[CML 008388] ドライベントの危険性

Hayariki hedomura2 at hotmail.co.jp
2011年 3月 20日 (日) 16:11:34 JST


> 弁を開け、放射性物質を含む内部の蒸気を外に放出して圧力を下げることを一時検討したが、その後圧力が安定してきたため、放出は当面見送る。 
放出見送りは一安心ですが、今後を考えれば格納容器内のガスを直接大気中に放出するドライベントの危険性を強調し、無暗に行わせないようにしないとならないと思います。既に何度も爆発・放出しているため、多くの人々は不感症になっているように感じられます。これまでのウェットベントとは質的に異なる危険性の高い作業であることを周知させる必要があります。
それから格納容器内の圧力の上下に一喜一憂していますが、理由なく上下することも不審です。そもそも正確に計測できているのかという疑問がありますが、計測できているならば少しずつ漏れているのではないかとも疑われます。(『東急不動産だまし売り裁判』林田力)


CML メーリングリストの案内