[CML 008551] 【自主的な避難としか言えない、アリバイのみ、卑怯な政府】 転送: 3/25 たね蒔きジャーナル 小出先生のお話

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 3月 25日 (金) 22:14:37 JST


これも勝手に転送です。京都大学の小出先生のお話です。「自主的非難」措置を政府によるアリバイ作りであると指摘しておられます。
 
 
「アラームメーターが鳴っても被ばく線量の故障と思って対処しなかったのは、小出先生から見るとあり得ない、現場の3人が、一人は契約会社(東芝?よく知っている)は長靴を履き、その他、関連会社の人は長靴なしで、これは両極端のシナリオがあり、ひとつは知識のない人が現場に行き、アラームメーターも知らずに水に入ったのではないかと言うのと、もうひとつは十分に知っていて、アラームメーターを知っているが、これをしないと使命を果たせないと自ら被曝して(暗い建物を何百メートル走った)汚れつつ入った、という極端なシナリオを持っているが、それほど困難であり、短い時間しか作業できないと、これからも大変である、専門家はこれから少なくなる、知識のない人が鉄砲玉みたいに被曝させられるとのことでした」
 
「宇都宮の人より、栃木でも水道水を飲めない、30kmの人に避難指示は、ということで、感情的なことは言えない(怒りを抑えられない、政府は汚い)が、自主的な避難としか言えない、アリバイのみ、卑怯な政府との話がありました。1.4ミリシーベルトの値は、普通の人は1年1ミリが限度、これを超えるものをあたらせるとはどういう政府なのか(管理区域でもないところに1.4ミリシーベルトはあり得ない)、謝罪もしない、どういう政府なのか、ということでした」
 
 

>  永岡です、今日も毎日放送ラジオのたね蒔きジャーナルで、小出先生のお話がありました。
>
>  リスナーより、原子炉損傷の可能性について(原子炉内の成分が外に出ている)聞かれると、水素爆発が原子炉損傷の証拠と言うことでした。 今の状況で、放射能拡散を止めることはできるのかと言うことで、小出先生、原子炉と言う範囲は広く、炉心〜圧力容器〜格納容器の範囲があるが、炉心は必ず破損している、圧力容器は多分大丈夫、格納容器は一部破損している、3号機のタービン建屋で水がたまっているので、この防壁である格納容器が壊れている、爆発も格納容器が壊れているということだと言うことでした。
>
>  これで放射性物質が漏れており、原子炉内の1万倍のレベルのものを止めることは、もう出来ない(格納容器の修理は無理、近寄れない)、格納容器をセメント詰めするのは、最後の最後であり、今は炉心が融けて圧力容器が爆発するのを防ぐのが先、そのため水を送るのが必要、コンクリートで詰めるのはその後、今は原子炉が破局的に壊れないように現場スタッフが必死になっている、消防用ポンプで対処している(海水を入れたら原子炉アウト)、そのおかげで破局的な破損は免れたということです。
>
>  復旧作業は大変な打撃になる、真水を入れるのは、海水が塩を含むため、水はすぐ蒸発して塩が残り問題で、燃料棒被服管に塩がたまると冷やせなくなる、塩がバルブなどに付いたら開けなくなる、ポンプが回せなくなる、海水は非常措置で、やりたくなかったので、今真水にしていると言うことでした。
>
>  水の排水は大変なことであり、地下にたまっているのでポンプを動かさないといけない、そのポンプがすぐに動くなら良いが、だめなら水中ポンプが要るということです。
>
>  今の状況は、ずっと悪化している、今は悪化を食い止めて、そして好転もしていない、今は祈りたい、東京電力の人ががんばるのを祈るしかないということでした。祈りが通じているのではない(最悪のシナリオがなくなったわけではない)のです。
>
>  アラームメーターが鳴っても被ばく線量の故障と思って対処しなかったのは、小出先生から見るとあり得ない、現場の3人が、一人は契約会社(東芝?よく知っている)は長靴を履き、その他、関連会社の人は長靴なしで、これは両極端のシナリオがあり、ひとつは知識のない人が現場に行き、アラームメーターも知らずに水に入ったのではないかと言うのと、もうひとつは十分に知っていて、アラームメーターを知っているが、これをしないと使命を果たせないと自ら被曝して(暗い建物を何百メートル走った)汚れつつ入った、という極端なシナリオを持っているが、それほど困難であり、短い時間しか作業できないと、これからも大変である、専門家はこれから少なくなる、知識のない人が鉄砲玉みたいに被曝させられるとのことでした。
>
>
>  宇都宮の人より、栃木でも水道水を飲めない、30kmの人に避難指示は、ということで、感情的なことは言えない(怒りを抑えられない、政府は汚い)が、自主的な避難としか言えない、アリバイのみ、卑怯な政府との話がありました。1.4ミリシーベルトの値は、普通の人は1年1ミリが限度、これを超えるものをあたらせるとはどういう政府なのか(管理区域でもないところに1.4ミリシーベルトはあり得ない)、謝罪もしない、どういう政府なのか、ということでした。
>
>  今回、初めて小出先生の怒りが話されました。来週もお話されるといいことで、私の、ラジオの前での闘いも続きます。
>
>  以上、お知らせいたしました。
>
>
>
>
>
> [このメッセージのテキスト以外の内容は省略されています]
>
>
> Help URL : http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/
> Group URL : http://groups.yahoo.co.jp/group/civilsocietyforum21/
> Group Owner: mailto:civilsocietyforum21-owner at yahoogroups.jp
>
>
>
> ・モバイル版Yahoo!グループ(ベータ版)にアクセス。
> ・旧Yahoo!
> eグループをご利用の方々は移行手続きをお願いします。
> ・Yahoo!グループのサービスはガイドラインに沿ってお使いください。
> ---
> なお、投稿者は本メールの送信者欄に表示されている方です。
>
> 		 	   		  


CML メーリングリストの案内