[CML 009619] 【上関原発建設中止を求める意見広告運動事務局から全国のみなさんへ】<賛同人&賛同金募集>

加賀谷いそみ qzf01055 at nifty.ne.jp
2011年 5月 15日 (日) 15:20:18 JST


(転載歓迎)

【上関原発建設中止を求める意見広告運動事務局から全国のみなさんへ】

●上関原発建設中止を求める意見広告を載せよう!

<賛同人&賛同金募集>

 中国電力に上関原発建設の中止を求める「意見広告」を山口県内の新聞に出す
ため、賛同人・団体に加わってください。
 
 福島原発の大事故を受け、「設置許可申請書」審査の専門委員の指示を受けた
追加工事を除き、中国電力の工事は一時中断しています。原発が事故を起こせば
取り返しのつかない事態になることがいま明白な事実として進行しています。4
0年を超す原子力発電の時代の、終わりの始まりを予感させます。しかし、日本
の核武装を望む人たちは、潜在的な能力を手放すことに黙ってはいないでしょう。
彼らは政治家への強いパイプがあります。いずれ巻き返しを図ってくるでしょう。
中国電力も中止するとは言っていません。
 
 30年ちかくに及ぶ祝島、その人たちを応援する人々のたたかいにより、上関
原発は陸域で造成工事に一部着手しただけです。海は守られています。巻き返し
させない世論をつくりましょう。
 
 折しも、福島第一原発での事故は過酷な形で進行中です。ひとたびこのような
事故が起これば閉鎖水域・瀬戸内海は一溜まりもありません。
 
 以上の趣旨で私たちは「原発いらないの声」を高めるべく、このような企画を
いたしました。ご検討の程よろしくお願いいたします。

【賛同金】1口 1,000円(何口でも可)

【振込先】郵便振替( 取扱郵便局名:須々万郵便局 )

 口座番号: 01320−6−68010
 
 口座名 : 周防灘の自然を守る意見広告の会
 
*新聞紙上に名前が出せない方はその旨明記してください


【タイトル(案)】「世界の宝 周防灘を守ろう」「瀬戸内海に原発はいらない」
「計画敷地5キロにM7.7 の活断層が」

【内容(案)】周防灘説明文、地図、生物相、植物相、賛同者名

【体裁】5段抜き全面

【世話係】山田誠 メールアドレス m.yamada at kvision.ne.jp
FAX 0833−91−0696(山田誠宛て)

【問合せ先】武重登美子 TEL・FAX 0820−22−0071
〒742-0000 柳井市姫田2982-1

【掲載予定日】
6月5日世界環境デー 、8月6日・9日原爆記念日、 10月26日「原子力の
日」

-----------------------------------------

賛同者から寄せられたコメント集やイラスト(一部)

*2年前、祝島に行き、40年闘っている島民とともにデモしました。美しい生
き物にあふれる海、いま止めなければあの環境は2度ともどりません。皆さんの
粘り強い運動に感謝してます。

*福島、宮城、茨城ほど深刻ではありませんが、こちら千葉でも、揺れが一向に
おさまらず、毎日とても不安です。福島においては1日も早く収束に向かってほ
しいです。しばらくふるさとへは帰れないでいますが、いつか帰れた時瀬戸内の
海が昔のまんまであってほしいです

*多くの人が感じていても個人ではなかなかむずかしい反原発の表現を、このよ
うな形で提案し実現してくださったことを感謝します。とてもわかりやすく良い
イラスト&デザインですね。新聞広告の大きな効果を期待します。ありがとうご
ざいました。いつか将来、人の世が今よりはましな世界になるのかどうか。私は
じつは悲観的です。地球上から人類が滅亡するまで、さいごまで人間はいがみあ
い争いあっているのではないかと。もしそうだとしても、いつの世にも、圧倒的
な少数派ではあっても「地の塩」のような人は必ずいて、心を澄まして探し求め
れば思わぬほど身近にいて、美しい夢を描き希望を語ってくれるだろうと思うの
です。そんな人たちの存在に気づく感受性を持ち、そういう人たちの近くで生き
ていきたいものと私は思います。(イラストと文:清重伸之
)
*この機会に日本中の原発停止へ大きく運動を広げましょう。今までに反原発運
動をされてきた方達は各地とのネットワークを利用して同時多発的な原発停止へ
できることはすべてやりましょう。でないと時間がたてば、原発はゾンビのよう
に生き返ります。羊のような一般民衆を如何にこちら側にひきつけるか今が勝負
だと思います。頑張ってください、応援します。

*呼びかけ人や賛同者が増えているようでうれしく思います。「鉄は熱いうちに
打て」という言葉があります。政府、電力会社、原発メーカーなどが開き直って、
原発存続キャンペーンを始めている今こそ、ここで一気に全原発を廃炉に、核燃
料再処理工場を解体に追い込みましょう。 


CML メーリングリストの案内