[CML 008164] Re: 政府、東電は最終決断を

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 3月 15日 (火) 15:39:43 JST


石垣さん情報を有り難うございます。

現在1222ナノシーベルトというのは1時間あたりですね。
ミリはマイナス3乗
マイクロはマイナス6乗
ナノはマイナス9です。

東電発表 400ミリシーベルトを測定、とは1時間あたり400ミリシーベルト、
昨日までの単位ですと40万マイクロシーベルト/時間です。

原子力作業従事者の許容放射線量は、50ミリシーベルト、ただしコレは年間の積算でです。
ということは、東電の発表では、原発地内に作業員が滞在できる限度は、
50÷400=0.125時間=7.5分ということになります。

海水の注水作業や原子炉建屋内で作業するばあいは、もう1桁以上線量密度が高いはずですから、
数十秒単位で作業員交代させなければならないかもしれません。

これが、あさ8時半の段階ですから、15時ではどうなっているでしょうか?

(放射線量を語るときには、時間あたりなのか年間当りなのかハッキリさせてください。
時間あたり数値を年間あたりに換算するには。約1万倍(x8760)にする必要があります。
仮に東京の空気が1マイクロシーベルトでも、年間にすれば8760マイクロシーベルトとなって、
1年間で8年分の自然被曝をすることになります。)

ni0615拝

----------------------------------------
> From: motoei at jcom.home.ne.jp
> To: cml at list.jca.apc.org
> Date: Tue, 15 Mar 2011 12:39:11 +0900
> Subject: [CML 008157] 政府、東電は最終決断を
>
>  みなさん、冷静に行動しましょう。
> 今野さん
> 埼玉県は原発がありませんが測定しています。(場所はさいたま市、毎日測定)
> 測定値をホームページで公表するとのこと、
> 現在1222ナノシーベルトで危険がないが、普段の約4倍とのことです。
> (石垣)
> 15日 12時のニュース 
> 放射能は漏れています。2号機爆発、圧力容器一部破損か、4号機も危険。
> 東電発表 400ミリシーベルトを測定、人体は100ミリシーベルトまで 作業員を待避させる。
> 人体に影響が出ます。
> 横須賀まで異常数値が確認されたとのことです。http://channelp.exblog.jp/14432976/
> http://portside-station.net/2011/03/15/7150/
> http://kichiarutv.blogspot.com/2011/03/blog-post_15.html
>
>
> > 東北・関東のみなさんにお願いです。
> > 各県庁、市町村には防災対策用として放射能測定器が
> > 用意されている、とのことです。
> > 地元の市町村に問い合わせ、至急測定し、
> > 時間毎に測定値を公表させてください。
> > 測定器がないところは他府県から取り寄せるよう要請してください。
> > 自助・共助・公助の時です。
> > みなさんの力で被害を最小にするため、助け合いましょう。
> ◇埼玉県はさいたま市のみ測定災害対策衛生課 数値の公表は検討中とのことです。 ◇栃木県  環境保全課、大気環境担当(028-623-3188)>      放射能測定値(13日)の段階で、異常がないことを公表>      観測地点は宇都宮市内の岡本という場所 現在、ホームページ上で        公表することを検討中  14.15日は未発表> マスクをして お子さんたちは、ヨードとして、のり・こんぶ・わかめ・あおのり> などをいっぱい食べましょう。 > 被爆対策> ●「風向きをよく調べて風下に入らないように移動すべきです。」> ●汚染対策の基本は放射性物質や化学物質などの汚染物質を> 体内に入れないことである。うがいをする。 窓を閉める、換気扇を使わない。> 食べない、飲まない、吸い込まない、傷口につけないとなる。> 汚染は汚染源からの距離、遮蔽物の有無、晒された時間の> 相関関係によって決まる。そのために汚染物質の拡散時は> 露出の少ない服装で、メガネに耳あて、マスクをする。 外へ出たら、家に入るとき放射能を払い落・・箸后・・・参考> 放射能・化学物質汚染に個人レベルでできる対策> http://npn.co.jp/article/detail/34715622/>                          (石垣)
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内