RE: [CML 008538] チェルノブイリ事故の影響もマスコミは隠蔽

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 3月 25日 (金) 15:20:50 JST



豊間根さま
 
 この投稿をした内富と申します。残念ながら映画は未見です。今はまだ原発事故自身が現在進行形で生々しすぎて、上映会などは考えられませんが、いずれ今回の事故から私たちは何を学ぶべきなのかということを議論する一助として、こうした映画が多くの人に見てもらえたらよいですね。
 
 私は小説のラストのシーンに感動しました。
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E9%9B%B2
「シュリッツの封鎖が解除された。ヤンナ-ベルタは弟の遺体があるはずの菜の花畑に出向き、見つけたその体を埋葬した。その後、家に着いたヤンナ-ベルタは、父方の祖父母が帰っているのを見つける。2人は以前と考え方を変えておらず、祖父は今度の事件は人々がヒステリーを起こして騒ぎを大きくしただけだ、避難は不要だったなどと不満を言う。ヤンナ-ベルタは、被っていた帽子を取り、何が起こったのかを話し始める。」
 
 今、反原発のデモ・集会などが各地で呼びかけられつつあります。意義深い行動であると思いますが、こうした場が反原発派市民の総決起集会みたいな感じではなく、むしろ、「原発安全神話」を信じ込まされてきた人々(今は少ないと思いますが)、原発容認派市民の人々にこそ参加してもらい対話とコミュニケーションの機会を与える場になることを願っています。ヤンナ-ベルタが「原発容認派」である祖父母に帽子を取って自らの体験を語り始めるような、この国の多数派を占めている原発容認派または無関心派の人たちにこそ「原発問題」について考える機会としていただきたいと考えています。もはや「第八の戒律」を破って、大嘘を平気で言い始めている勢力が登場しつつある中で、こうした「対話とコミュニケーション」の輪が広がり、「ウソ」にだまされない自覚的な市民の連帯の輪が広がることを願っています。
 
 「第八の戒律」もぜひ見てみたいものですね。

 
----------------------------------------
> Date: Fri, 25 Mar 2011 14:56:38 +0900
> From: naganotakenoko928 at yahoo.co.jp
> To: cml at list.jca.apc.org
> Subject: [CML 008538] チェルノブイリ事故の影響もマスコミは隠蔽
>
> うちとみ様
> 豊間根です
> 『見えない雲』のご紹介ありがとうございます
>  映画のほうもご覧になりましたか。
>  ヒロインの演技力はすばらしいものでした。
>  実生活でも彼女は肺が片方ないのだそうです。
>  チェルノブイリ事故のフォールアウトは遠くドイツにも
> 流れ、彼女を宿していたお母さんがそれを吸いました。
>  なおチェルノブイリ至近の女性たちは不妊手術を
> 強制されたそうです。これも映画から知りました。
