[CML 009393] 6/5脱原発・若狭スタディーツアー参加者募集 平和と生活をむすぶ会

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 5月 5日 (木) 12:28:50 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

平和と生活をむすぶ会 
http://linking.asablo.jp/blog/
が

脱原発・若狭スタディーツアー参加者

を募集している事を
チラシやブログで教えていただきました。


ブログ記事
脱原発・若狭スタディーツアー 参加者募集 ― 2011/04/29 14:41
http://linking.asablo.jp/blog/2011/04/29/5830790
より 



日時:6月5日(日) 

行き先:福井県若狭地方(敦賀、美浜、小浜) 

費用:ガソリン代、高速料金など実費

定員:10〜15人 

申込み期限:5月20日(ただし定員に達した時点で締め切ります。) 

連絡先:豆多 090-3871-0919 あるいは  藤田 090-4493-7242 

主催:平和と生活をむすぶ会(http://linking.asablo.jp/blog/)


 3月11日、マグニチュード9の大地震と津波に続いて、レベル7に達する原発事故が東日本を襲いました。
日本列島はすでに巨大地震の発生する時期に入ったと言われます。
国や電力会社が繰り返してきた「原発は安全」という神話は完全に崩壊しました。
 私たちの住む関西へは、福井県から多くの電気が送られて来ています。
関西電力をはじめ、15基もの原発の林立する若狭も、福島同様、地元ではなく、遠く離れた都会のために電気を送り続け、いったん大きな事故があれば、真っ先にその犠牲にされてしまう地域なのです。
そして原発事故の被害は、ここ関西にも確実に拡がってきます。 

 今回のツアーは、私たち一人一人が、その現実を見て、知って、誰もが安心して生きられる未来のために、今、何をしなければいけないかを考える場にしたいと思います。 
 ぜひご参加下さい。





平和と生活をむすぶ会 http://linking.asablo.jp/blog/
は
無防備地域宣言運動全国ネットワーク
http://www.peace.cside.to/ 
と共催で       


すべての原発の停止・廃止を! 
 軍事力でなく、命と人権をまもる町を市民自治でつくろう!

5.4関西のつどい ― 2011/04/25 10:04
http://linking.asablo.jp/blog/2011/04/25/5824420

を行い、

【講 演】 
「原子力防災は脱原発しかない
 自治の力で市民の安全と命を守ろう」 
 山 崎 隆 敏 さん
(元福井県越前市議 『生き残れない「原子力防災計画」』著者)

を行いました。

※山 崎 隆 敏 さんの『生き残れない「原子力防災計画」』
(仏教書・人文書の出版社、白馬社。
一般書
生き残れない「原子力防災計画」 地方政治の現実
山崎隆敏 著
http://www.hakubasha.co.jp/products/detail.php?product_id=74&PHPSESSID=f0598c38c117898311920a25559c324e)

ぜひお読みください。


平和と生活をむすぶ会 の
ブログ
http://linking.asablo.jp/blog/

に今日は

最近の記事
として

脱原発・若狭スタディーツアー 参加者募集
「むすぶ会」主催・定例行動
5.4関西のつどい
「むすぶ」 2011年4月号 目次
今月を視る (「むすぶ」2011年4月号)
岩国の今 (「むすぶ」2011年4月号)

が表示されていて

その中の一つ

今月を視る (「むすぶ」2011年4月号) ― 2011/04/24 00:02
 空疎な「がんばろう!日本」ではなく、 
 被災者の悲しみ、苦しみに寄り添い、怒りを共有し、支えよう
http://linking.asablo.jp/blog/2011/04/24/5822280

の文中の

「・・・それでも、中には「今回ばかりは福島の人々はしっかりと怒らないといけません。みんなでそれを支えましょう。頑張ろうというきれい事では、もうどうにもならないところにきていることを国全体で認識すべきです」(福島出身の俳優 西田敏行さん)と率直に発言する人も現れている。・・・」


をとても印象深く思いました。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内