[CML 008613] 【「フクシマは警告する」】 ドイツ全土で25万人が反核デモ 重要州議選反原発政党が躍進 独史上初の緑の党州首相誕生か

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 3月 28日 (月) 06:11:41 JST


【フクシマは警告する】ドイツ全土で25万人が反核デモ 重要州議選反原発政党が躍進 独史上初の緑の党州首相誕生か
 
 福島原発事故の普遍的教訓(「フクシマの警告」)を誰よりも真剣に受け止めているのが当の日本人ではなくドイツ人であることは皮肉なことです(戦争責任や戦後補償に対する態度と同じ構図ですね)。
 
 
ドイツ、福島事故で反原発党倍増 州議選、与党敗北へ
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032701000739.html
 
 【ベルリン共同】ドイツのメルケル政権が「今年の最重要選挙」と位置付けた南西部バーデン・ビュルテンベルク州の州議会選挙の投開票が27日、行われた。主要テレビの開票予測では、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)など与党側が敗北の公算で、反原発を掲げる90年連合・緑の党の得票率は前回選挙から約2倍に躍進するなど野党側が勝利の見込みだ。
 
 選挙期間中に福島第1原発の事故が発生。州内に4基の原発があることから、エネルギー政策が最大の争点となっていた。
 
 同州はCDUが、1953年から政権を担っている同党の牙城。事故を受けて原発の稼働年数延長の従来計画を再検討しているメルケル政権は、原発政策の大幅な見直しを迫られそうだ。
 
 予測では、CDUと同州で連立を組む自由民主党(FDP)の与党合計得票率は約44%(前回は54・9%)。これに対し、緑の党と社会民主党(SPD)の野党2党は合計約47%(同36・9%)。特に、緑の党が約24%と前回の11・7%から急伸。
 
 また、SPDが州政権を握る西部ラインラント・プファルツ州でも27日、州議会選挙の投票が行われ、緑の党が躍進した。
 
2011/03/28 05:23   【共同通信】

 
 
ドイツ:緑の党初の州首相誕生か 選挙に原発事故追い風
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110328k0000m030055000c.html
 
 【ベルリン小谷守彦】27日に実施されるドイツ南部バーデン・ビュルテンベルク州議会選挙で、日本の福島第1原発の事故を受けた反原発世論の高まりから環境政党・緑の党が初めて州首相ポストを射止める公算が大きくなっている。ドイツ16州の首相ポストは、保守のキリスト教民主同盟(CDU)などと左派・社会民主党の2大政党で分け合ってきたが、緑の党の州首相が誕生すればドイツ政治の歴史的な節目になる。メルケル首相のCDUは1953年以来一貫して牙城だった同州で初めて政権を失うことになり、威信を大きく低下させる見通しだ。
 
 緑の党は連邦議会では5政党の最小勢力で、反原発を党是の一つに掲げてきた。同州の首相候補、クレッチマン氏(62)も結党以来の党員で、同州で稼働中の原発4基の即時停止を求めている。
 
 メルケル首相は今月14日、福島第1原発事故を受け、「脱原発先送り」の決定を3カ月凍結する方針を表明。国内17基の原発の安全性の再点検と、80年までに稼働開始した7基の稼働を3カ月停止するよう命じた。ただ、「凍結」は暫定的なもので、世論調査では国民の71%が「州選挙のための戦術」と冷ややかに受け止めている。
 
 首相は「日本で起きたことは世界にとっても転機」と語る一方、「電気は払える範囲のものでなければならない」と原発利用の継続姿勢を固持。ブリューデレ経済技術相は財界団体の役員会で「『凍結』は選挙戦術」と説明し、議事録がメディアに暴露された。
 
 ドイツでは、79年の米スリーマイル島原発事故以来、原発問題は世論を深く割る「永遠のテーマ」となっている。反原発運動の受け皿になってきた緑の党は、09年の前回総選挙で約1割の支持率だったが、直近の世論調査では支持率が20%を超え、2大政党に迫る勢いになっている。
 
 一方で、原発賛成派の存在感も根強い。保守政界で絶大な発言力を持つコール元首相は25日、大衆紙ビルト紙に寄稿し「ドイツと日本は違う」などとメルケル首相の「凍結」を暗に批判した。電力業界もドイツの経済競争力が落ちることを懸念し、「凍結」には強く反発している。
 
 バーデン・ビュルテンベルク州の人口は全国の約8分の1。27日にはラインラント・プファルツ州でも州議会選挙が行われ、同様に連邦与党の敗北が見込まれている。
 
 
 
「フクシマは警告する」ドイツで大規模デモ
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110327-OYT1T00422.htm

 【ベルリン=三好範英】ドイツのベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンの4都市で26日、国内の原発稼働停止を求める大規模デモが一斉に行われ、警察発表で計20万人以上が参加した。
 
 参加者は各市で、「フクシマ(福島第一原発事故)は警告する。全ての原発の稼働停止を」などのスローガンを掲げてデモ行進した。
 
 ドイツでは27日に南西部2州で州議会選挙が行われることもあり、原発の安全性は政治問題化している。原発容認の姿勢だったメルケル政権は、福島の原発事故後、稼働期間の長い原発7基の暫定的な稼働停止を決めているが、デモに参加した社会民主党(SPD)や緑の党など野党の幹部は「選挙戦術に過ぎない」と政権を強く批判していた。
 
