[CML 008101] Re: 福島第1原発、1号機炉心溶融はじまる

Hayariki hedomura2 at hotmail.co.jp
2011年 3月 13日 (日) 15:40:16 JST


電源不足が原因かという質問については電源不足が原因です。現在に対策として発電機車が手配されています。但し、非常用ディーゼル発電機が使えなかった原因については、当初は単純に使えなかったと見ていました。
後藤政志氏(東芝・元原子炉格納容器設計者)も非常用の装置を非常時に稼働させると失敗しやすいと述べています。
原子力資料情報室が福島原発に関する緊急記者会見開催
http://www.pjnews.net/news/794/20110312_4
一方で御指摘のように正常に稼働したが、津波で水をかぶったために使い物にならなくなたという指摘があることも確かです。

『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者 林田力
http://book.geocities.jp/hedomura/
http://hayariki.webnode.com/

(2011/03/13 7:46), hagitani ryo wrote:
> 林田さん、電源不足が原因でしょうか?
>  福島原発は70センチくらいの津波しか想定しない設計だから、10mのが来 た
> ら、原子炉も、冷却水注入用のディーゼルエンジンも水浸しで使 い物にならな
> くなるはずです。しかも津波の水圧でディーゼル燃料タンクがもぎ取られてしま
> うこともあるわけで。原発の事故は技術的に高度なものな ど何もない基礎的レ
> ベルでのものが多いように思います。
> 
> 
> (11/03/12 16:27), Hayariki wrote:
>> 今回の問題は冷却作業用の電源不足が原因です。地震時に運転を停止すれば後は誰かが何とかしてくれるという無責任体質です。広範囲な災害を想定していなかった人災です。原発事故の事例として並べることが恥ずかしくなるほど、みっともない事故と思います。もっともチェルノブイリ事故も、バケツ作業のJCO事故も原因は唖然とするほど杜撰なものでした。真実を隠すことによって成り立つ原子力発電の体質を反映しているように感じられます。
>> 在日米軍による冷却材輸送を日本政府が断ったとの報道があります。もはや冷却材でどうにかできる状況ではないのでしょうか?
>>> かつて、原発建設に対し、大地震、大津波のときに、冷却中断に対してどうするのだと質問しつづけてきました。
>>> しかし、電力会社は、「大丈夫、大丈夫、絶対大丈夫だ」、と言い続けてきましたが、今回、炉心溶融事故をおこしてくれました。
>> 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』著者 林田力
>> http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/
>>
> 
> 
> 


CML メーリングリストの案内