> 「第八の戒律」という名です。
>  モーゼの十戒、第八は「嘘をついてはならない」。
>  原子力産業がスタート時からつねにうそをついてきた
> ということを示すドキュメンタリーです。未見の方は
> ぜひ。
>
>
> uchitomi makoto wrote:
>
> 。ヨ.、.�.ソ。シ.ハ.キ.逾ハ.・ヲ.モ.ク.ヘ.ケ。ヲニ�.蝪シ.ケ。ラ、ネ、、、ヲ.モ.ク.ヘ.ケサ・ホオュサ�、ヌ、ケ。」ニ�ヒワ、ヌ、篩フコメノ�カス、萇ヒイ�、オ、・ソナナホマ.、.�.ユ.鯔�カス、ホ、ソ、皃ヒコ」ク蝪「ソ�スス
> テ�ア゜、ャナ・�、オ、・゛、ケ、ャ。「コニ、モクカサメホマーヘツク、ホシメイ�、ヒノ�オ「、ケ、・ソ、皃ヒクカネッ、ホス、ヘ�、荳カネッ、ホソキタ゜、ヒ、ス、ヲ、キ、ソオ�ウロ、ホサ�カ筅ャサネ、・・・ホ、ヌ、マ、ハ、ッ。「コニ、モネ・�、ホカシー
> メ、ヒ、オ、鬢オ、・・ウ、ネ、ホフオ、、エ�ヒセ、ホフ、ヘ隍�タレ、・ォ、ッ、ソ、皃ヒ。「.ノ.、.ト、ホ、隍ヲ、ヒコニタクイトヌス.ィ.ヘ.・ョ。シハャフ釥リ、ウ、ス、ス、ヲ、キ、ソ、ェカ筅�サネ、テ、ニ、ロ、キ、、、筅ホ、ヌ、ケ。」
>
> 。ハ」ノ」ツ」ヤ.ヒ.蝪シ.ケ、隍遙ヒ
> .ノ.、.ト。「。ヨウヒ、ホサ�ツ蝪ラスェ゜皃リ-コニタク.ィ.ヘ.・ョ。シ、ヒハムチォ
> http://jp.ibtimes.com/articles/16479/20110324/240596.htm
>
> 。。クカサメホマハンーツア。、ホタセサウアムノァソウオトエア、マ。「。ヨクカサメホマ、ホツ螟・熙マ。ヨト菁ナ。ラ、タ。ラ。ハタセサウソウオトエア、マ。「ツ酲�、ハクカサメホマベタゥ、マツ邨ャフマ、ハト菁ナ、�ーユフ」、ケ、・ネキルケ�。」、キ、ォ、キ。「。ヨ、ス、ヲ、マクタ、テ
> 、ニ、簀ナオ、、ホ、ハ、、タクウ隍篁ヘ、ィ、鬢・ハ、、。ラ。ヒ、ネネックタ、キ、ニ、、、゛、ケ。」クカネッサ�クホ、ホタユヌ、シヤシォソネ、ャ。「オ・セ、・ッナ�、ォ.レ.ニ.�サユ、ホ、隍ヲ、ヒ。「。ヨクカサメホマヘニヌァ。ラ、ォ。ヨト菁ナ。ラ、ォ。「ト菁ナ、ヌノヤハリ、キ、ニ
> 、、、・タ、惕ヲ。「コ」、ホヒュ、ォ、ハタクウ隍�ーンサ�、キ、ソ、ォ、テ、ソ、鮑カサメホマ、キ、ォ、ハ、、、�、タ、セ。「、ネケ�フア、�。ヨラ�ウ蝪ラ、ケ、・ュ.罕�.レ。シ.�、�サマ、皃ニ、、、゛、ケ。」タセサウソウオトエア、マ。「。ヨ
> クカネッソ菫ハ、ホニー、ュ、マク蠶爨キ、ニ、、、ハ、、。ラ、ネテヌクタ、キ、ニ、、、゛、ケ。」
>
> クカネッソ菫ハ、ホニー、ュ、ヒク蠶爨゜、鬢・コ。睫ンーツア。、ホタセサウソウオトエア
> http://jp.wsj.com/Japan/node_208551
>
> 。。、ウ、ヲ、キ、ソネックタ、ヒ。ヨタオオ、、ォ。ラ、ネオソ、・・・�、篦ソ、、、ネサラ、・・゛、ケ、ャ。「ニ�ヒワキミテトマ「、ホイ�トケ、ハ、ノ、マ。ヨトナヌネ、ヒツム、ィ、ソニ�ヒワ、ホクカサメホマケヤタッ、マカサ、�ト.、・ル、ュ。ラ、ネ、゛、ヌクタ、テ、ニ、