(2011年3月27日19時16分  読売新聞)
 
 
 
ドイツで原発廃止デモ 25万人参加 
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4684718.html 
 
 福島第一原発の事故を受け、ドイツで「反原発」のうねりが最高潮に達しています。26日には、原発廃止を訴える、これまでで最大規模のデモが行われました。 
 
 「福島にチェルノブイリ、もうたくさん!」(デモのシュプレヒコール)
 
 「福島は警告する」と書かれた横断幕を掲げ、原発の廃止を訴えるデモ参加者たち。首都ベルリンをはじめ、ドイツ全土で反原発デモが行われ、25万人が参加しました。
 
 「残念ながら、日本で起きたことはドイツでも起きるおそれがあります」(デモ参加者)
 
 ドイツでは、安全性を見直すため、国内にある17基の原発のうち、稼働年数の長い8基をすでに一時停止させていますが、反原発運動の高まりは「原発政策」の見直しにも影響を与えそうです。(27日03:55)
 
 
ドイツで原発廃止デモ 25万人参加
http://www.youtube.com/watch?v=2swXHsZraTQ&feature=player_embedded
 
 
 
独「反原発」20万人 東日本大震災 犠牲者へ黙とうも
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011032702000014.html
 
2011年3月27日 朝刊
 
 【ベルリン=弓削雅人】ドイツの主要都市で二十六日、反原発デモが行われた。首都ベルリンなどで約二十万人(主催者発表)が参加。東日本大震災に伴う福島第一原発事故を受け、稼働中の原子炉十七基の延命を凍結して再検討を進めるメルケル政権へ「脱原発」の圧力を強めた。
 
 デモは、野党支持者や環境保護団体を中心に、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンでも行われ「福島の事故は、われわれに原発をやめろと警告している」とのスローガンを掲げた。同日午後には、各都市で一斉に日本の震災犠牲者への黙とうがささげられた。
 
 一方、ドイツでは二十七日に南西部バーデン・ビュルテンベルク州議会選が投開票される。同州は原発が立地し、延命問題が争点に急浮上。緑の党など反原発を掲げる野党への支持が拡大して、連邦政府と同じ組み合わせの州連立与党が政権転落の可能性が強まるなど、国政への影響も必至の情勢だ。
 
 こうした中、一部メディアが、福島原発事故を受け、今月中旬に原発延命の凍結を協議したメルケル首相、関係閣僚と州首相との会合で、ブリューデレ経済相が「延命凍結は安全性優先の判断ではなく、選挙対策だった」と認める発言をしていたと報道。与党の原発政策をめぐる動きが激しくなっている。
 
 
ドイツで反原発デモ、20万人以上参加
2011年03月27日 19:18 発信地:ベルリン/ドイツ
http://www.afpbb.com/article/economy/2792777/7009210?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics
 
ドイツ南西部バーデン・ビュルテンベルク(Baden-Wuerttemberg)州議会選を翌日に控えた26日、各地で原子力発電所に反対する大規模なデモが行われ、推計20万人が参加した。
 
デモはベルリン(Berlin)、ハンブルク(Hamburg)、ケルン(Cologne)、ミュンヘン(Munich)の主要4都市で行われ、主催者の1人は25万人がデモに参加したと述べた。バーデン・ビュルテンベルク州議会選では、原発の是非が主要な論点になるとみられる。
 
写真はベルリンで開かれたデモで、行進するデモ参加者(2011年3月26日撮影)。(c)AFP/ODD ANDERSEN

 
 
主要都市で反原発デモ=福島事故受け閉鎖求める−ドイツ
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011032700006
 
 【ベルリン時事】ドイツのベルリンやミュンヘン、ハンブルク、ケルンの各都市で26日、大規模な反原発デモが一斉に行われ、福島第1原発の事故を受け、国内の原発を早期に閉鎖するよう訴えた。

 ベルリンでは野党支持者や反核団体メンバーら5万人以上が中心部を行進。「福島は警告する。すべての原発を停止せよ」と書かれた横断幕を掲げ、気勢を上げた。(2011/03/27-00:35)

 
 
福島原発の放射性物質が到達=ドイツ
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011032600004
 
 【ベルリン時事】ドイツ政府は25日、福島第1原発の事故で大気中に放出された放射性物質を24日夜にドイツで初めて検出したと発表した。

 環境省や放射線防護庁によると、北部のブラウンシュワイクや南西部のシャウインスラントで放射性ヨウ素が検出された。1年間に受ける自然放射線量の100万分の1以下で、健康に影響はないとしている。

 放射性物質は既にアイスランドやスウェーデンでも検出されているという。

 一方、ドイツ財務省スポークスマンは、日本から到着するすべての貨物に対し、税関で放射線検査を行うことを明らかにした。(2011/03/26-00:05)
 
 

  		 	   		  


CML メーリングリストの案内