[CML 008482] 明日は都知事選公示日~小池晃さんを応援する市民勝手連Qより

SUETSUGU, Keisuke franziskaner at pivo.sakura.ne.jp
2011年 3月 23日 (水) 23:51:22 JST


(本メールは複数のMLに送信しています。重複してお受け取りの方、どうかご了承ください)

皆様

末次です。
明日(3月24日)、いよいよ都知事選が公示されます。
3月11日の大震災からまだわずか2週間足らずであり、本来は共産党や国民新党、みんなの党が提案した通り、全国一律で統一地方選挙を延期することが望ましい情勢なのですが、残念ながら予定通り実施されることになってしまいました。

首都圏においても計画停電やガソリン不足、福島第一原発の事故による放射能への恐怖など、通常の選挙運動を行うことの可能な状況とは言い難く、おそらくどの陣営も積極的な選挙活動を行わず、「暗闇選挙」に徹しようとするでしょう。
しかし、だからといってこのまま石原さんを再選させていいでしょうか?

石原都政で福祉の大幅な切り捨てや、マイノリティに対する差別、教育現場の締め付けが進んできたことはご存じの通りです。
また、このほかに立候補を表明しているワタミの渡辺さんや東国原さんが仮に当選したとしても、「石原都政」からの転換が行えるようには思えません。

東京では石原都政下で防災予算が削られ、災害対応の拠点となるはずの都立病院が石原都政の福祉切り捨て路線で半減されるなど、石原都政の12年間で防災面でも切り捨てが行われてきたことを小池さんは指摘しています。
何より、社会的弱者はもっとも災害にも弱い立場であり、そのような人たちをしっかりと守っていく福祉都市を作ることこそ、防災面でも強い都市を作ることにつながると思います。

このような非常事態だからこそ、反石原都政の立場で一致する皆さんが、一致して小池さんを応援し、石原都政を終わらせるとともに、都政の根本的な転換を図ることはできませんでしょうか。
本MLにご参加の皆様も含め、反石原都政の側に立つ市民、平和・労働・環境運動などに携わっている方々の中にも、必ずしも共産党とは立場が一致しない、あるいはこれまで共産党とは対立してきた方々も多いことは、もちろん私も承知しています。
しかし、少なくとも小池さんが打ち出している政策の方向性や内容は、革新・平和系の運動にかかわってきた多くの市民にとっておおむね十分支持可能なもののように思われます。

だからこそ、そのような人たちでも、特定の政党に属せず勝手に候補者を応援することができる(当選した場合も、是々非々の立場で必要があれば批判もする)勝手連という形での応援を、皆さんに提唱したいと思います。
そのような活動を通して党派間の垣根が小さくなり、共闘の流れを生み出すことができれば本当に理想的な姿だと思います。

私たち「小池晃さんを応援する市民勝手連Q」では、昨年の参議院選に引き続き、今回の都知事選期間中もできる限りの応援をしていきたいと思っています。
震災後であり動き回ることの困難な方もいることから、ネット上での活動報告や情報発信、演説会に関する情報の交換などに力を入れつつ、選挙の現場で動く方々の応援もしていきたいと思います。

あらためて、皆様に勝手連へのご参加を呼び掛けたいと思います。

勝手連のメーリングリスト: http://www.freeml.com/katteren2010
Mixi「小池晃さんを応援!市民勝手連」 http://mixi.jp/view_community.pl?id=5484725

引き続き、どうかよろしくお願いいたします。

末次 圭介 



CML メーリングリストの案内