[CML 008040] Re: 3月12日,13日『原発いらん」他 JR 三ノ宮駅前情宣

saburou japanesewolf at gmail.com
2011年 3月 11日 (金) 20:38:57 JST


NHKニュースより。
今日の地震、予想通りの展開になってきましたね。
引き続き注視していきましょう。
さぶろう
/////////////////

福島第一原発 緊急事態宣言
3月11日 19時58分
福島県にある東京電力の福島第一原子力発電所の1号機と2号機について、政府は、原子炉を安全に冷やすために必要な「非常用の発電機」すべてが使えなくなり、冷却を継続して行う能力が十分にないと判断し、原子力災害対策特別措置法に基づいて、「原子力緊急事態」を宣言しました。ただ、現時点で、放射性物質の施設の外への影響は確認されていないということで、住民には、現時点で直ちに避難など特別行動をする必要はなく、落ち着いて情報を得るよう呼びかけています。
「原子力緊急事態」は、▽原子力施設の敷地境界で放射線量が一定の高い基準を超えたり、▽原子炉の水の量が減って非常用炉心冷却装置の作動に失敗したりした場合など、今後、原子力災害につながるおそれなどがある場合に、原子力災害対策特別措置法に基づいて総理大臣が宣言するものです。法律では、宣言とともに、今後、避難などの対策が必要となる可能性のある地域を「緊急対策区域」として公示し、この区域にいる人たちに、国や自治体が出す情報に注意するよう呼びかけます。また、総理大臣を本部長とする「原子力災害対策本部」を設置して情報を集めるとともに、経済産業省の副大臣や専門家を現地に派遣します。現地では、原子力施設の近くにある防災拠点「オフサイトセンター」に「原子力災害現地対策本部」を設置し、国や地元自治体などが参加した「原子力災害合同対策協議会」を立ち上げます。そして、状況の進展によって、住民の安全を確保するため「屋内待避」や「避難」、それに「飲食物の摂取の制限」といった具体的な対応を決めることになっています。原子力災害対策特別措置法に基づいて総理大臣が「原子力緊急事態」を宣言するのは、平成12年にこの法律が施行されてから初めてです。
On 2011/03/11, at 19:21, Nakajima Noriko wrote:

> エスペラント友の会の中島と申します
>  明日12日と、あさって13日、いずれも午後1時より、JR
> 三ノ宮駅前北側にて、「原発いらん」「自衛隊を災害救助隊に
> 変えよう」その他メッセージを持って、立ちます。(1時間の
> 予定)
>  いまのところ、参加者は二名だけですが、みなさん、よかっ
> たら、ご一緒に立ちませんか。お好きなメッセージを、御持ち
> 下さい。
>  (雨天の場合は、同じ場所の、軒下あたりにて。)
>  以上
> 
> 
> 
> 



CML メーリングリストの案内