[CML 009507] Re: 原発問題についての国民投票案に反対する

maeda akira maeda at zokei.ac.jp
2011年 5月 10日 (火) 18:52:28 JST


前田 朗です。
5月10日

自己レスです。

>また、1999年の国旗国歌法のときに「六月声明」と称する一部の「文化人」
>が、日の丸君が代国民投票を提案しました。某有名出版社の編集者たちが推進し
>ていたようです。すぐに消えてなくなりましたが。
>
>「六月声明・文化人」の主張は「16歳以上の日本社会定住者(朝鮮・韓国人な
>ど外国人も含む)」だったと記憶しています。きわめて無責任な提案です。
>
>  
>

この時、私はただちに批判していくつか文章を書きましたが、最初に書いたのは
「日の丸君が代問題は日本国民以外の投票で決めよう」でした。在日朝鮮人など
アジアの人々の投票です。

もちろん、そんな提案は実現しませんが、論点がくっきりと明確になるはずです。

1)日の丸君が代問題は思想良心の自由に関わる問題だから、そもそも国民投票
で決めてはいけない。(この論点は、原発問題とは性格が異なりますが)

2)仮に投票と言うのなら、日の丸君が代問題は、日本人だけの問題ではなく、
アジアの人々に関わるので、むしろアジアの人々の意見を聞くべきだ。その時
に、「日本国民1億2000万人と在日外国人200万人の同時一括投票」は無
意味である。「日本国民以外のアジアの人々の意見こそ重要」、という趣旨で
す。この論点は、萩谷さんが原発問題について論じているところと重なります。













CML メーリングリストの案内