[CML 008587] 西さんからお礼と報告>浜岡原発の停止を求める要請書に賛同を

TERAO Terumi teraoter at mint.ocn.ne.jp
2011年 3月 27日 (日) 00:27:38 JST


寺尾です。

西さんから「浜岡原発の停止を求める要請書」への賛同の
お礼と提出の報告を頂きましたので、転送します。

重複して受信された方には大変申し訳ありません。
御手数をお掛けしますが削除してくださることでお許しください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 以下転送 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

件名: お世話になりありごとうございました
差出人: 西光之輔、西英子 <westen-mh at y7.dion.ne.jp>
送信日時: 2011/03/26 21:39
宛先: teraoter at mint.ocn.ne.jp

みなさまへ      西英子です。

「浜岡原発の運転停止の要請」の報告がおそくなって
申しわけございませんでした。
実は、18日20時からメールで賛同を呼びかけましたら、
賛同のメールがドット送られてきました。
すぐに東京の寺尾さん(元名工大教授)に願いしましたら、
全国に呼びかけをされたので、20日には、
一時受信不能になるほど大量のメールが来ました。
そのため賛同者の名簿の作成がおくれてしまいました。
一部友人にもお願いもしました。
22日には東海地区の方のものを中心にして 501名を
とりあえず提出しました。その後は、伊藤勝久さんに
サポートをお願いし、約3000名分と予想される名簿を
作成しております。
4月のはじめ頃には再び中電に提出し、要請をしたいと
考えています。
北海道から沖縄まで、全国の方が浜岡原発に危機感をもって、
たくさんの賛同メールをいただきました。賛同された方 
ありがとうございました。

(22日の報告)
学生のグループ7名と市民のグループ約40名が行きました。
玄関前で押し問答を40分くらいしてやっと玄関のロビーに
入りました。中電のガードは大変固いです。特にマスコミを
入れることに最後まで抵抗しましたが、
入ることができました。

要請書を受け取るだけで、終わりにしようと
思っていたようですが、学生の質問に答えよ、と言ったら
渋渋口を開きました。
それを突破口にして実質的に質疑応答にもっていきました。
相手は広報課長と課員と総務部で総勢10名くらいが
いました。約1時間15分の間やり取りをしました。
学生の質問には25日に回答するということになりました。
学生は4月から大学へ行く女性7名です。

過去に中電へ行った人たちは、よくあそこまで粘ったので、
マスコミも入ることができて、今までにないことが出来たと
評価してくれています。
肝心の「浜岡を止めよ」という問題には正面からは
答えていません。「止めるのか、止めないのならその理由を
回答せよ」と言って申しいれを終わりました。
この件は23日の中電の社長の記者会見で「止めない」と
いっています。
しかし、今後も世論を盛り上げて、運転停止に
もっていきたいです。

午後には県庁へ行き、知事は所要があるというで、秘書課長に
会って県としても対応して欲しいとの要請書を提出し、
知事に伝えるように言いました。1時間くらいのあいだ
意見を述べてきました。
次に、名古屋市長に会いに行きましたが、あえなかったので
要請書を読み上げて秘書課長に提出し、こちらの意見を
述べてきました。午後の参加者は約40名でした。







CML メーリングリストの案内