[CML 008220] 「日韓市民友好のための日韓共同アピール」にぜひ、賛同してください。

小野 政美 ono-m at k9.dion.ne.jp
2011年 3月 17日 (木) 00:46:47 JST


『子どもたちに「戦争を肯定する教科書」を渡さない市民の会』
(教科書市民の会)・事務局の小野です。

東日本大震災及び福島原発事故関連の被害状況に言葉も無い状況です。

犠牲者の皆さんへの哀悼の意を表しつつ、
被災者の皆さんに心を馳せながら、出来ることをするしかありません。

さて、今年、2011年は、中学校教科書が検定・採択される年です。
3 月末には文部科学省の検定結果が公表され、
8 月中には、全国各地で来年度から使用する教科書が決定されます。
今回の検定と採択は、4 年前に改悪された新教育基本法、新学習指導要領に基づき行われます。

私たち「教科書市民の会」も呼びかけ団体の一つである、
「日韓市民友好のための日韓共同アピール」にぜひ、賛同してください。

そして、3月21日(月曜日・春分の日)に大阪で行なわれる、
『日韓共同シンポジウム「教科書問題と歴史認識」
〜「近隣諸国条項」を尊重する教科書検定・採択を!〜』
に、ぜひご参加ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
@日韓市民友好のための日韓共同アピールに賛同してください

■日韓共同アピールの趣旨
今年は、中学校教科書が検定・採択される年です。3 月末には文部科学省の検定結果が公表
され、8 月中には、全国各地で来年度から使用する教科書が決定されます。今回の検定と採択
は、4 年前に改悪された新教育基本法、新学習指導要領に基づき行われます。そのため、自由
社版歴史・公民教科書(「つくる会」) と育鵬社版歴史・公民教科書(「教科書改善の会」) の二
つの右派系教科書が勢いづくだけでなく、全ての教科書がこれまで以上に偏狭な「愛国」主義
的なものになることを私たちは強く懸念しています。

2001 年に「新しい歴史教科書をつくる会」が登場して以降、教科書から日本軍「慰安婦」
に関する記述は削除され、南京大虐殺や強制連行の記述は矮小化されてきました。しかも、
文部科学省が「領土ナショナリズム」を煽る指導をした結果、今年度発行される8 
社の社会
科教科書に、「竹島= 日本固有の領土」論が記述される可能性が極めて高まっています。従
って、今回の検定結果が明らかになると、独島( 竹島) を「日本の侵略・植民地化の歴史の
象徴」と位置づけている韓国の人びとの抗議に対抗する形で、日本の「領土ナショナリズム」
が湧き起こる可能性が高いのです。そうなると、これまで日韓の市民レベルで積み上げてき
た歴史認識の共有作業が水泡に帰し、日韓の友好関係そのものに重大な影響を与えかねませ
ん。

近隣諸国条項とは、1982 年に日本の侵略戦争の歴史をゆがめる検定に対して内外から批判
が起こり、日本政府が国際公約として設定したものです。そこでは、教科書検定に際して「近
隣のアジア諸国との間の近現代の歴史的事象の扱いに国際理解と国際協調の見地から必要な
配慮」をすることがうたわれています。しかし、現実には、教科書の歴史歪曲が進行してお
り、それは近隣諸国条項をないがしろにしてきた結果と言えるのではないでしょうか。 

私たちは、偏狭なナショナリズムを克服するためには、何より歴史を直視することが大切
であると考えています。とりわけ、日本の近現代の侵略と植民地支配の過程を真摯に学び、
子どもたちに伝えていくことが大切です。そのためには、近隣諸国条項はとても大切にしな
ければなりません。

そこで、私たちは文科省が検定結果を公表する前に、事実にもとづいて歴史認識を深める
ことの重要さを再確認し、日韓市民友好をさらに発展させるために近隣諸国条項を尊重して
いくことをアピールしたいと考えています。

