[CML 009660] 【資料情報】ICRP1990-2007早見対照表

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 5月 17日 (火) 14:46:40 JST


ni0615 です
 
日本の放射線防護の法制は
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国際放射線防護委員会ICRP1990勧告
  ↓                 ↓
放射線審議会         原子力安全委員会(内閣府)
  ↓                 「原子力施設等の安全対策について」(防災指針)
経済産業省系法律・省令・告示
      安全保安院
文部科学省系法律・省令・告示
厚生労働省系法律・省令・告示
 
                ↓
          官邸 原子力災害対策本部
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
これらによって、
「職業的線量限度」「公衆の線量限度」「放射線管理区域」「避難・退避の線量レベル」「ヨウ素剤投与の指標」
「飲食物制限の暫定基準値」などがきまっており、実行されることになっています。
つまり、ICPR1990を土台にした法体系なのです。
国民はその下に組み込まれています。
ICPR2007との整合性をとるには、法改正などあと数年はかかるでしょう。
 
そこには、「公衆の安心限度100mSv」とか、
学校の「開校規準20mSv」など何処にもありません。
つまりそれらは、法体系の違反、令外の官です。
 
そこで違反者は、理屈の上でいろいろと紛れを求めてきます。
 
1、そもそもICRPが過大に保守的な数値を決めてけしからん。
2、ICRPの「本心」は100mSvまで安心
3、新しい勧告2007には「100mSvまでOK」と書いてある
 
1は違反者の本心で、2と3はウソ。
でも、新しい勧告2007を知らない我々は、
2と3で、「もしかするとそうなのかなあ」と一瞬ひるみます。
 
しかし、基本は動揺しないことです。
法体系はICRP1990で成り立っているのですから。
仮に、ICRP2007を全く知らなくたって動じる必要はありません。
 
で、といいながら・・・・
ICRP2007を知れば、ますます動じなく成ることも知りました。
 
良い情報が入ったのです。
放射線審議会の資料で、ICRP1990とICRP2007の対照表です。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/housha/sonota/__icsFiles/afieldfile/2010/02/16/1290219_001.pdf
私のブログのコメント欄で教えてくれた人がいたのです。
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2272320/
 
じつは、
放医研の島田という人が、NHKテレビなどで余りに酷いことをいうので、
ブログで少しお小言をいったら、
彼の弁護をする人が現れてくれまして、
私とのヤリトリの中で教えてくれたのです。
 
対照表、
一応目を通しておけば、あいての詭弁に動揺しなくなります。
 
拙ブログでのヤリトリも、
面白いですから、ぜひ読んでください。
「100mSv]派とのしばし討論です。
もっと「100mSv]派あつまってこいよー。
 
拝
  		 	   		  


CML メーリングリストの案内