[CML 009726] 5・18署名提出行動(第2次)速報

FURUSHO furusho at mail.hinocatv.ne.jp
2011年 5月 20日 (金) 01:10:17 JST


古荘です。

Bccでお送りします。(2011.5.19 地震・原発災害(16))
転送・転載して広めてください。


●5月18日、第2次の署名提出と院内集会速報です。

1次(4月14日)と合わせて、2ヶ月弱で8万筆を超えました。
署名 継続します! 3次集約(締め切り):6月15日(水)

1)13:00〜  東電への提出   今回5/18   54,484筆
                (前回4/14   26,539筆)
             総計         81,023筆

2)15:00〜  内閣府への提出 今回5/18    54,788筆 
               (前回4/14    27,308筆)
                総計      82,096筆

3)16:00〜17:30	記者会見・院内集会  衆議院第2議員会館第7会議室
テーマ  「原発がなくても大丈夫なの?」
発言:山田 征 さん(ヤドカリハウス)
東井 怜 さん(東電とともに脱原発をめざす会)
青木一政さん(福島老朽原発を考える会(フクロウの会))
他

「これ以上、被害を福島に押し付けるのはイヤだ」「誰もが犠牲にならない社会
を」という思いで、3月21日に呼びかけた緊急署名を、たくさんの方々が転送に
転送を重ねてくださり、全国に広がりました。
署名活動の過程で、たくさんの熱い声に出会いました。
署名の提出を多くの方々とともに済ませ、署名の重みを届ける役目があると実感
し、2次提出の「要請書」に反映させました。
署名活動の過程で、たくさんの疑問・質問に出会いました。
私たちは、それらの疑問・質問を大切に扱い、話し合うきっかけにしながら、私
たちも学ぶきっかけにしようとしてきました。
最も多くぶつかった疑問が「原発がなくても大丈夫なの?」です。
これを今回の院内集会のテーマにしました。
署名活動は、私たちが福島に押し付けてきた過酷な現実を反省することから始ま
りました。
福島原発、全10基の「廃炉」を求めながら、福島の現実にも関わり続けよう、と
訴え続けたいと思います。

署名 継続します! 3次集約(締め切り):6月15日(水)


●院内集会でフクロウの会の青木さんから、21日と23日の集会参加への呼び
かけがありました。
次をご覧ください。
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/


●以下のDVDを取り扱っています

森の映画社が制作したDVD《原発震災・ニューズリール》No.1〜No.7(No.5, 6, 7 
はこれから発行/5月19日現在)、及び、OurPlanet-TVの制作した「子どもを襲う
放射能の不安〜学童疎開は必要か」を取り扱っています。

詳しくは、ウェブをご覧ください。
http://fukushimahairo.web.fc2.com/
福島原発の「廃炉」を求める有志の会


-- 
FURUSHO <furusho at mail.hinocatv.ne.jp>



CML メーリングリストの案内