[CML 009648] 8月高校生が集うふくしま総文の事、BS世界のドキュメンタリーとETV特集再放送の事

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 5月 17日 (火) 00:39:45 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

市民社会フォーラム
(HP http://sites.google.com/site/civilesocoietyforum/
ブログ
 http://civilesociety.jugem.jp/)

のMLを通して

第35回全国高等学校総合文化祭の開催について
教えていただきました。

教えていただいたことを出発点に調べてみると


放射線に関することにつきましては、文部科学省のホームページにおいて、「放射能を正しく理解するために」等でお知らせしておりますので、参照していただきますようお願いいたします。

とのこと。

公告・プレスリリース


第35回全国高等学校総合文化祭の開催について
平成23年5月13日
 第35回全国高等学校総合文化祭福島県実行委員会

http://www.fukushimasoubun.gr.fks.ed.jp/press/kaisai/oshirase.htm

更新日:2011年05月16日(月)08時59分31秒


文中より
・・・
ふくしま総文につきましては、当初の予定どおりに開催することはできないものの、
これまで開催に向けて努力を続けてきた、全国及び本県の高校生の期待に応えるためにも、
開催が可能な部門において下記のとおり開催することといたしました。
・・・

・・・
 なお、開催が予定されている会場施設の所在地域は、

国が定めた

警戒区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域の対象となっておりません。

 また、放射線に関することにつきましては、

文部科学省のホームページにおいて、「放射能を正しく理解するために」
(※文部科学省のホームページの
東日本大震災関連情報
のページ
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/index.htm
の
重要なお知らせ
の項目に

放射能を正しく理解するために (PDF:239KB)

保護者の皆様へ (PDF:174KB)

などがあります。)

等でお知らせしておりますので、参照していただきますようお願いいたします。
・・・


・・・
情報の発信
大会情報、災害情報を配信するための、お知らせメールサービスを開設します(7月ごろ開設予定)。 
ツイッターでも情報を配信します 
福島県内の環境放射能測定値の最新データは下記から入手できます

→環境放射能測定結果・検査結果関連情報(福島県)
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=EF77FB5B7EFAA86131AB4CA2D678D9EF?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=23853

→福島第1及び第2原子力発電所周辺のモニタリングカーを用いた固定測定点における空間線量率の測定結果(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303747.htm

・・・



ふくしま総文とは
http://www.fukushimasoubun.gr.fks.ed.jp/about/index.htm


開催期間

平成23年(2011年)8月3日(水曜日)〜7日(日曜日)

開催会場・日程
http://www.fukushimasoubun.gr.fks.ed.jp/kaizyo/index.htm


とのこと。



国、日本政府が

安全と定めた基準を

信じ高校生、家族、応援者など、全国から福島県内から
集ってきます。


もし、
国、日本政府が

安全と定めた基準を

信用できない、と言って
開催の延期、中止、開催地の変更を求めたりや
不参加などの行動を起こす者は
風評被害を起こす者として、非難されるのでしょうか

政府が原発推進政策を進める日本にある東京電力の福島原発が事故後、放射性物質を流失し続ける事による被害であるのに、

市民どうしが規制し合う、対立させられてしまう事が起きてしまうのでしょうか。

市民どうしが対立させられ、被害への補償の責任がうやむやにされないようにし、

高校生への放射能への影響が
きちんと検証され、
国が安全と定める基準はどうなのか検証され、
高校生の健康と命と未来そして次世代を守る取り組みが
8月までもうそんなに時間がありません
早急に行われる必要があると思います。

高校生を守るため、
高校教員も検証にどんどん取り組んでいただけたらと思います。



(※上記の
第35回全国高等学校総合文化祭の開催について
の文中の

・・・
 今後、台風なども含め不測の事態の発生も想定されますことから、変更がある場合は、その都度開催等に関するお知らせをしたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
・・・

についてを

台風で放射性物質がさらに広範囲に広がってしまった場合
は中止せざるえない

と読んでしまいました。)



2011年5月15日(日)
ネットワークでつくる放射能汚染地図
 〜福島原発事故から2か月〜
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2011/0515.html


の動画90分が
YouTubeに7分割でアップされている事

http://tl.gd/ag5ujn


を教えていただいたことに続いて、

このETV特集が20日の午前1:30〜NHK総合で再放送予定であると
教えていただきました。
念のため
19日の新聞で再確認お願いします。

とのこと。





BS世界のドキュメンタリー 

BS1 :毎週火曜〜金曜 午前0時〜0時49分(月〜金曜深夜)

http://www.nhk.or.jp/wdoc/

で今週次の放送があります。

オンデマンドでも見れるそうです。

シリーズ 放射性廃棄物はどこへ
 放射性破棄物の処理方法が確立していないのは、日本だけではない。原発事故が起きる中、改めて放射性廃棄物の問題に迫る。


5/16(月)深夜
午前0:00〜0:50
BS世界のドキュメンタリーシリーズ 放射性廃棄物はどこへ「終わらない悪夢」(前編)
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/110516.html


5/17(火)深夜
午前0:00〜0:50
BS世界のドキュメンタリーシリーズ 放射性廃棄物はどこへ「終わらない悪夢」(後編)
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/110517.html

5/18(水)深夜
午前0:00〜0:50
BS世界のドキュメンタリーシリーズ
放射性廃棄物はどこへ「地下深く 永遠に〜核廃棄物 10万年の危険〜」
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/110216.html


シリーズ 四川大地震から3年
およそ9万人の犠牲者を出した中国・四川大地震から3年。肉親を亡くした人たちの心に寄り添った2本の作品を放送。

5/12(木) 失われた町で

5/19(木)深夜
午前0:00〜0:50
BS世界のドキュメンタリーシリーズ 四川大地震から3年「命をつなぐ」
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/110519.html



スタッフブログ
http://www.nhk.or.jp/wdoc-blog/200/

2011年05月15日 (日)今週は"シリーズ 放射性廃棄物はどこへ"!


によると


「チェルノブイリ25年」のシリーズ
・・・
視聴者の方々からは、電話でも再放送を希望する声を多くいただきました。いま、再放送をするべく前向きに検討しています。

とのこと。




BS世界のドキュメンタリー 
は
以前は次週の午前中にすぐ再放送がありましたが、
今はしてなくて

かわりに

NHKオンデマンド見逃し番組(有料)でご覧いただけます。

だそうです。 



※
関西圏ドキュメンタリー<等>上映情報
(KDML)
(http://www1.vvjnet.biz/kdml)
の
過去ログ
http://www.freeml.com/ctrl/html/
MessageListForm/kdml at freeml.com


や


市民社会フォーラム(HP http://
sites.google.com/site/
civilesocoietyforum/
 
の
ブログ
 http://civilesociety.jugem.jp/

や

CML(Civil mailing list/市民のM
L) 
(総合案内 http://list.jca.apc.org/
manage/listinfo/cml)

の
保存書庫
 http://list.jca.apc.org/public/cml/

に、

東北関東震災、福島原発について
掲載が続いています。よろしければお読みください。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)


CML メーリングリストの案内