[CML 009402] 相続裁判は5月19日10時半から東京地裁712号法廷

Hayariki hedomura2 at hotmail.co.jp
2011年 5月 5日 (木) 21:56:58 JST


相続裁判、土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)
相続裁判では興味深い証言がありました。平成19年9月7日の臨終間際に、母親は喉に痰を絡めてしばらくの間ゼエゼエしていました。その時にナースコールのブザーを持っていたのは被告ですが、原告は被告がナースコールのブザーをすぐには押さなかったと主張しています(原告第5準備書面9頁、原告第3準備書面7頁、原告第2準備書面6頁)。
これに対して、被告申請証人の次女は看護師が来るのが遅かったために痰の吸引が間に合わなかったと証言しました。病院に責任を求めるような口ぶりでした。次回は5月19日10時半から712号法廷で口頭弁論が行われます。
交通:東京メトロ丸の内線日比谷駅
千代田線 霞ヶ関駅 A1出口から徒歩1分
有楽町線 桜田門駅 5番出口から徒歩5分
http://book.geocities.jp/hedomura/poli/inherit2.html


CML メーリングリストの案内