[CML 008550] 【長崎】「福島第一原発でいま何が起こっているのか」藤田祐幸さん講演会

たぬ涼 tanu at h7.dion.ne.jp
2011年 3月 25日 (金) 22:01:10 JST


被爆地長崎で、藤田祐幸さんの講演会が開催されます。
遠方の方も、ネット中継どうぞご覧ください。

(転載歓迎、重複すみません)
***************************
藤田祐幸さん講演会
「福島第一原発でいま何が起こっているのか」

3/26(土)13時半〜15時半 教育文化会館(長崎駅そば)
入場無料
主催/原発なしで暮らしたい長崎の会、原水爆禁止長崎県民会議
連絡先/長崎県平和センター (TEL:095-823-7281)

◆当日はUstreamでネット生中継!
http://www.ustream.tv/channel/fujitayuko

●藤田祐幸(ふじたゆうこう)さんのプロフィール 
東京都立大学理学部物理学科卒、同大学院理学研究科物理学専攻博士課程。
エントロピー論、科学哲学専攻。現在慶應義塾大学物理学助教授、日本物理学会、
エントロピー学会所属。
物理学者の立場から、放射能が人体と環境に及ぼす影響を訴え続け、原発や被曝
労働の実態調査、1990年〜93年チェルノブイリ周辺の汚染地域の調査、1999年、
ユーゴスラビア・コソボ地域で劣化ウラン弾の調査を行う。
2003年5月末からバクダッドとバスラに入り、劣化ウラン弾による被害状況と環境
汚染を現地調査、放射能測定などを行った。7月にイラク支援法案を審議中の衆
議院特別委員会で、参考人意見陳述を行い、「小児がんセンター」の設置など、
医療水準の改善に寄与することを強く訴える。

主な著書:
『知られざる原発被曝労働・ある青年の死を追って』(岩波ブックレット)
『脱原発エネルギー計画』(高文研)
『原子力発電で本当に私たちが知りたい120の基礎知識』(東京書籍・共著)
『エントロピー』(現代書館・共著)
『ポスト・チェルノブイリを生きるために 暮らしと原発』(御茶の水書房)

以上


CML メーリングリストの案内