[CML 008460] 【放射能漏れ】 汚染は数十年続く 避難範囲広がる恐れも指摘 仏原子力当局

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 3月 23日 (水) 01:23:07 JST


> 【放射能漏れ】
> 汚染は数十年続く 避難範囲広がる恐れも指摘 仏原子力当局
> http://sankei.jp.msn.com/world/news/110322/erp11032200260001-n1.htm
>
> 2011.3.22 00:25
>
>  フランスの公的機関、原子力安全局(ASN)のラコスト局長は21日の記者会見で、福島第1原発の事故で放出された放射性物質による汚染は、今後数十年続く可能性があると表明した。また汚染が避難指示区域である原発から20キロの範囲を超えて広がる恐れも指摘した。
>
>  同局長は「放射性物質の放出は既に深刻であり、なお続いている。日本にとり(汚染との闘いは)何十年も続くことになるだろう」と指摘した。
>
>  特に土壌への残留放射性物質の問題が深刻だとした上で「日本政府はまだ放射性物質の汚染地域の地図を示していないが、原発から20キロの範囲を超えて広がることもあり得ないことではない」と述べた。
>
>  また別の担当者は「気象条件を考慮に入れると、汚染地域が原発から100キロ圏に広がることもあり得る」と述べた。
>
> (共同) 		 	   		  


CML メーリングリストの案内