■お願い
(1)この日韓共同アピールは、3 月21 日大阪で開催される日韓共同シンポで公表し、あわせ
て全国各地で共同記者会見を開き、日本の市民に広く訴えていくつもりです。また、教育委
員会に届けたり、地域で配布したりしたりする取り組みも考えています。ぜひとも、この日韓
共同アピールに賛同するとともに、日韓共同アピールを広げる活動に協力してください。 


(2)私たちに呼応して日韓共同アピールを公表する記者会見を開催してくださる地域があれば
ご連絡ください。また、日韓共同アピールを広げる取り組みを計画されましたらご連絡くだ
さい。運動の交流を進めながら広げていきたいと考えています。

呼びかけ団体
■日本
えひめ教科書裁判を支える会
教科書問題を考える市民ネットワーク・ひろしま
子どもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会
教科書ネットくまもと
子どもたちに「戦争を肯定する教科書」を渡さない市民の会(愛知)
日本軍「慰安婦」問題関西ネットワーク
日韓民衆連帯全国ネットワーク

■韓国
アジアの平和と歴史教育連帯(韓国の多様な64 団体で構成)

賛同団体集約先【賛同締め切り:3/19(土)】
伊賀正浩(大阪の会)
メールiga at mue.biglobe.ne.jp FAX:06(6797)6704
TEL 090・3651・5876

****************************
  日韓共同シンポジウム「教科書問題と歴史認識」
〜「近隣諸国条項」を尊重する教科書検定・採択を!〜

今年は、中学校教科書が検定・採択される年です。3月末には文部科学省の
検定結果が公表され、8月中には、全国各地で来年度から使用する教科書が
決定されます。

今回の検定と採択は、4年前に改悪された新教育基本法、新
学習指導要領に基づき行われます。そのため、自由社版歴史・公民教科書(
「つくる会」)と育鵬社版歴史・公民教科書(「教科書改善の会」)の二つの右派
系教科書が有利になるだけでなく、全ての教科書がこれまで以上に偏狭な「
愛国」主義的なものになることを私たちは強く懸念しています。

しかも文部科学省が「領土ナショナリズム」を煽るかのような指導をした結果、
今年度発行される8社の科教科書に、「竹島=日本固有の領土」論が記述さ
れ日韓の対立が先鋭化することが心配されます。
 
 近隣諸国条項とは、1982年に日本の侵略戦争の歴史をゆがめる検定に対
して内外から批判が起こり、日本政府が国際公約として設定したものです。そ
こでは、教科書検定に際して「近隣のアジア諸国との間の近現代の歴史的事
象の扱いに国際理解と国際協調の見地から必要な配慮」をすることがうたわ
れています。しかし、近年、この近隣諸国条項は無視されてきました。

 今回のシンポでは、検定結果公表前に日韓共同で「近隣諸国条項」の尊重
をアピールしていきたいと思っています。是非、ご参加ください。

********************************

  日韓共同シンポジウム「教科書問題と歴史認識」
〜「近隣諸国条項」を尊重する教科書検定・採択を!〜

■日時 3月21日(月) 開場13:30開会14:00
■場所 エルおおさか709
      地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋」駅
■参加資料代1000円(学生500円、高校生以下無料)

■シンポジウム「歴史認識と教科書」
  □日本:高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)
  □韓国:河棕文(Ha, Jong-Moon)(韓神大学教授)

■報告
  □教科書運動に取り組む各地
  □韓国:アジアの平和と歴史教育連帯
  □日本軍「慰安婦」問題と教科書など

■日韓共同アピールの発表

■主催 日本:子どもたちに渡すな あぶない教科書 大阪の会
              日本軍「慰安婦」問題関西ネットワーク
      韓国:アジアの平和と歴史教育連帯

■日韓共同シンポへの問い合わせなど
        伊賀(大阪の会)まで iga at mue.biglobe.ne.jp


CML メーリングリストの案内