[CML 009429] 【本日】 京都で二つの反原発・脱原発企画

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 5月 7日 (土) 05:45:11 JST


本日、京都で以下の二つの反原発・脱原発企画が開催されます。また、夕方には、ドキュメンタリー映画『幸せの経済学』の試写会も行なわれます。こちらは、上映会スタッフ&協賛団体関係者に限定の試写会です。
 
「幸せの経済学」プロジェクト in 京都 
http://d.hatena.ne.jp/shiawase_kyoto/
 
詳しくは(上映会のスタッフになっても良い、または協賛団体になっても良いという方は)以下にお問い合わせください。
 
メールでのお申し込み&お問い合わせ:shiawase_kyoto at yahoo.co.jp
お電話でのお申し込み&お問い合わせ:090-3782-5930(森)

 
 
全ての原発を廃炉に ---簡素な暮らしで、いのちを守ろう---;京都
http://www.labornetjp.org/EventItem/1304211054493staff01
 
講師:
アイリーン・美緒子・スミスさん(グリーン・アクション代表) 
槌田 劭さん(使い捨て時代を考える会相談役) 

講演後に意見交換をします。 

日時:2011年5月7日(土)13:30〜16:00(開場13時) 

会場:ひと・まち交流館 京都(河原町五条下る東側) 

主催:NPO法人 使い捨て時代を考える会 

 
 
Midori-no-miyako 環境ドイツ実行委員会 in 京都
http://www.labornetjp.org/EventItem/1304211114996staff01

「環境学習交流会」のご案内
 
学習テーマ:『ドイツの脱原発デモと市民運動』
 
3月11日の大震災に続く福島の原発事故は、世界に大きな衝撃を与えました。中でもチェルノブイリ原発事故による放射能汚染を経験したドイツでは、市民やメディアが大きく反応し、それが連日の脱原発を訴える大規模デモを呼び起こしています。
今回は、ドイツのデモの様子を写真や映像を交えて紹介するとともに、ドイツと日本の市民やメディアの反応の違い、デモの違いはどこなのか、その背景や歴史にはどういうものがあるのか、といった疑問にこたえるため、日本に住む2名のドイツ人を含めた、ドイツ通のパネリスト3名による報告を中心に、参加者の皆さんと意見交換をしたいと思います。
 
日時:2011年5月7日(土曜日) 18:00〜20:30 PM 
会場は午後5時から開場しています 

場所:京都市「ひと・まち・交流館」1F ボランティアビューロー内 
フロアマップ:http://www.hitomachi-kyoto.jp/floor_01.html 

会場へのアクセス:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html 
京阪電車「清水五条」下車 徒歩8分 
地下鉄烏丸線「五条」下車 徒歩10分 

参加費:無料 

定員:30名程度(当日飛び入り参加OK) 

報告者: 
ユルゲン・ウィシュトック(慶應義塾大学講師) 
土井ギーセラ(京都女子大学准教授) 
今本秀爾(NPOエコロ・ジャパン代表) 

当日は、各報告者より30分程度、ドイツのデモや市民運動の様子を報告いただき、その後参加者との質疑応答の時間にします。 

問い合わせ先: NPO法人インホープ 
ひと・まち交流館 京都 2F MAILBOX NO21 
FAX 075-344-0465 (インホープ宛てと必ず書いて下さい。)     
メール:myouken430★hotmail.com 

  		 	   		  


CML メーリングリストの案内