから:
一斉送信ですまん・ですけれど、今日も1日がんばりましょう・
…以上です(笑)


中村浩介さんから:
青柳さん
雨で大変だと思います。明日の日曜日は大丈夫そうですか?応援に行こうと思います

原 豊典 さんから:
皆様
18日の交渉について飯塚の秦さんから電話が有りました。
いろんな九電の対応に関する不満・批判を言われていました。
公安が10人くらい来ていたそうです。
その中で、外人記者が一人居たが、「入室はダメだ」と言われて、入れなかった、そうです。

私自身、外人記者が居たことは、目撃しています。
これは、明らかな差別だと思います。

これを含め、九電の隠蔽性に対する新聞への投稿をしてください、と秦さんにお願いしました。
こういうMLでいくら、不満・批判を言っても、社会に、世論に影響を与えないと無意味なので
皆さん、是非、投稿をお願いします。

冨久亮輔さんから: 
青柳行信 様
5月16日(月)から20日(金)までの「9条改憲阻止の会」の国会前
座り込みも昨日で無事終了し、今日は座間基地へデモに行きます。
今日も五月晴れですので気持ちよく汗がかけるでしょう。

座り込みでは「福島電発廃炉」「浜岡原発廃炉」「全ての原発廃炉」
をテーマに行いました。天気は良かったのですが放射線を気にしてか、
人出は昨年の座り込みより幾分少なかったような気もします。
たぶん修学旅行の高校生でしょう……、手を振ってくれたのが印象に残りました。

鹿児島 ♪小川みさ子と仲間たち♪ から:
脱原発アニメを紹介します。ネタ元が、何と広瀬隆さん、藤田祐幸さんです。
と〜っても解りやすく、一つが短いので気軽にご覧頂けるので広めて〜♪

1. 『源八おじさんとタマ001』(原発なくても電気は大丈夫)
http://www.youtube.com/watch?v=OzGnBFNU1bI
2.『源八おじさんとタマ002』(二酸化炭素と温排水)
http://www.youtube.com/watch?v=RBw_nfQ_glQ
3.『源八おじさんとタマ003』(放射性廃棄物)
http://www.youtube.com/watch?v=pFUKKLkN1nE
4.『源八おじさんとタマ004』(地震)
http://www.youtube.com/watch?v=QpLPFXG1bLg
5.『源八おじさんとタマ005』(津波)
http://www.youtube.com/watch?v=ExkDeqHl_tc
------------------------------------------------
全部観ても、合計10分もあれば用が足りるのです。ニャオ!

 ___★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ ★☆___

  九州電力へのアピール・座り込みテント「ひろば」は
     続けます。毎日 午前10時から 宿泊・寝泊まりはありません。

 場 所:九電本店前 
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
     福岡市中央区渡辺通2丁目1−82  

【呼びかけ人】(5月21日17名)      
梅田順子/前田治義/紫村新之助/田上雄己/溝口弘志/樋口直岐
/長崎千夏/石橋正基/中里祥子/長田篤利/木原崇晴/江頭秀明
/谷口多喜男/鹿毛知/冨田浩平/中田左介/前村裕美
   (5月20日現在総数628名) 

* なお、もしも記載漏れの方は恐れ入りますが再度ご連絡をお願いします。   
   ★引き続き ★呼びかけ人を募集しています。  
     目標の1000名まで、皆さんと一緒に呼びかけ、★原発とめよう! の
  輪をひろげていきまょう。

 (メールでの賛同方、 kobayan1594 at yahoo.co.jp 小林まで)
  お願いです。未だに膨大なメールの嵐が続いています。
  メール送信の件名に ひろば賛同★と記してくださると助かります。 
 「ネット上でお名前掲載に支障のある方はご一報ください。」

★☆気力と体力そしてお金の続く限り、テント村ひろばを続行します。
★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろばの上映会は適時。
★☆ ひろぱ・ 訪問感想記等メールをお待ちしています。  

Twitter フェイスブック ミクシー で拡散してくださる方は、
以下をお使いください。【拡散希望】
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆毎日午前10時間〜
    ♪ みなさん、一緒に座ってみませんか ☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      街頭上映会:九電前広場青空映画館開設・適時放映 

集会ご案内

□□□□□□□□□□□転送歓迎□□□□□□□□□□□

       フ ク シ マ は 今
        玄海原発は大丈夫?

