[CML 008226] Re: 「命の値段」に 「祈る」前に行動しよう

服部 一郎 kamitotomoni at yahoo.co.jp
2011年 3月 17日 (木) 00:57:55 JST



一橋大の服部です。
投稿の趣旨は分かりました。
が、おまえが原発労働者になって炉心に注水して来い、っての
はいかがなものですかね。
いやいや、さぶろうさんが福島第一原発まで行って、労働者よ
、命を粗末にするな、直ちに危険なこの場から逃走せよ、と直
接呼びかけをするのであれば、それくらい物申してもかまわな
いとおもうのですが、そうではないわけですから。
東京にて行動しよう、という人が相手には原発まで行ってこい
、と言うのは理解できません。
非常事態なのだから物申すな、という問題の所在をあいまいに
する本末転倒の暴論がまかり通ることへの怒りはもっともだし
、今だからこそ行動しなければならない、と言うのは当然です
。
そして原発なんとかせい、というのは、実は現場の原発労働者
に危険を強要していることなのだ、というのもその通りなんで
すが、怒りのあまり少々錯乱してしまったのか、と思ってしま
いました。
それにしても、電力会社や政府のみならず電力総連とその構成
組合も抗議、批判の対象として位置づけられなくてはならない
ですね。地球温暖化を口実に原発を推進し、自分たちが組織化
を怠り切って棄ててきた非正規労働者のみならず、自分たちが
組織化してきた労働者の生命まで危険にさらしているわけです
から、労働組合としてその責任は重大です。



CML メーリングリストの案内