> 、、゛、ケ。」ネ爨鬢マケ�ニ筅ヌ20ヒ�ソヘ、ホクカネッニ�フア、�タク、゜スミ、キケ�コンシメイ�、ヒセラキ筅ネカシーメ、�ヘソ、ィ、ソコ」イ�、ホソシケ・ハクカネッヌ�ネッサ�クホ、ォ、魎ソ、箋リ、ワ、ヲ、ネ、キ、ニ、、、ハ、、、ホ、ヌ
> 、ケ。」
>
> 。ヨ。ヨクスシツナェ、ヒ。「、、、ォ、ヒ、ウ、ヲ、、、ヲネ�セ・�ツヨ、ヒ、篦ミア�、ヌ、ュ、・筅ホ、�コ釥テ、ニ、、、ッ、ォ。「、ネ、、、ヲ、ウ、ネ、ヌ、、、ッ、キ、ォ、ハ、、、ネサラ、ヲ。ラ、ネ、ホケヘ、ィ、�シィ、キ、ソ。」ニ�ヒワ。「、ェ、隍モニ�
> ヒワ、ホクカネッカネウヲ、マ。「、ス、ヲ、キ、ソサ�セン、ヒツミ、ケ、・ミ.テ.ッ.「.テ.ラナナクサ、萸莊ム.キ.ケ.ニ.爨ホツムタュ、�カッ、皃・ャヘラ、ャ、「、・ネ、、、ヲ。」
> 。。ソウオトエア、ホクォイ�、マ。「エアホスタゥナル、ホ.ネ.テ.ラ、ヒホゥ、トフ�ソヘ、ホホゥセ・�ネソアヌ、ケ、・筅ホ、タ。」キミコムサコカネセハ、マ。「クカサメホマカネウヲ、ホオャタゥ、ネソ菫ハ、ホホセハ�、�テエ、テ、ニ、、、・」
> 。。ニアセハ、マ。「ウ、ウー、ヌクカサメマァキ�タ゜、ホキタフ�ウヘニタ、�チタ、ヲケ�ニ簀ナホマイ�シメ、�サルア遉キ、ニ、、、・」ヌリキハ、ヒ、マ。「クカサメホマ、荵篦ョナエニサ、ハ、ノニ�ヒワ、ホ。ヨ.、.�.ユ.魴サスム。ラ、�ウ、ウー
> 、ヌタムカヒナェ、ヒヌ荀・�、爍「、隍・ュネマ、ハタ・ャ、ャ、「、・」
> 。。タセサウソウオトエア、マ。「キミコムサコカネセハ、ャクカサメホマーツチエ。ヲハンーツア。、ホホホー隍ヒエウセト、ケ、・ウ、ネ、マ、ハ、、。「、ネスメ、ル、ソ。」ニ�ヒワ、マニ箋ユノワ、ヒクカサメホマーツチエームー�イ�、ネ、、、ヲツ�2、ホオ。エリ、�タ゜テヨ、ケ
> 、・ウ、ネ、ヌ。「クカサメホマーツチエ。ヲハンーツア。、ホニネホゥタュ、�ウホ、ォ、ヒ、キ、ニ、、、・ネ、、、ヲ。」
> 。。、ス、ホセ螟ヌ。「。ヨハンーツア。、ネナ・�ナナホマ、ャフ�テ螟キ、ニ、、、ソ、ォ、鮗」イ�、ホサ�ツヨ、ャオッ、ュ、ニ、キ、゛、テ、ソ、ネ、、、ヲ、ウ、ネ、ヌ、マ、゛、テ、ソ、ッ、ハ、、。ラ、ネネックタ。」コ」、ホクカサメホマーツチエームー�イ�、ネクカサ
> メホマーツチエ。ヲハンーツア。、ホ.タ.ヨ.・チ.ァ.テ.ッツホタゥ、マ.ル.ケ.ネ、タ、ネサラ、・・・チ、タ。「、ネスメ、ル、ソ。ラ
>
> 。。タセサウソウオトエア、ャ。ヨ.ル.ケ.ネ、ホツホタゥ。ラ、ネ、、、ヲクスコ゜、ホツホタゥ、ウ、ス、ャコ」イ�、ホサ�クホ、�ー�、ュオッ、ウ、キ、ソ、ホ、ヌ、「、遙「ネックタシォツホ、ャサルホ.フヌホ�、ヌ、ケ。」
>
> 。。、ウ、ヲ、キ、ソソヘ、ソ、チ、ヒサ荀ソ、チ、ホフ、ヘ隍�ツ�、サ、・ホ、ォ、ノ、ヲ、ォ。「コ」イ�、ホナ�ー・マハ�チェ、ヌ、マ。「。ヨクカネッ、�ハ�、ィ、・フウ、ニサ。「ハ。ー譯「ナ郤ャ。「コエイ・ラ、ヌテホサ�チェ、ャケヤ、・・゛、ケ。ハク
> スソヲ、マ、、、コ、・篋カネッヘニヌァヌノ。ヒ。」ハ。ナ酊隹・カネッヌ�ネッサ�クホ、ネ、ス、ホク螟ホハ�シヘヌスマウ、・ヒ、隍・ニテマ、ヌ、ホソ衄サソ螟菁レセ悅「ソゥ、ルハェ、ォ、鬢ホハ�シヘタュハェシチ、ホク。スミ。「20ヒ�ソヘ、ホクカネッサ�クホネ�
