[CML 009659] フィリピントヨタ労組を支援する愛知の会、記念講演会のお知らせ。

服部 一郎 kamitotomoni at yahoo.co.jp
2011年 5月 17日 (火) 13:42:38 JST


重複失礼します。
一橋大の服部です。 
僕も参加しておりますフィリピントヨタ労組を支援する愛知の
会が5月28日に総会を行います。その際ILO前理事の中嶋滋
氏をお招きして講演会を開催します。こちらの講演会は誰でも
参加できますので、興味のある方はぜひご参加ください。 
フィリピントヨタ労組を支援する愛知の会 第8回総会記念講
演
日本の労働運動戦略を考える−ILO理事の経験を踏まえて
講師:中嶋滋さん(前ILO労働側理事) 
日時:5月28日(土)午後2時20分開場
場所:中京大学文化市民会館(旧名古屋市民会館)第一集会室
    名古屋市中区金山1-5-1 052(331)2141
    地下鉄名城線「金山」下車地下連絡通路あり
    JR中央本線 東海道本線「金山」下車北へ徒歩5分
参加費:500円
主催者:フィリピントヨタ労組を支援する愛知の会
     (連絡先)豊田市青木町5-10-26 田中方 090(1724)8881

トヨタは二三三名の組合員を不当に解雇し、合法的に結成され
たフィリピントヨタ労組との交渉を未だに拒否し続けています
。「国際労働基準が工場の門前で立ち尽くす」と言われる日本
の現実の中で今、労働運動がこれとどう取り組むかが問われて
います。そして、日本で非正規労働者が増え、労働者の人権が
ないがしろにされ続け、多国籍企業が発展途上国の労働者を低
賃金でこき使い、労働基本権を踏みにじっている現実を許さな
い闘いの再構築が求められています。中嶋滋さんはILO労働
側理事としてジュネーブで活躍され、以前にも九年間にわたり
ILO総会の条約勧告適用委員会にも参加されるなど、国際労
働運動に深く関わってこられました。今回、中嶋さんをお招き
して国際労働運動の中で、私たちが今後為すべきことを学ぶ機
会として講演会を企画しました。関心のある方はどなたでも参
加出来ます。皆様のご参加をお待ちしています




CML メーリングリストの案内