[CML 008155] 福島第1原発400ミリシーベルト

Yabuta Tohru ynntx at ybb.ne.jp
2011年 3月 15日 (火) 12:27:36 JST


藪田です。

福島第1原発、4号機で、火災発生。

また、2号機、3号機で400ミリシーベルトという桁違いの放射能が観測されています。1ミリシーベルトは、マイクロシーベルトの1000倍です

これは、防護服なしで活動できない、きわめて高い数値です。

また、4号機で、火災発生、どうもこれは、保管していたプールに燃料棒が放熱の水循環止まっており、水が干上がり、水素を発生している状態です。当然裸の状態ですから、放射能物質を漏らしている可能性があります。

1〜3号機は、圧力容器、格納容器に入っていますが、4号機の危険性はもうひとつ別物です。これも、良くわからないのですが、4号機の水クーリングの監視を誰もしていなかったのでしょうか。

4号機で100ミリシーベルトを観測していますが、これは、人間が1時間いると、DNAに損傷うけるレベルだそうです。

第1原発20kmから30Kmの範囲の住民には、屋内退避の指示がでています。

これは、チェルノブイリ並みではありませんが、事故の形態をみると、それに近い深刻なかたちです。

**************************** 



CML メーリングリストの案内