> ニ�シヤ。ハクカネッニ�フアイス。ヒ、ホネッタク、ハ、ノ。「サ�ツヨ、マヘステヌ、�オ�、オ、ハ、、テ讀ヌケヤ、・・・」イ�、ホナ�ー・マハ�チェオ�、ホツ遉ュ、ハチ霰タ、ホー・ト、ャ。ヨクカネッ。ハ.ィ.ヘ.・ョ。シタッコ�。ヒ。ラ、ネ
> 、ハ、テ、ニ、、、゛、ケ。」
>
> 。レトォニ�。ロテホサ�チェ、篋カネッセヌナタ。。ナ�ー・ェ.ケ.ソ。シ.ネ
> http://www.asahi.com/politics/update/0325/TKY201103240506.html
>
> 。レヒ霹�。ロチェオ�。ァナ�ー・マハ�チェ.ケ.ソ。シ.ネ。。」ア」イテホサ�チェケ�シィ。。。ヨクカネッ。ラ。ヨヒノコメ。ラ、簔霰タhttp://mainichi.jp/select/seiji/2011local/news/20110324dde001010024000c.html
>
> 。。。ヨクカサメホマ、ホツ螟・熙マ。リト菁ナ。ル、タ。ラ、ネ、、、ヲタッノワ。ヲコ箋ヲ、ォ、鬢ホラ�ウ螟ヒツミ、キ、ニ、マ。「サヤフア、ホツヲ、ォ、鬢マ、テ、ュ、熙ネ。ヨクカサメホマ、ホツ螟・熙マコニタクイトヌス.ィ.ヘ.・ョ。シ、タ。ラ、ネネソマタ、ケ、・ウ、ネ、ャフ荀・・ニ、、、゛、ケ。
> 」ヒトツ遉ハノ�カスサ�カ筅マコニタクイトヌス、ハシォチウ.ィ.ヘ.・ョ。シ、ヒ、ウ、スサネ、・・・ル、ュ、ヌ、ケ。」、ス、ホシツホ网ウ、ス、ャ、ウ、ウ、ヒセメイ�、オ、・ニ、、、・ノ.、.ト、ホサ�ホ网ヌ、ケ。ハコヌカ盪ヤ、・・ソス」オトチェ、ヌテヲクカネッ、�キヌ
> 、イ、・ヨホミ、ホナ゛。ラ、ャオトタハ、�ヌワチ�、オ、サ、゛、キ、ソ。ヒ。」。ヨウヒ、ホフオ、、ニ�ヒワ、マイトヌス、タ。ェ。ラ。ヨクカサメホマ、ヒーヘツク、キ、ハ、、ソソ、ホヒュ、ォ、オ、ネーツチエ、�。ェ。ラ、ホタシ、�コ」、ウ、ス、「、イ、ニ、、、ュ、゛、キ、
> 遉ヲ。」
>
> 。�シリツュ、ヌ、ケ、ャ。「.ノ.、.ト、ヒ、ェ、ア、・ソウヒーユシア、ホケ筅オ、ヒ、マ。「ーハイシ、ホ、隍ヲ、ハハクウリコ鐱ハ、ハ、ノ、箜ニカチ、キ、ニ、、、・ネサラ、・・゛、ケ。」
> 。リ、゜、ィ、ハ、、アタ。ル
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BF%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E9%9B%B2
> 。リコヌク螟ホサメ、ノ、筅ソ、チ。ル
> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E5%BE%8C%E3%81%AE%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%A1
> 、ウ、ホヒワ、マ。「シ。、ホー�センナェ、ハキルケ�、�ナチ、ィ、・ソ、皃ホイ�、皃ホハェク・ネ、キ、ニフタウホ、ヒス�、ォ、・ソ、筅ホ、ヌ、「、・」
> "hinterher solle niemand sagen k将モnnen, wir h将」tten es nicht gewusst."
