[CML 009627] 再送/ロシア・ノヴォシビルスクから、子どもたち一時受け入れの申し出

Kazashi nkazashi at gmail.com
2011年 5月 15日 (日) 21:03:01 JST


下記メールは、三月末に流したものですが、夏休み 
もそんなに先のことではなくなってきましたので、 
再送させていただきます。

[転送・転載歓迎。重複受信される方、ご容赦くだ 
さい]
                                                         
      2011年3月29日
 ロシアのノヴォシビルスクから、今回の地震・津 
波・原発大災害の被害を何らかの形で受けている地 
域の子どもたちを一時受け入れる申し出が来ていま 
す。
 学会で知り合いになった、ノヴォシビルスク在住 
の哲学研究者レフ・ヴェルトゲイムさんからのメー 
ルによりますと、被災地の復興のため少しでも手助 
けになれることはないかと相談した結果、いくつか 
の家族から、日本の子どもたちを一定期間、それぞ 
れ一人から四、五人まで受け入れてもよいという申 
し出があったということです。(具体的な詳細はよ 
く分かりませんが、今すぐに、ということではなく 
ても、例えば、今年の夏休みの時期などの受け入れ 
が考えられているかと思います。)
 現時点では、日本側から希望があるかどうか分か 
らないので、個人レベルでの対応になりますが、も 
し数多くの希望があれば、組織だった態勢を整える 
ことも考えられるとのことです。ご関心のある方 
は、直接下記までメールか電話でお問い合わせして 
みていただけますでしょうか。ノヴォシビルスクは 
札幌と姉妹都市関係にあり、現地の「シベリア・北 
海道センター」の、日本語でやり取りできるスタッ 
フが対応してくださるとのことです。

 Email: sibirhokkaido at yandex.ru
 電話:+7(383)210-34-63

 なお、ウィキペディアによりますと、ノヴォシビ 
ルスクは、「ロシア連邦・シベリアの中心的都市。 
別名「シベリアの首都」。ノヴォシビルスク州の州 
都でオビ川に沿う。人口は約147万。人口規模は国内 
第3位で、シベリアでは最大」とあります。位置な 
ど、より詳しい情報はーー
 http://ja.wikipedia.org/wiki/ノヴォシビルスク

 ご参考までに。      草々     嘉指 
(かざし)信雄
                     NO DU  
ヒロシマ・プロジェクト/ICBUWヒロシマ・オフィス
                     http:// 
icbuw-hiroshima.org/
                                                                         
              Twitter: ICBUWJAPAN



CML メーリングリストの案内