[CML 008198] 福島原発事故の幼稚な質問

永野勇 i_nagano at dreamcar.co.jp
2011年 3月 16日 (水) 12:32:49 JST


皆さん 永野です。私は25年間火力発電に勤務しておりましたが
原子力発電の知識はなにもありません。
そこで今回の報道を見ていてわからない部分について幼稚な質問に
なりますが、わかる方教えてください。

原子力建屋内になぜ水素がたまったの?

 私には、どうしてもこの事がわかりません。また記者も質問していません

 どの報道でも、原子炉格納容器が破損しなければ放射性物質が
 大気に出ないので人体に影響はないとのこと。(これは、炉内で発生した
 水素も出ないということです)

 そして原子炉格納庫は、4気圧に耐えられるように設計されている
 とのこと(原子力資料情報室の記者会見での後藤氏(元東芝設計技師))

 確かに、水素を含んだ水蒸気は放出弁により原子炉建屋外に
 放出したと報道されています。(あくまでも建屋外です)

 そうするとどこからも、水素が原子炉建屋内に入らないことになります。
 しかし現実には、原子炉建屋内にあった水素による爆発が起きています。

 そこで考えられることは、4気圧に耐えられる原子炉格納容器の気密性が
 悪く水素が建屋内に漏れたこと(火力では、耐圧と気密は分けている)
 
 放出弁により原子炉建屋外に放出された水素が、容易に建屋内に入って
 しまう構造上の不備が有ることになります。

 それ以外の何らかの不備(考えにくいことですが)
 
等しか考えられませんが、どなたかわかる方教えてください。

それと、今回の報道を見る限り、政府も保安員も東電も、事実をありのままに
伝え、その事実に基づく国民の被害を最小限にするという姿勢は、伺えません。
本当に残念です。

私は、原子力事故を見るたび、30数年前だったと思いますが、新聞の2面を
つかい「原子力が安全なら、都心につくれ」という東京新聞の記事を思い出します。

それ以外にも私の考えていることはありますが、今は被災地の早期の復興を

願うばかりです。 



 









 


CML メーリングリストの案内