> 。ハ。ヨイ譯ケ、マテホ、鬢ハ、ォ、テ、ソ。ラ、ネ、マ。「コ」ク蟶タ、・サ、ニ、マ、、、ア、ハ、、。ヒ
>
>
> ////////////////、ウ、ウ、ォ、魴ュサ�セメイ�////////////////////
>
> 。ハ」ノ」ツ」ヤ.ヒ.蝪シ.ケ、隍遙ヒ
> .ノ.、.ト。「。ヨウヒ、ホサ�ツ蝪ラスェ゜皃リ-コニタク.ィ.ヘ.・ョ。シ、ヒハムチォ
> http://jp.ibtimes.com/articles/16479/20110324/240596.htm
>
> .ノ.、.ト、マ。「クカサメホマ、�カリ、ク、・鬢ホタ霑ハケ�、ヒ、ハ、・スト熙タ、ネ、、、ヲ。」APトフソョ、ャナチ、ィ、ソ。」
>
> 。ハシフソソ。ヒクカサメホマネッナナス熙ヒネソツミ、ケ、・ヌ.篦筍」クカネッチー、ヌ。」2011ヌッ3キ�20ニ�。」
>
> 。。.ノ.、.ト、マタミテコ、ハ、ノーツイチ、タ、ャエトカュ、�ア�、ケサ�クサ、ォ、鬘「エトカュ、ヒ、荀オ、キ、、コニタクイトヌス.ィ.ヘ.・ョ。シヘ�ヘム、リ、ホハムチォ、�、ォ、ォ、イ。「コニタクイトヌス.ィ.ヘ.・ョ。シ、ヒタムカヒナェ、ヒナ・�、キ、ニ
> 、ュ、ニ、ェ、遙「エトカュタヌ、ハ、ノ、筅オ、゛、カ、゛、ハシ・爨ホ、筅ホ、�タ゜、ア、ニ、、、・」、ウ、ホハムチォ、マナ�ス鬘「25ヌッ、ォ、ォ、・ライ隍タ、テ、ソ、ャ。「.皈・ア.・ネシ�チ熙マ。「テマソフ。ヲトナヌネ、ヌネ・メ、キ、ソハ。ナ酊隹・カサメホマネッナナス熙ホセA
>
> 533;カキ、�クォ、ニ。「ニアキライ隍�チ皃皃・�ソヒ、�キ隍皃ソ。」
>
> 。。.ノ.、.トタッノワ、ヌ、マ2001ヌッ。「クカサメホマネッナナ、ホヘ�ヘム、�2021ヌッ、゛、ヌ、ヒサ゜、皃・�ソヒ、�ツヌ、チスミ、キ、ニ、、、ソ。」.皈・ア.・ック「、マ。「、ス、ホキライ隍�12ヌッタ雎荀ミ、キ、ネ、キ、ニ、、、ソ。」、キ、ォ、キコ」ヌッ3キ�
>
> ;11ニ�、ヒネッタク、キ、ソナ・�ヒワツ鄙フコメ、ヌ。「ハ。ナ邵カネッ、ャソシケ・ハセ�カキ、ヒエル、テ、ソ、ウ、ネ、ォ、鬘「.ノ.、.トタッノワ、マニアケ�ニ筅ホクカサメホマネッナナス熙ホ.、.�.ユ.鯊゜ネ�、�コニナタク。、ケ、・�ソヒ、ᦙ
> 3
> ;ツヌ、チホゥ、ニ、ソ。」
>
> 。。タ、ウヲクカサメホマカィイ�、ホ.ヌ。シ.ソ、ヒ、隍・ネ。「.ノ.、.ト、ホナナホマカ。オ・ホ、ヲ、チ。「クカサメホマ、ャタ熙皃・荵遉マフ�25%、ヌ、「、・」ニ�ヒワ、ヌ、マフ�29%。「ハニケ�、ヌ、マフ�20%、ネネ豕モナェセョオャフマ、ヌ、「、・ャ。「.ユ.
