[CML 008498] 「隠された被曝労働〜日本の原発労働者〜」

newneuron at hotmail.co.jp newneuron at hotmail.co.jp
2011年 3月 24日 (木) 15:53:59 JST


もちろん、
> >事態ここに至り、藪田クン、今度は何を「叱る」のでしょうね(´Д`)y-~~
は「これっきり」にします。

以下、皆さん、ご存知かと思いますが、
「隠された被曝労働〜日本の原発労働者〜」
http://video.google.com/videoplay?docid=4411946789896689299#
が見られます。

『野宿労働者の原発被曝労働の実態』をテキスト化していただきました
山谷ブログ-野宿者・失業者運動報告-/ウェブリブログ
http://t.co/bUqc4RD

「今は反原発を言う時期ではない」「現場の人はがんばっている!」じゃなくて、
原発がどのような人々の働きで支えられてきたか改めて考えるべきです。
だから、今だからこそ反原発・脱原発を述べるべきです。

福島原発の作業員募集のサイト広告がまだ残っていますね。



2011年3月24日13:11 maeda akira <maeda at zokei.ac.jp>:
> 前田 朗です。
> 3月24日
>
> ジュネーヴで安全安心を満喫していましたが、仕事の都合上やむをえず危険な東
> 京に戻ってきました。ジャンボジェットががらがらで40人しか客がいませんでした。
>
> ジュネーヴにいると、日本政府と東電の対応はひじょうに歪んでいることがよく
> わかりました。パニックを防ぐために慎重になっているのでしょうが、1週間以
> 上に亘って必要な情報を発表しないのでは、情報を隠蔽していると疑われても当
> 然です。
>
> まして、13日段階ですでにチェルノブイリにつぐと誰もが予想した事故です。放
> 射能被害が世界に及ぶかもしれないのです(私はとっくに世界に及んでいると
> 思っていますが)。過剰なまでの情報化社会において、世界注視の中で、わざわ
> ざ情報隠しと疑われるような態度をとり続けているのが日本政府です。
> :
> それはともかく、
>
>
> >事態ここに至り、藪田クン、今度は何を「叱る」のでしょうね(´Д`)y-~~
>
>
> こういう投稿は、ご愛敬で1回にとどめて、以後なるべく控えませんか。
>
> 私も、この間の薮田さんの投稿には疑問を感じています。池田さん、金野さん、
> 萩谷さんの投稿姿勢に共感します。
>
> ただ、薮田さんへの批判は批判として投稿する必要はあるでしょうが、それはす
> でになされています。
>
> 「上手なヤジ」でも1回が適度かと。
>
> 私もついヤジる癖があるので、自戒を込めて。


CML メーリングリストの案内