[CML 009363] PARC 発行の雑誌『オルタ』最新号 2011 年 5-6 月号(【特集】世界をめぐる電子ごみ)のご案内(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 5月 3日 (火) 23:35:37 JST


  紅林進です。
   
  私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC)の
  発行している雑誌『オルタ』最新号 2011年5-6月号が発売され
  ましたので、ご案内を転載させていただきます。
   
  PARC事務局からのご案内によりますと、
   
  今回の特集は用済み家電製品などの「電子ごみ」を扱った内容になります。
地デジ化目前の今だから読んでおきたい一冊。ぜひご覧下さい。

また、「もっと知りたい」、「勉強会を開催したい」という方は
PARCの新作ビデオもぜひご覧下さい。
http://www.parc-jp.org/test/video/sakuhin/ewaste.html

とのことです。
   
  なおPARCのその新作ビデオの上映会、「捨てられたテレビはどこへ行く?
  電子ごみビデオ上映会」も5月12日(木)に開催します。
  http://www.parc-jp.org/info/2011/110512videomatsuri.html
----------------------------------------------------------------
  
 

   
  (以下、転送歓迎・重複失礼)
■◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇■
◇∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞◇
    雑誌『オルタ』最新号 2011年5-6月号 絶賛発売中!!

      【特集】世界をめぐる電子ごみ

     http://www.parc-jp.org/alter/index.html
      
      定価:本体800円+税  年間購読:5,000円(税/送料込)
◇∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞◇
■◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇■

 地上波のテレビ放送は、二〇一一年七月から完全にデジタル化される。
それに向けて二〇一〇年末までに購入されたデジタルテレビの数は、なんと
六七〇〇万台。その分大量のアナログテレビが廃棄されたことだろう。

 こうした使用済み家電製品の廃棄物は通称「電子ごみ」と言われ、鉛や水
銀などの有害物質が含まれているため、適切に処理されなければならない。
テレビ以外にもエアコンや洗濯機、冷蔵庫、パソコンなどが含まれる。

 そこで日本には、家電リサイクル法と資源有効利用活用法に基づくリサイク
ル制度があり、これらの電子ごみを安全に処理する仕組みが整っている。とこ
ろが、二〇〇九年に破棄された、家電リサイクル法の対象となる電子ごみは二
八〇九万台。それに対して国内のリサイクル工場で処分されたのは一七五二
万台。約三分の一の電子ごみはどこへ消えたのか? 調べてみると、国内では
処理に「多額の費用がかかる」電子ごみが、海外に「売られて」いる現実が見え
てきた。

 一体その「輸出」された電子ごみはどこでどのように処分されたのか? 日本に
は適正処理の仕組みがあるのに、どのように流出していったのか?

 私たちの手元を離れ、世界をめぐる電子ごみの行方とそのビジネスの内情を
明らかにする。

詳細・お申し込みはコチラから↓
http://www.parc-jp.org/alter/index.html

※こちらも合わせてご覧下さい。
新作PARCビデオ「世界をめぐる電子ごみ」も好評販売中!
http://www.parc-jp.org/test/video/sakuhin/ewaste.html

──▼───────────────────────────
雑誌『オルタ』 2011年5-6月号

★特集:世界をめぐる電子ごみ
 ○使用済み家電製品リサイクルの実態/石渡正佳
 ○電子ごみ・中古家電の 海外輸出フロー/小島道一
 ○中国における電子ごみ輸入とリサイクルの実態/頼雲
 ○国境を越える中古家電−輸出商社「浜屋」の取材から/小池菜採
 ○電子ごみの輸出の問題解決には何が必要か?/安間 武

★小特集:TPPで私たちの生活はどうなる?
 ○今、TPPをどのように考えるべきか?/太田昌国
 ○グローバル化時代のTPPの根幹/中野剛志
 ○農と暮らしの関係性が壊されるTPP/大江正章
 ○暮らしを支える医療が破壊されるTPP/内藤眞弓
 ○労働者は自分の価値を切り下げながら生きるようになるTPP/河添誠

★特別記事
 ○リビアの人々への虐殺を止めたい!―在日リビア人学生の声/高橋真樹

★連載
 ◎大月啓介/海妻径子

【バックナンバーも好評発売中】
・そこは誰のものか?−「国家」と「領土」と人びとの暮らし(2011年3-4月号)
・まちがいだらけの「魚食文化」  (2011年1-2月号)
・「貧困削減」という問題!?  (2010年11-12月号)
・韓国併合100年  (2010年9-10月号)
・資源争奪−土地・水・森は誰のものか  (2010年7-8月号)
・連帯経済フォーラム報告集  (2010年5-6月特別号)
・政権交代と社会運動  (2010年3-4月号)
・社会的企業−地域・仕事・連帯社会をつくる(2010年1-2月号)

その他数多く販売中!詳しくはウェブサイトで。
http://www.parc-jp.org/alter/index.html

──▼───────────────────────────
【お問い合わせ】
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)
『オルタ』編集部 田中 滋
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455  FAX.03-5209-3453
http://www.parc-jp.org/  E-mail: office at parc-jp.org
──▲───────────────────────────

(以上)

(以下転送・転載大歓迎)
----------------------------------------------------------------
【5/12】PARCビデオまつりvol.2
2011年7月地デジ化目前! 捨てられたテレビはどこへ行く?
電子ごみビデオ 上映会!
http://www.parc-jp.org/info/2011/110512videomatsuri.html
----------------------------------------------------------------
●日時:5月12日(木) 19:00〜20:30(予定)
●場所:PARC事務所 2F 
 会場地図:http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html
 アクセス:都営新宿線「小川町」 丸ノ内線「淡路町」 千代田線 
         「新御茶ノ水」地下鉄A5出口から徒歩2分
       JR「お茶の水」聖橋口から徒歩6分
●参加費:無料
●上映予定作品
  「世界をめぐる電子ごみ」2011年 36分 制作:PARC
   http://parc-jp.org/video/sakuhin/ewaste.html
  「危害の輸出」2002年 23分 制作:バーゼル・アクション・ネットワーク
   http://parc-jp.org/video/sakuhin/kigai.html

2011年7月の地デジ化にともない、2010年末までに購入されたテレビは
  6,700万台。
大量のアナログテレビがごみになりました。
テレビなどの電子ごみには、有害物質が含まれているため、適切な処理
  が不可欠です。しかし、国内にリサイクル制度があるにも関わらず、少なく
  ない数の電子ごみが途上国に輸出され、環境汚染や健康被害を引き起こ
  しています。

そこでこのたび、私たちが捨てた電子ごみの行方を追いかけながら、
  それが世界をめぐる理由を探ったPARCビデオ「世界をめぐる電子ごみ」
  の完成を記念し、上映会を開催いたします。

上映会では、「世界をめぐる電子ごみ」(2011年/制作:PARC)のほかに、
  世界ではじめて電子ごみ輸出の問題を紹介した「危害の輸出 アジアで
  処分されるハイテクごみ」(2002年/制作:バーゼルアクションネットワーク)
  も上映いたします。

どなたでもご参加いただけます。お友達・知人をお誘いのうえ、ぜひご参加
  ください。 

●お申し込み・お問い合わせ
アジア太平洋資料センター(PARC) 担当:小池

〒101-0063 千代田区神田淡路町1-7-11東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail :office at parc-jp.org  http://www.parc-jp.org/
----------------------------------------------------------------
(転送・転載ここまでです)


 


CML メーリングリストの案内