      6月5日(日) 広瀬隆 講演会

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

↓ツイッター/携帯用メール広報文
【福岡】フクシマは今。玄海原発は大丈夫? 6月5日(日) 18:30〜広瀬隆 講演会/
福岡市中央市民センター(http://bit.ly/adPuPZ)/前売¥1,000/問
合TEL.090-1324-8588(ひろば)


「2011年非核と平和のつどいin福岡」開催

開催日時  2011年6月25日(土)10時〜16時
会 場   西南学院大学 チャペル
            (福岡市早良区西新6−2−92)
      :地下鉄西新駅下車5分
規 模    500名 
企画 □全体企画・・記念講演 秋葉忠利氏(広島前市長)
       平和コンサート(オカリナ演奏)
       被爆体験語り部 
   □エントランスホール企画・・原爆パネル展、各種平和展示、その他
   劣化ウラン弾による被害の実相   青年企画

主 催 「非核と平和のつどいin福岡」実行委員会
    (事務局団体:非核の政府を求める福岡県の会)
   (事務局)〒812-0011福岡市博多区博多駅前1-19-3博多小松ビル2階
    (福岡民医連内)電話092-483-0431、fax092-483-0435、
    事務局担当 内藤美弥子  eメールnaito@f-kenren.or.jp

開催主旨 
2010年5月に開かれた核不拡散条約(NPT)再検討会議では、具体的な期限は削除
されたものの、「核兵器のない世界の平和と安全
の達成」で一致。核兵器保有国が自国の核兵器の完全廃絶を実行することを確認しま
した。
今回のNPT再検討会議には、被爆者をはじめ世界各地から核兵器廃絶を求める市民
が結集しました。被爆者の「再び被爆者をつくっ
てはならない」の訴えを原動力に、核兵器禁止・廃絶条約の交渉・実現を求める新た
な段階に入ろうとしています。
核兵器禁止・廃絶条約の交渉開始を求める署名に取り組み、再検討会議に提出した署
名は、1522名の知事、市長、副市長、地方議会議
長、副議長を含め、約690万筆に達しました。その後も署名は引き継がれ,717万
筆を越えています。「核兵器が廃絶されるとき世界
はあなた方に感謝する」との潘基文国連事務総長の言葉は、核兵器の廃絶をめざす多
くの政府とNGOとを励ましました。
包括的核実験禁止条約(CTBT)の署名国が176ヶ国、批准国が125ヶ国に広がっていま
す。
2010年原水爆禁止世界大会は、NPT再検討会議のニューヨーク行動の成果を踏ま
え、「核兵器のない世界を現実のものにしよう」と
の決意があふれる大会となりました。広島の秋葉市長も来賓として出席され、平和市
長会議として2020年核廃絶ビジョンの実現に
向けての明確なプログラムと決意を語るとともに、被爆国日本に核廃絶に向けての
リーダーとしての役割を果たすこと、核保有国政府
に核兵器禁止の呼び掛けをするよう、強く求めました。
広島・長崎の原爆投下で、約20万人が命を奪われ、生き残った人々も後遺症に苦しめ
られ、その苦悩は65年を経た今も続いていま
す。
私たちは、今回の再検討会議により広がった世界的な核兵器廃絶の努力を確信とし、
核兵器全面禁止のための取り組みをさらに大きく
発展させていきます。

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
   青柳 行信
 電話   080-6420-6211
Eメ−ル:y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
***********************************


CML メーリングリストの案内