[CML 009562] ■「原発いらない」渋谷デモで2名の逮捕者(大手マスコミはなぜかほぼ黙殺)

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2011年 5月 13日 (金) 00:46:08 JST


中田です。

連続メールをすみません!重複おゆるしください。

■「原発いらない」渋谷デモで2名の逮捕者(大手マスコミはなぜかほぼ黙殺)

▼アクセスジャーナル・山岡俊介氏の5月9日の投稿記事から、5月7日渋谷デモについて、

記事抜粋を(有料記事なので)してご紹介。




(下記拡散・転送希望)

***************************************************
 アクセスジャーナル
  
http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=5175    

2011/05/09
 ■「原発いらない」渋谷デモで2名の逮捕者(大手マスコミはなぜかほぼ黙殺)--------------------------------------------------------------------------      執筆者: Yamaoka (11:30am) 5月2日に本紙でもお知らせしていた「原発いらない」渋谷デモだが、5月7日予定通り行われ、●1万5000人(主催者発表)が代々木公園から渋谷一帯にわたってデモ行進をおこなった。菅首相による浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)の運転停止指示も追い風になった。「原発いらない」「今すぐとめろ」の声が連呼され、サウンドカーに乗ったDJは重低音の効いた反原発ロックを流し、連休で沿道を通行する若者たちの注目を集めた。       ●ただ、沿道から見ると、大人数の割には多く見えない。それは警視庁のデモ規制が厳しく、1グループにつき500人程度の隊列に分断されたためのようだ。       そのため、集合地点である代々木公園で出発まで1時間以上も待たされた参加者もいた。「解散まで5時間かかった。こんな長いデモははじめてだ。正直疲れたが、沿道の人々の注目度が高く、手を振ってくれる人もいてやりがいがあった」とある参加者は語っている。              まったく平和的なデモであったにも関わらず、警視庁の規制は「はじめから異様にきつかった」(関係者)。警察への不満が高まるなか、●代々木公園を出た五輪橋手前の交差点で、サウンドカーとデモ隊の間に機動隊がわりこんできたためもみ合いとなり、4名のデモ参加者が代々木警察署に連行されてしまった。そのうち2名の男女が公務執行妨害の容疑で逮捕され、2名は「誤認」として釈放されたが、釈放された人は帰り際、「これは極左のデモだ。二度と参加するな!」と言われたという。       これに対し、●「参加者のほとんどは『原発はもういらない』との思いから参加したごく普通の人々。組織動員もない。家族連れも多く、そんなことデモを見ればすぐわかる。警察はわざと逮捕者を出して『反原発デモは危険』と思わせようとしているのでは」(ある参加者)との声が上がっている。        (略)      ●次回の巨大デモは6月11日の予定で、東京だけでなく全国各地、世界各国にも呼びかけているという。詳しい情報が入り次第、お知らせしたい。       ●それにしても今回の逮捕の事実、大手新聞関係では「共同」配信の地方紙が数社報じただけ。朝・毎・読などはまったく報じず。              ●しかし、今回の歴史的重大事故で脱原発の動きが高まるのは当然のことで、その意思表示のデモで逮捕者が出たということは、「脱原発は許さない」という国家の意思とも取れるもので、十分報道に値すると思うのだが。やはり、大手マスコミは政府・東電寄りということだろう。****************************************************


CML メーリングリストの案内