[CML 008651] 素直に喜べない

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2011年 3月 29日 (火) 20:22:35 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 先ほど、NHK総合テレビの「NHKニュース7」を見ていた所、
 
 「イスラエルの医療チームが、宮城県南三陸町に仮設の診療所を設置し、医療
活動を行っています」
 
と報じました。

 外務省のHPでも、そのことが記されています。
 
 外務省
 海外医療支援チームによる協力について 平成23年3月29日 
 http://www.mofa.go.jp/mofaj/saigai/kaigai-iryo-shien.html
 
 レントゲンなどの機材を設置し、外科、内科、産婦人科などの医師が治療にあ
たる様子を報じました。
 診療所には、「イスラエルから東北へ」と大きな看板が掲げてありました。
 
 医療機関が津波で壊滅した南三陸町の人々は、「ありがたいことです。これで
生きることができます」と口々に感謝の言葉を述べていました。
 
 生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされている被災地の人々の状況を考えれば、と
やかく言える資格は私にはありません。
 しかし、イスラエルがガザを包囲し、無差別攻撃を行って、パレスチナ人を殺
している状況を考えると、素直に感謝する気にはなりません。殺戮を行う手で人
助けをしているのです。親イスラエル感情を高めるためとしか思えません。現場
で活動するイスラエルの医療チームメンバーの善意を別にしてもです。
 
 同じ事は、「トモダチ作戦」と称する被災地救援活動を行っている在日米軍に
も言えます。このニュース番組は、米軍の活動をさらに大きく取り上げていまし
た。
 
 約2万人の米軍将兵を動員して行われているこの救援活動は、自衛隊と一体にな
って行われています。ヘリコプターで孤立した被災地に救援物資を輸送し、上陸
用舟艇で発電機を積んだ大型トラックを離島に陸揚げして電気を復旧させ、仙台
空港を埋めた土砂を、米軍兵士達がスコップで取り除く様子が映し出されました。
 
 これで多くの被災者が救われていることは事実です。しかし、イスラエルと同
じように、親米感情を高めようとする意図が見え見えです。「在日米軍はやはり
必要だ。サンキューUSA!」と言わせようしているしか見えません。被災者に
同情し、現場で一生懸命救援活動を行っている米軍兵士の気持ちは尊重しますけ
れど。
 
 他に、救援物資を送りや、行方不明者の捜索に当たる中国の救助隊の映像もあ
りました。これも、中国政府チベット人やウィグル人に対して行っていることを
考えれば、素直に喜べません。
 
 「そんな事を言うなら、お前が現場に行って活動しろ」との声が出そうですが
・・・。

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
 
 


CML メーリングリストの案内