[CML 009444] 6/4 (土)脱原発・エネルギーシフトをめざす 6 ・ 4 シンポジウムのご案内(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 5月 8日 (日) 01:58:06 JST


紅林進です。
   
  6月4日(土)に国立オリンピック記念青少年総合センターで開催されます、
  「脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム」のご案内を転載
  させていただきます。

(以下、転送・転載歓迎)
   
  *****************************************************************
脱原発・エネルギーシフトをめざす6・4シンポジウム
これからの「未来」の話をしよう!
自然エネルギー主流のエネルギー政策は可能だ!
*****************************************************************

【日時】 6月4日(土)12時開場、12時30分開会
【会場】 国立オリンピック記念青少年総合センター
      カルチャー棟大ホール
      交通: 小田急線参宮橋駅下車7分、千代田線代々木公園駅下車10分
      地図 http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
【参加費】 無料(資料代1000円をいただきます。)

ついに深刻なゲンパツ震災が起こってしまいました。
なぜ、私たちはこうなるまでにゲンパツをとめられなかったの。
いまも放出が続いている放射能の影響は大丈夫なの。
ほんとうにゲンパツがなくなると電気が足りなくなるの。
私たちはこれから、どうやって生きて行けるの。
でも未来につながる「希望の道」はあるのです。
それを一緒に考える、5つのセッションをお届けします。

【プログラム】
●セッション1:福島現地からの訴え
 コーディネーター:小野寺愛 (ピースボート共同代表)(予定)
 福島現地の皆さんの報告。いま何が起こっているのかを聞きましょう。
●セッション2:私たちのエネシフト宣言
 コーディネーター:マエキタミヤコ (クリエイティブディレクター/サステナ代表) 
 国会議員、経済界、自治体など各界からのエネルギー政策転換の提案。
 これまでの原発推進一辺倒から変化が。
●セッション3:私たちはエネシフト実現にむけて何ができるか
 孫正義氏、緊急アピール!
 コーディネーター:飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)
 パネリスト:宮台真司(首都大学東京教授)
       平田仁子(気候ネット)ほか
 ゲンパツのない社会のリアリティ。「自然エネルギー」と「選べる電気」の時代を
  用意 してきた キーパーソンが確かな解決策を提供します。
●エネシフ・ミニコンサート
 生田卍&So-So、AQUA
●セッション4:エネシフ・素朴な疑問大会
 コーディネーター:おしどりマコ(吉本興業)
 いま抱いている疑問を、思い切りぶつける時間。
   放射線のこと、電気のこと、自然エネルギーのこと・・。
   コメンテーターがバッチリ答えます。
  ●セッション5:未来にむけての話をしよう 
   コーディネーター:調整中
   次の時代を担う代表たちのセッション。
   どんな時代をつくるのかを考えます。
   会場からの意見も募集します!
  ●エンディング IZANAI踊り
  

  主催: A SEED JAPAN、環境エネルギー政策研究所、国際環境NGO FoE Japan、
      脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会(略称:eシフト)
   
  申込み: 会場の関係で事前登録をお願いします。
       こちらからご登録ください。http://tinyurl.com/42jwd8c
   
  *セッション4への素朴な疑問、セッション5へのあなたの提案も、あわせて募集しています。
  ⇒eshift2011 at gmail.com
  

  

      ***************


 


CML メーリングリストの案内