[CML 008674] Re: 素直に喜べない

ohata ohata-yu at r5.dion.ne.jp
2011年 3月 30日 (水) 14:00:49 JST


大畑豊です。

> 「在日米軍はやはり
> 必要だ。サンキューUSA!」と言わせようしているしか見えません

以下、琉球新報社説・抜粋です。
全文はウェブサイトでお願いします。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-174892-storytopic-11.html
> 米軍の災害支援 それでも普天間はいらない 
> 2011年3月18日

>  効果的な人道支援を行うのに、国境や官民、軍の立場の違いなど言っている
> 場合ではない。しかし、ここぞとばかりに軍の貢献を宣伝するとは、どういう
> 神経なのか。

>  東日本大震災への米軍の災害支援に絡めて、在日米軍が普天間飛行場の「地
> 理的優位性」や在沖海兵隊の存在意義などをアピールしている。強い違和感を
> 覚える。

>  在沖米海兵隊は「普天間基地の位置が、第3海兵遠征軍の災害活動に極めて
> 重要であることが証明された」「普天間基地が本土に近いことは極めて重要」
> と普天間飛行場の地理的優位性を強調する。

>  悲しみに打ちひしがれる死者・行方不明者の家族や被災者への配慮はないの
> か。そもそも近傍の基地ではなく、被災地から遠く離れた普天間基地がなぜ重
> 要なのか。地震発生から3日経ての出動なのに「即応」でもあるまい。

>  米軍の説明は、独り善がりで筋が通らない。政治的打算に基づく言動は、県
> 民、国民の米外交に対する信頼回復にとって、かえってマイナスだろう。

>  はっきりさせよう。米軍がどのようなレトリックを使おうとも、県民を危険
> にさらす普天間飛行場やその代替施設は沖縄にいらない。





CML メーリングリストの案内