> 鬣�.ケ、ヌ、マ70%トカ、ハ、ノ、ネ、ハ、テ、ニ、ェ、遙「ケ�、ヒ、隍テ、ニクカサメホマーヘツクナル、マ、゛、チ、゛、チ、タ。」タ、ウヲチエ、ニ、ホケ�、ャクカサメホマ、ォ、鯰.、・隍ヲ、ネ、キ、ニ、、、・・ア、ヌ、マ、ハ、、。」
>
> 。。.ノ.、.ト、ヌ、ホクカネッソヘオ、、ャヘノ、鬢、、タ、ホ、マ。「1986ヌッ、ヒ.チ.ァ.・ホ.ヨ.、.・カネッサ�クホ、ャオッ、ウ、遙「ハ�シヘヌスア�タ�、ャニアケ�、ヒ、篁ュ、ャ、テ、ソ、ネ、ュ、タ。」ハ�シヘヌス、ヒ、隍・狆ヤ、マスミ、コ。「シタノツ、
> 筅ハ、ォ、テ、ソ、ャ。「、ウ、ホスミヘ霆�、ヒ、隍・カネッエリマ「サ�クホ、ホソシケ・オ、ャー�センノユ、ア、鬢・ソ。」
>
> 。。クカサメホマネッナナス熙�サ゜、皃・・遑「.ノ.、.ト、マツ蠶リ.ィ.ヘ.・ョ。シクサ、�ウホハン、ケ、・ソ、皃ヒセッ、ハ、ッ、ネ、�1500イッ.譯シ.�(フ�17テ�ア゜)、ホナ・�、ャノャヘラ、ネ、ハ、テ、ニ、ッ、・」.ノ.、.トタッノワ、ヒ、隍・ネ。「
> コ�ヌッ。「ニアケ�タッノワ、ャコニタクイトヌス.ィ.ヘ.・ョ。シハャフ釥ヒナ・�、キ、ソカ箋ロ、マ260イッ.譯シ.�(フ�3テ�ア゜)、�トカ、ィ。「、ウ、・ヒ、隍熙ェ、隍ス37ヒ�ソヘ、ホクロヘム、�シ鬢テ、ソ、ネ、、、ヲ。」
>
> 。。.ノ.、.ト、マナナホマカ。オ・ホ17%、�コニタクイトヌス.ィ.ヘ.・ョ。シ、ヌ。「13%、�ナキチウ.ャ.ケ、ヌ。「40%ーハセ螟�タミテコ、ヌ、゛、ォ、ハ、テ、ニ、、、・」ニアケ�、ホエトカュチ熙ヒ、隍・ネ。「コ」ク�10ヌッエヨ、ヌ。「コニタクイトヌス.ィ.ヘ.・ョ
> 。シ、ホタ熙皃・荵遉マ40%、ヒセ蠕コ、ケ、・ライ隍�ホゥ、ニ、ニ、、、・ネ、、、ヲ。」
>
> 。。ウヒ、ホエ昤ア、ネ、マフオア・ネ、マ、、、ィ。「コニタクイトヌス.ィ.ヘ.・ョ。シ、マクカサメホマ、隍熙篁箋ロ、タ。」、キ、ォ、キ.ノ.、.トケ�フア、マ。「ニ�ヒワ、ホハ。ナ邵カネッ、ホサエセ�、�フワ、ホナ�、ソ、熙ヒ、キ、ハ、ャ、鬘「、ス、ホ.ウ.ケ.ネ、#6
> 5533;エ釥�、ヌサルハァ、ヲソエサ�、チ、ヒ、ハ、テ、ソ、ホ、ォ、筅キ、・ハ、、。」コニタクイトヌス.ィ.ヘ.・ョ。シネッナナサワタ゜、�ト�カ。、ケ、・ichtblick、ホケュハ�テエナ�シヤRalph
> Kampwirth、マ。「ハ。ナ邵カネッ、ャネ・メ、キ、ニーハヘ陦「トフセ・�、ホ3ヌワカ皃ッ、ホソキクワオメ、�ニタ、・隍ヲ、ヒ、ハ、テ、ソ、ネク・テ、ソ。」
>
>
> 		 	   		  


CML メーリングリストの案内