[CML 008336] 東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)障害者救援本部開設!─ 活動協力のお願い ─

Shoko FUKUI fukui.cc.for.hr at gmail.com
2011年 3月 19日 (土) 08:26:54 JST


人権市民会議の福井と申します。

DPI日本会議のメールマガジンを転送させていただきます。

東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)障害者救援本部開設!
─ 活動協力のお願い ─

です。重複して受け取られる方がいらしたらご容赦ください。


☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      「われら自身の声」を届けます!

DPI日本会議メールマガジン(11.03.17)第284号
                DPI-JAPAN Mail Magazine
☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、DPI日本会議メルマガ編集部です。

去る3月11日に発生した東北関東大震災は、かつてない被害をもたらし、
未だにその全体像すら明らかになっておりません。
被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

地元の障害者団体から寄せられる情報では、公的避難所で障害者の避難は難しく、
自立生活センター等の事務所で自主的な避難を強いられています。
また、ガソリン不足のためにヘルパーの移動ができず、
福祉避難所に複数の重度障害者とともに24時間体制で常駐している等、
大変な状況の一端が伝えられてきています。

そうした中、DPI日本会議や自立生活センター協議会(JIL)、ゆめ風基金等の関係者が急きょ集まり、
障害者の手による被災地障害者支援を進めていくために、
「東北関東大震災障害者救援本部」を立ち上ました。

私どもDPI日本会議は、1995年の阪神淡路大震災では、
全国の仲間とともに、現地の被災地障害者支援センターを支援する体制をつくってまいりました。
今回は、その経験も活かしながら、さらなる困難な状況に置かれている
被災地障害者支援体制を、JDF(日本障害フォーラム)等とも連携して
構築していかなければならないと考えております。

ぜひ、ご一読頂き、できる限りのご支援をお願いいたします!


------------------------------------------------------------------------
2011年3月
東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)障害者救援本部開設!
─ 活動協力のお願い ─


今回の大震災で被害にあわれた皆様、ご家族・関係者の皆様のことを思うとき、
大変心が痛みます。被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

今回の大震災に関しては甚大な被害の状況が刻々と報じられています。
障害を持つ人が必要な支援を受けて、避難できているのか、
避難所で暮らせるのか、大変な問題を抱えています。
私たちは、大至急かつ継続的に、被災された障害者の人々に対する必要な支援をすべきであると考え、このたび、「東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)障害者救援本部」を立ち上げました。

今後、他のさまざまな団体と協力をしながら、私たちができるすべての支援を全力を尽くして行います。
私たちには阪神淡路大震災の被災経験や支援の経験があります。
そして、重度障害者が地域で自立生活をするために作り上げた全国のネットワークがあります。
これらを生かし、あらゆる力を合わせて、有効な活動を展開していきましょう。

【代 表】 中西 正司(全国自立生活センター協議会)
【副代表】 牧口 一二(ゆめ風基金)
【呼びかけ人】
DPI日本会議:三澤 了、山田昭義、尾上浩二、奥山幸博、八柳卓史
全国自立生活センター協議会(JIL):
長位鈴子、平下耕三、中西正司、佐藤 聡
東京都自立生活協議会(TIL): 野口俊彦、横山晃久、今村 登
ゆめ風基金: 牧口一二、楠 敏雄
差別とたたかう共同体全国連合(きょうどうれん):松場作治
地域団体:江戸 徹(AJU自立の家)、廉田俊二(メインストリーム協会)
障害者権利条約批准・インクルーシブ教育推進ネットワーク:
北村小夜、青海恵子、徳田 茂

東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)障害者救援本部ホームページ
http://shinsai-syougaisya.blogspot.com/

PDFはこちら↓
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/t.kyuenhonbu20110317.pdf


【事務局】
※現在、東京と大阪2カ所での事務局体制をとるための準備を行っています。そ
れまでは「NPO法人 ゆめ風基金」が事務局として対応いたします。
ただいま、現地派遣臨時職員ならびに八王子事務所救援本部職員を募集中です。

「NPO法人 ゆめ風基金」
■住 所:〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-14-1
■電 話:06-6324-7702 / FAX:06-6321-5662
■メール:yumekaze at nifty.com
■ホームページ http://homepage3.nifty.com/yumekaze/
■支援金の振り込み先:
※現在、震災支援専用の口座の開設を準備中であり、下の(1)のゆめ風基金の口座
はそれまでの暫定的なものになります。(2)の2つの口座については今後も継続し
て使用します。


【支援金のご協力お願いします!】
(1)郵便振替口座 00980-7-40043 「ゆめ風基金」

(2)寄付金控除をご希望される個人・法人の皆様は、
下記2つのお振込先のどちらかをご利用ください。
DPI日本会議は、『認定NPO法人』を取得しているため、
税制上の優遇措置を受けることができます。
制度について詳しくは以下URLをご参照ください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/12.pdf

〇郵便振替口座: 00110−2−47127 DPI日本会議
※ 通信欄に「障害者支援金」と明記してください。
後日、寄付金領収書をお送りいたしますので、住所と氏名を必ずご記入ください。
〇銀行口座:
三菱東京UFJ銀行 神田支店普通口座 1187475
特定非営利活動法人ディーピーアイ日本会議理事三澤了
※ご送金後、以下URLより「寄付金申込書」ダウンロードし、DPI日本会議事務局
までお送りください。
http://dpi.cocolog-nifty.com/website/work/t.mousikomi.doc


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
★ぶつぶつ★

この度の大震災で被災された皆さまには、
心より謹んでお見舞い申し上げます。

今こそ全国の、世界の仲間たちが、
「われら自身の声」をあげ、連帯する時です。
その力が、被災された皆さまの
助けになるよう、私たちも最善を尽くします。
みんなで自分にできることを、精一杯しましょう。
(ゆ)
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

---募集中!!---

☆オンラインで寄付ができるようになりました
(DPIアジア太平洋支援)
http://www.giveone.net/cp/pg/CtrlPage.aspxctr=pm&pmk=233
(DPI障害者権利擁護センター支援)
http://www.giveone.net/cp/pg/CtrlPage.aspxctr=pm&pmk=234
(ブラジルの非識字の障害者を対象としたエイズ教育のプロジェクト)
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspxctr=pm&pmk=10088

●皆様の情報・投稿などを募集中。メール、お電話でも結構です。
DPI日本会議事務局まで。

●正会員(団体のみ)、賛助会員(団体・個人)を募集中。
詳細はホームページまで→ http://www.dpi-japan.org/

●お友達にも、ぜひ、DPI日本会議メールマガジンへのお誘いを!
http://www.dpi-japan.org/info/mailmaga.html

●特定非営利活動法人DPI日本会議は認定NPO法人を取得しました
今後とも、皆様方の一層のご支援を心よりお願い申し上げます。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

発行元:DPI日本会議
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-11-8
武蔵野ビル5階
TEL)03-5282-3730    (FAX)03-5282-0017
ホームページ:http://www.dpi-japan.org/
メール:office at dpi-japan.org

◎DPI日本会議メールマガジン
 のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000070263/index.html


CML メーリングリストの案内