[CML 007996] 新宿区公立小中学校に日本語学級設置を求める署名

KIM Boongang boong-ml at jcom.home.ne.jp
2011年 3月 7日 (月) 18:30:06 JST


こんにちは/アンニョンハセヨ。
コリアNGOセンターの金朋央です。

メール題名に書きました署名協力をお願いしたく、投稿した次第で
す。

子どもたちの不就学の問題が、外国籍者が最も多い自治体である新
宿区でも深刻な状況となっています。学校に通えなくて、ある教会
で勉強している韓国の子どもたちが、小中学生に該当する年齢だけ
で、少なくとも40名いることがわかっています。
他のルーツ・国籍を持つ子どもたちにおいても同様のケースがある
ことはわかっており、事態がどれだけ深刻かということ自体が明白
になっていない状況にあります。
主として言語の問題により、それがいじめにもつながるなどして公
立学校学校に通えなくなった子どもたちが、どこにも行き場がな
く、深夜に公園等外で過ごしたり、歌舞伎町の店に出入りしたり、
犯罪に加担してしまうケースなどがあるそうです。

日本の公立学校に通えなくなる理由の第一は、日本語が理解できな
いという点にあります。しかし、これだけ外国にルーツを持つ子ど
もたちが多い新宿区で、日本語を学ぶことのできる教室は、大久保
小学校1校にあるのみで、中学校は全くないという状況です。

そこで昨秋より、新宿区で活動する複数の市民団体が「新宿区
ニュー・カマーズ チルドレンの日本語学級とトータル・ケアーの
確立を目指す会議」という連絡会を構成して、新宿区に対して、こ
の不就学の問題を解決するための具体的な対策を要求する活動を始
めています。
文面を下に掲載しています。

まず現段階で求めていることは、▼公立小中学校、とくに中学校に
「日本語学級」を設置し、日本語理解が十分でない、外国にルーツ
のある子どもたちが安心して通える環境の基礎をつくり出すこと、
▼学校のみならず、学校外での生活のことも視野に入れて、子ども
たちが安心した生活ができるように区のトータルケアが受けられる
ように図ること、の2点になります。

実際に新宿区議会でもこの問題が取り上げられるようになり、つい
先日中山・新宿区長が、実態調査を行なうことを表明し、そのため
の予算がつきました。(4月から実施予定とのことだが、詳細はまだ
決まっていないと聞いています。)

実際にはすぐにでも対応を行政に求める必要がありますが、具体的
に再来年度(2012年度)に日本語学級を設置するには、そのための
経費を予算に反映させる必要があり、区の予算が決定するのが6月頃
となります。

前置きがかなり長くなってしまって恐縮ですが、この問題の解決を
求める市民の声がしっかり存在することを表明するために、「新宿
区の公立小・中学校に日本語学級設置の要望書」というのを作成
し、それへの署名を現在集めています。

新宿区の問題であるので、署名者の対象は、東京および近隣県とい
うことで考えています。やはりとくに新宿区、東京都の方の署名を
大きく集めたいと考えております。

一旦集約を3月末にしますので、3月28日(月)までにお送り下さいます
と助かります。

署名にご協力下さる方は、ぜひ下記の連絡先までにお名前と住所を
お伝え下さい。
コリアNGOセンター東京事務局:tokyo at korea-ngo.org

もちろん紙の署名用紙があります。収集にご協力くださる方には用紙
を送付(あるいは用紙データをメール添付で送付)致しますので、そ
の旨ご連絡お願いいたします。

現状についてもう少しわかるような情報を近々ホームページを通じて
お伝えできるようにするつもりです。

ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

−−−−−

新宿区長様
新宿区区議会
2010年11月10日

新宿区ニュー・カマーズ チルドレンの日本語学級と
トータル・ケアーの確立を目指す会議

新宿区の公立小・中学校への日本語学級設置の要望書

 新宿区には外国人の子どもや、外国につながる子どもたちが急増
しています。子どもたちは日本で生まれたり、日本語を母語としな
い児童・生徒です。近年韓国、中国、ミャンマー(ビルマ)、ネ
パール、ベトナム、フィリピン、タイ、カンボジアなど多くの国々
から移住してきており、その数は増加の一途をたどっています。
 子どもたちの中には、いじめや授業が理解できないなどさまざま
な理由で、学校に通えない状況が生じています。子どもたちの中に
は、現在肉体的にも、精神的にも極めて危機的な状況に追い込まれ
ています。これら子どもたちの深刻な事態は一刻の猶予を許しませ
ん。私たちは、本区でも子どもたちのよりよい教育の充実をはかる
ため次のことを要望します。

1)公立中学校に他区にもある「日本語学級」の開設を設置すること
2)日本で子どもたちが安心した生活ができるように区のトータル・
ケアーが受けられるようにすること

 ---------------------------------------------------
 金朋央(Kim Boong-Ang)  tokyo at korea-ngo.org

 (特活)コリアNGOセンター 東京事務局
   〒169-0072
   東京都新宿区大久保1-12-1  第2韓国広場ビル8F
   TEL&FAX : 03-3203-5655     http://korea-ngo.org

  ★☆ コリア情報ポッドキャスト『Pod KOREA』 ☆★
                           http://podkorea.jp/
 ---------------------------------------------------


CML メーリングリストの案内