[CML 008485] 緊急声明/周辺の人々は避けることのできる被曝を強要されている(美浜の会HP3.23)

MASUDA Tetsuya masuda at osaka.email.ne.jp
2011年 3月 24日 (木) 00:10:22 JST


大阪の増田です。
美浜の会HPより転載します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

緊急声明(2011.3.23)
野菜、原乳、水、土壌で高濃度の放射能汚染
政府の避難政策の無策と「安全宣伝」によって
周辺の人々は避けることのできる被曝を強要されている
  ◆20〜30km圏内「屋内退避」のままの乳幼児と妊婦を即刻遠方に避難させよ
  ◆一層の被曝を避けるため、避難区域を抜本的に拡大せよ
  ◆内部被曝の危険、晩発性障害の危険(ガンや白血病など)を伝えない「直ち
   に人体に影響なし」の「安全宣伝」を撤回せよ


 福島第一原発の大事故によって、野菜、原乳、水、土壌で高濃度の汚染が次々と確
認されている。福島県を始め近隣県の広範な地域で、ほうれん草、キャベツ、小松菜
、ブロッコリー等々の野菜、原乳の汚染が確認されている。
 東京の水道水から放射性ヨウ素131が検出され(約200ベクレル/函法都は「1才
未満の乳児への使用は控えてほしい」と発表している。原発から約40kmの福島県飯
舘村の水道水からは制限値(300ベクレル/kg)の3倍以上の965ベクレル/kgが確認
されている。

 同じ飯舘村では、土壌も高濃度に汚染されている。土壌から16万3000ベクレル/kg
の放射性セシウム137が検出された。セシウム137の半減期は約30年と長く、長期にわ
たって土壌を汚染し続ける。このセシウム汚染は、「チェルノブイリ原発事故時の原
発から数十から150km地点の汚染に相当すると推定される」と報道されている。

 このように高濃度の汚染が確認されている中、政府は野菜などに対し「出荷制限」
、「摂取制限」を出しながらも、枝野官房長官は「一時的に食べても健康に影響はな
い。念のために出荷制限した」と繰り返している。政府がやっているのは、ただ一つ
。汚染の状況と人々への健康影響を小さくみせることだけだ。避難命令を拡大するこ
ともなく、20〜30km圏内で「屋内退避」のままの乳幼児や妊婦は置き去りにされ
ている。もはや周辺の人々は、政府の避難政策の無策と「安全宣伝」によって、避け
ることのできる被曝を強要されている。

 テレビのキャスターは、今頃になって「直ちに人体に影響がないとはどういう意味
ですか?」と専門家に問いかけ、専門家は「すぐに影響は出ないが、長期間汚染され
た水を飲むのは控えたほうがいい」とのみ語り、晩発性のガンや白血病などの人体影
響をはっきりと語ろうとはしない。

政府は、直ちに20〜30km圏内「屋内退避」のままの乳幼児と妊婦を遠方に避難さ
せよ!
避難地域を抜本的に拡大せよ!
内部被曝の危険、晩発性障害の危険(ガンや白血病など)を伝えない「直ちに人体に
影響なし」の「安全宣伝」を撤回すべきだ。

2011.3.23 21:30
  グリーン・アクション 代表:アイリーン・美緒子・スミス
     京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL 075-701-7223 FAX 075-702-1952
  美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会 代表:小山英之
     大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階TEL 06-6367-6580 FAX 06-6367-6581


(11/03/23UP )

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
転載元:美浜の会HP
http://www.jca.apc.org/mihama




CML メーリングリストの案内