[CML 009752] Re: ■〔フクシマNEWS〕 「ベント」システムの 欠陥 米エンジニアが5年前にNRCに通報

naganotakenoko928 at yahoo.co.jp naganotakenoko928 at yahoo.co.jp
2011年 5月 21日 (土) 10:57:37 JST


中田さま
  豊間根です
  いつも情報ありがとうございます
  補足としてベントについてのFRIDDAY4.15号の記事を転載します。
    ::::::::::::::::::::::::::::

  疑われる最大の危機 福島第一原発「再臨界」の可能性

    
  
  [前略]政府と東電は国民の眼前で、放射性物質の拡散を公言し、実行している。

   「今後(原子炉の水蒸気を排出する)ベントの可能性はある」

 
  枝野幸男官房副長官(46)は3月29日の参院予算委員会でこう発言した。ベントとは、炉内の圧力を下げるために行なう排気である以上、放射性物質を拡散する行為でもある。過去、GE(ゼネラル・エレクトリック)原子力事業部極東東京支社に勤務し、東海原発2号機、福島第一原発6号機の建設に関わった菊地洋一氏は
、こう警告を発する。

 
  「よくニュースなどでベントから圧を逃がすという話を聞くが、国民はハッと気づかないといけない。チェルノブイリの事故のとき、『日本の原発は、万が一事故が起きても格納容器があるから放射能を一切外に出しません』と謳<うた>っていたんです。しかもベントは国際機関の勧告があって世界中の原発が取り付ける中、日
本の技術は優秀だ取り付けを渋った経緯があります。

   ベントから逃がす空気は、放射能に汚染されています。ヨーロッパではベントの先に施設をつなげて放射性物質を除去し、その後に大気中に放出する。日本では、簡単なフィルターしかありません。途端に周囲の放射線レベルが上がることも国民に知らされてはきませんでした」 [後略] 

   

  

中田妙佳 <gukoh_nt at yahoo.co.jp> wrote:
  中田です。
メールをいつもありがとうございます。 重複おゆるしください。

■■米国ミネソタ州の原発のエンジニア2人が「フクシマ」と同じ型のGE社製の「ベント」システムには重大な設計上の欠陥があることを、5年前に米原子力規制委員会(NRC)に通報してしていた (ニューヨーク・タイムズ)


(以下)拡散転送歓迎


******************************************


机の上の空 大沼安史の個人新聞
2011-05-19


■〔フクシマNEWS〕 「ベント」システムの欠陥 米エンジニアが5年前にNRCに通報
   http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/05/post-ceab.html


 ニューヨーク・タイムズは18日、「フクシマ・ダイイチ」の「ベント」システムが自動的に作動せず、手動でもバルブを開けることができなかった問題を追究する続報記事を掲げた。

▼ それによると、米国ミネソタ州の原発のエンジニア2人が「フクシマ」と同じ型のGE社製の「ベント」システムには重大な設計上の欠陥があることを、5年前に米原子力規制委員会(NRC)に通報してしていたことが、新たに判明した。

 ▼NRCに通報したエンジニアの一人、アンソニー・サラック氏は、「ベント」システムは電源に頼るべきでない、と指摘していた。非常事態においては停電することが考えられるからだ。

 「フクシマ」では実際、こうした事態が生じたわけだ。

 サラック氏は薄い鋼板でできた「破裂盤(rupture disk)」のような、一
定の炉内の圧力で自動的に破れるものにすべだと主張したが、電力会社から受け容れられず、退社することになったという。 

 この「破裂盤」については、原発業界から「いったん破れてしまったら、閉じることができない」といった反論が出ている。

 ニューヨーク・タイムズの記事によると、「フクシマ」は「ベント」システムが試練にさらされた初めての事故。

 NRCのスポークスマンは、「フクシマ」の事故の教訓にまなび、「ベント」システムを「よりパッシブ(受動系)」のものにして「リスクを低減する」いくつかの方法を考え出してはいるが、そのうちのどれを採用するか、絞り込んではいないという。

⇒ http://www.nytimes.com/2011/05/19/science/earth/19nuke.html?_r=1&emc=tnt&tntemail1=y

▼ 大沼: GEの「ベント」システムに問題があるとわかった以上、日本でも同じシステムを設備した原発は止めて、至急、対策をとるべきではないか?

 NRCと連携し、「リスクを低減する」他の方法を採用すべきではないか?

▼ 本ブログですでに紹介したように、ニューヨーク・タイムズの指摘で、「フクシマ」では電源ストップで制御室からのコマンドが効かず、「手動」でもバルブを開けることができなかったことが分かったわけだから……。


*********************************************** 


 


CML メーリングリストの案内