[CML 009698] 5/28 (土)空港と原発──巨大科学技術を考える

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 5月 19日 (木) 02:42:28 JST


紅林進です。
   
  下記シンポジウムのご案内を転載させていただきます。
   
   
  (以下、転載)
   
  空港と原発──巨大科学技術を考える

 未曾有の東北関東大震災は、多数の死者とたいへんな被害をもたらして
  います。福島原発第一原発(1〜6号炉)と第二原発(1〜4号炉)では、炉心
  溶融、使用済み燃料冷却材喪失事故、水素爆発などをつぎつぎと引き起
  こして、予断を許さない危機的状況が続いています(3月21日現在)。
 三里塚の東峰地区では、巨大なジェット旅客機が90〜100デシベルの
  大騒音をまき散らしながら、1分半〜2分間隔で舞い降りてきています。
  農家の頭上わずか40メートルを、です。そして、強権的に一坪用地を
  巻き上げようとしています。
 巨大な科学技術は、私たちに何をもたらしているのかを見つめ直して、
  これからの未来を考えていきたいと思います。
  
  ★このチラシは3月22日につくったものです。緊迫した状況なので、
  変更があり得ることをご了承ください。

講 演 巨大科学技術の時代…………… 鎌田 慧さん(ドキュメンタリー作家)
報告1 福島原発で何が起きたか…… 伴 英幸さん(原子力資料情報室共同代表)
報告2 騒音直下の東峰から…………… 平野靖識さん(地球的課題の実験村)
パネルディスカッション 空港と原発──巨大科学技術を考える

司会 大野和興(農業ジャーナリスト)
  パネリスト 鎌田 慧さん、伴 英幸さん、平野靖識さん、柳川秀夫さん
         (三里塚の農民)、石井紀子さん(三里塚・東峰の農民)

日時:5月28日(土)/開会2:00(開場1:30) 閉会4:50
会場:コア・いけぶくろ(豊島区民センター) 5階・音楽室
   東京都豊島区東池袋1-20-10  電話:03-3984-7601 
     JR山手線池袋駅東口下車 徒歩約5分
     http://www.toshima-mirai.jp/center/a_kumin/#nav_access
資料代:500円
主催:成田プロジェクト(「いま成田空港で何が起きているのか」プロジェクト」)
  〒113-0033 東京都文京区本郷3-13-3 三富ビル ペンの事務所気付
   電話 03-3818-1835 ファクス 03-3818-9312 
     メール narita-pj at pen.co.jp
 


CML メーリングリストの案内